プロTOP:湯澤裕至プロのご紹介

「障害年金」専門の社労士です!あなたの不安、困ったを解決し、受給開始まで安心フルサポートします(2/3)

障害年金無料相談・申請代行でフルサポート

障害年金特有のわかりにくい制度・手続きも二人三脚で乗り越える!

 「障害年金」の受給要件は、病気や怪我で日常生活に支障を来たしていること。手足や視覚や聴覚に障害が出た場合だけでなく、がんやうつ病も支給対象となります。

 障害年金の手続きのスタートは「初診日」の確定です。脳梗塞なら倒れて病院へ救急搬送された日。しかし近年増加している人工透析の場合、糖尿病まで遡り初診日を確定しなければなりません。しかし、糖尿病を長年患っており、本人も覚えていないということがほとんどです。また、調べようとしても、病院が無くなっている、カルテの保存期間は5年、引っ越して当時の病院が遠方にあるなどの理由で申請手続きを諦めてしまう方も少なくありません。「このように『初診日』の確定が一番の難関なのです。100%確実とはいかなくても、100%に近づける努力が必要です。お客様と二人三脚で、諦めないで手続きを進めます」

 そして、初診日が確定できれば、初診日の1年6カ月後の「障害認定日」の翌月から受給できます。「障害認定日」に年金で定める障害の状態にあれば遡って受給することもできますが、障害年金支給の時効は5年。多くの方が、後から制度を知って相談行くため、既に損をしている方が大勢います。また、障害認定日に障害状態にないと判断されても、今現在該当すれば「事後重症」という請求もできます。制度は非常に複雑…。

 「『湯澤さん、この手続きは弱い者イジメだよ』と相談者の本音を聞くたび、制度の欠陥を考えさせられます。病気や怪我となれば、病院通いにもお金が必要。遡った分と未来の分、両方受給できることが理想です。社労士としてどこまでできるか、取組みたいです」。湯澤さんには、解雇がきっかけで社会保険労務士資格を取得した経緯があります。本当につらい時、困った時の気持ちをわかってくれるのです。

<次ページへ続く>

【次ページ】 いざという時に経済的・精神的負担を軽減するため、障害年金を知って欲しい

最近投稿されたコラムを読む
料金・手続きの流れ

《料金》・相談 無料・着手金はいただいておりません。・成功報酬1.年金額の2ヶ月分+消費税2.初回支払額の10%+消費税上記1か2のいずれかで高額な方が...

湯澤裕至プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

障害年金に強い!専門性と豊富な経験で、受給開始まで親身に対応

事務所名 : サポート 障害年金相談室
住所 : 埼玉県鴻巣市本町2-2-3 305 フラット九田 [地図]
TEL : 090-8432-5603

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-8432-5603

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

湯澤裕至(ゆざわやすし)

サポート 障害年金相談室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
精神障害における日常生活の制限度合いの考え方(その2)

社会保険労務士の湯澤と申します。精神障害における日常生活の制限度合いの考え方の続きです。次に、『日...

精神障害における日常生活の制限度合いの考え方(その1)

社会保険労務士の湯澤と申します。障害年金は、当然ですが「診断書」が命です。障害年金には独自の診断書...

精神の障害の等級判定ガイドラインについて

障害年金は「障害認定基準」と言う基準に基づいて、受給できる障害の状態にあるのか判定されます。「障害認定...

初診日の証明『一定の期間継続して異なる公的年金制度に加入している場合』

社会保険労務士の湯澤と申します。前回は【一定の期間継続して同一の公的年金制度に加入している場合】の初診...

初診日の証明『一定の期間継続して同一の公的年金制度に加入している場合』

社会保険労務士の湯澤と申します。医療機関の証明がある書類(医証)が無く、『初診日』が証明できない場合ど...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ