コラム一覧

1件~15件(52件)

過去の15件

初診日の証明『一定の期間継続して異なる公的年金制度に加入している場合』

社会保険労務士の湯澤と申します。前回は【一定の期間継続して同一の公的年金制度に加入している場合】の初診日の認定について書きました。今回は【一定の期間継続して異なる公的年金制度に加入している場合】には初診日をどのように認定するのか書きたいと思います。一定の期間中に初... 続きを読む

2016-03-12

初診日の証明『一定の期間継続して同一の公的年金制度に加入している場合』

社会保険労務士の湯澤と申します。医療機関の証明がある書類(医証)が無く、『初診日』が証明できない場合どうしたら良いのかと言う記事を書いてきました。初診日が重要な理由は下記の通りです。①初診日に、国民年金に加入していたのか、厚生年金に加入していたのか、共済年金に加入し... 続きを読む

2016-03-03

初診日の証明『第三者証明書(20歳前に初診日がある場合の障害基礎年金)』

社会保険労務士の湯澤と申します。前回は、第三者証明書(20歳以降に初診日がある場合)を書きました。今回は、第三者証明書(20歳前に初診日がある場合の障害基礎年金)です。「第三者」とは、請求者の民法上の3親等以内の親族を除く方を指します。前回と同様に、原則、複数(2人... 続きを読む

2016-02-18

初診日の証明『第三者証明書(20歳以降に初診日がある場合)』

社会保険労務士の湯澤と申します。障害年金の手続きにおいて『初診日』の証明がとても大切であることを書いてきました。病院で証明してもらうのが一番正確であるのは言うまでもありません。医療機関の証明がある書類のことを『医証(いしょう)』と言います。しかし、カルテが保存... 続きを読む

2016-02-16

鴻巣市在住の病気やケガで働けずお困りの方へ

社会保険労務士の湯澤と申します。私は、鴻巣市で障害年金を専門とした社会保険労務士事務所(サポート 障害年金相談室)を開業しております。埼玉県を活動エリアとしてマイベストプロさんを利用してお問い合わせをいただいているのですが、お問い合わせの多くは身近な鴻巣市の方からです... 続きを読む

2016-02-09

初診日の証明『20歳前傷病による障害基礎年金』

社会保険労務士の湯澤と申します。国民年金から支給される障害基礎年金の支給要件は以下の通りです。①初診日において『被保険者』であること。②初診日において『被保険者』であった者で、日本国内に住所を有し60歳以上65歳未満であること。国民年金の『被保険者』になることができ... 続きを読む

2016-02-05

『初診日の証明』(病院の受付簿等、診察券)

社会保険労務士の湯澤と申します。『初診日』の証明が病院で取れない場合、どうしたら良いのかを書いています。法律で定めるカルテの保存期間は5年です。そのため、5年以上前に受診した病院で証明できないことがあります。しかし、カルテが無く治療内容や経過が不明であっても、病... 続きを読む

2016-01-29

初診日の証明(身体障害者手帳等)

社会保険労務士の湯澤と申します。障害年金において『初診日』は重要な要件です。その『初診日』を証明しなければなりません。一番信頼がおける証明は病院の証明です。『医証』と言います。診断書や受診状況等証明書です。『受診状況等証明書』とは、初診日を証明する障害... 続きを読む

2016-01-28

『てんかん』でお困りの方へ

社会保険労務士の湯澤と申します。『てんかん』の発作のコントロールができず、日常生活にお困りの方は沢山いらっしゃることと思います。もちろん、『てんかん』も障害年金の対象になります。障害年金には「障害認定基準」と言うものがありまして、『てんかん』の基準はその中の「精神... 続きを読む

2016-01-20

『初診日』の証明(紹介状、障害者手帳等の申請時の診断書)

社会保険労務士の湯澤と申します。障害年金のお手続きで最も重要な要件『初診日』の話の続きです。『初診日』が十数年前あるいは数十年前ともなりますと、病院にカルテが残っていないことが大半ですので、証明が困難となります。それでも、障害年金は『初診日』を証明しなければなりま... 続きを読む

2016-01-11

『初診日』の証明(病院の証明)

社会保険労務士の湯澤と申します。障害年金にとって最も重要で最も難しい『初診日』の証明についてお話ししたいと思います。数回に分けてご紹介いたします。『初診日』の証明は、当然、病院に証明してもらうのが一番確実です。しかし、法律で定めるカルテの保存期間は5年であるため... 続きを読む

2016-01-05

『初診日』と『保険料納付要件』

社会保険労務士の湯澤と申します。前回に続いて『初診日』についてです。『初診日』は、障害年金において最も重要な要件です。『初診日』とは、「障害の原因となった傷病について、初めて医師又は歯科医師の診療を受けた日」を言います。なぜ『初診日』が重要かと申しますと、障害... 続きを読む

2015-12-31

『初診日』の考え方

社会保険労務士の湯澤と申します。障害年金の手続きで、一番最初すること、それは、『初診日』の証明です。『初診日』とは、「障害の原因となった傷病について、初めて医師又は歯科医師の診療を受けた日」を言います。例えば、平成20年12月1日から高血圧でA病院にかかって... 続きを読む

2015-12-28

『その他の疾患による障害』について

社会保険労務士の湯澤と申します。障害認定基準の最終回は、『その他の疾患による障害』です。その他の疾患は、今まで見てきました疾患において取り扱われていない疾患を指します。しかし、『その他の疾患による障害』は、難病及び臓器移植の取り扱いを定めています。①腹部臓器・骨... 続きを読む

2015-12-19

『高血圧症による障害』について

社会保険労務士の湯澤と申します。今回は、『高血圧症による障害』についてです。高血圧症とは、おおむね降圧薬非服用下で最大血圧140㎜Hg以上、最小血圧90㎜Hg以上のものをいいます。単に高血圧のみでは認定の対象となりません。悪性高血圧症は【1級】と認定されます。次の要件... 続きを読む

2015-12-17

1件~15件(52件)

過去の15件

RSS
料金・手続きの流れ

《料金》・相談 無料・着手金はいただいておりません。・成功報酬1.年金額の2ヶ月分+消費税2.初回支払額の10%+消費税上記1か2のいずれかで高額な方が...

 
このプロの紹介記事
社会保険労務士 湯澤裕至さん

「障害年金」専門の社労士です!あなたの不安、困ったを解決し、受給開始まで安心フルサポートします(1/3)

 2015年1月、障害年金のプロフェッショナルである社会保険労務士の湯澤裕至さんが「サポート 障害年金相談室」を鴻巣市に開設しました。 「年をとったら老齢年金、旦那さんが亡くなったら遺族年金というイメージは皆さんお持ちです。でも、病気や...

湯澤裕至プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

障害年金に強い!専門性と豊富な経験で、受給開始まで親身に対応

事務所名 : サポート 障害年金相談室
住所 : 埼玉県鴻巣市本町2-2-3 305 フラット九田 [地図]
TEL : 090-8432-5603

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-8432-5603

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

湯澤裕至(ゆざわやすし)

サポート 障害年金相談室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
初診日の証明『一定の期間継続して異なる公的年金制度に加入している場合』

社会保険労務士の湯澤と申します。前回は【一定の期間継続して同一の公的年金制度に加入している場合】の初診...

初診日の証明『一定の期間継続して同一の公的年金制度に加入している場合』

社会保険労務士の湯澤と申します。医療機関の証明がある書類(医証)が無く、『初診日』が証明できない場合ど...

初診日の証明『第三者証明書(20歳前に初診日がある場合の障害基礎年金)』

社会保険労務士の湯澤と申します。前回は、第三者証明書(20歳以降に初診日がある場合)を書きました。今...

初診日の証明『第三者証明書(20歳以降に初診日がある場合)』

社会保険労務士の湯澤と申します。障害年金の手続きにおいて『初診日』の証明がとても大切であることを書いて...

鴻巣市在住の病気やケガで働けずお困りの方へ

社会保険労務士の湯澤と申します。私は、鴻巣市で障害年金を専門とした社会保険労務士事務所(サポート 障害...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ