不都合な真実

鋼板製の薪ストーブと鋳物製の薪ストーブとではどちらが高性能なのか?

鋼板製の薪ストーブ

お客様の質問で必ず訊かれるのが薪ストーブの素材についてです。

鋼板製と鋳物製の違いです。

僕は、「そんなのどっちでも良いんですよ!」 と答えます。

それは、ガソリン車とディーゼル車はどっちが高性能? との質問と一緒です。

どちらの車も良いのです。(笑)

ただ・・・

問題は性能に見合った価格設定かどうか?です。

モダン型のオシャレなストーブは別として、4本脚の四角いストーブであれば通常鋳物製の薪ストーブの方が価格は高くて当たり前です。

鉄板だけの厚みのストーブと鋳物で厚みのあるストーブでは明らかに差があります。

剛性の高い車とペラペラボディーの車とでは価格差があった当然でしょ!

でも実際には同じくらいの大きさであれば同じ価格で販売されているのが日本の薪ストーブ業界の怖いところです。

鋼板製の薪ストーブで50万円、60万円?

まじですか?

見る目が無い人は買ってしまうかもしれません。

鋼板製だから針葉樹が使える! とか・・・・本当ですか?

鋳物のストーブでも針葉樹で大丈夫ですけど。(笑)

現在金子家の薪ストーブは鋼板製の19万円のストーブです。

炉内も天板も広く、シガータイプでクッキングも楽々!

排気経路も良いのでガラス越しに綺麗な炎も楽しめます!

この記事のURL

薪ストーブショップなんか信用しちゃダメですよ。

薪ストーブ工事 群馬県

同じ薪ストーブを設置する仕事をしているのですが・・・

煙突掃除に行く先々で目にする光景。

そして薪ストーブユーザーさまの嘆き。

本当に酷い施工が目立ちます。

怒られるのを覚悟で言いますが・・

某県の業者さんです。

時にお客さまを恫喝するそうです。

二重断熱煙突を偽り、シングル煙突の施工・・・

薪ストーブユーザー様も怒り心頭の煙突工事です。

http://mbp-saitama.com/woodstovemeister/column/3168/

この記事のURL

薪ストーブショップなんか信用しちゃダメですよ。VOL2

神奈川県 薪ストーブ

先日は神奈川県に煙突掃除に行ってきました。

御兄弟のご自宅2軒。

1軒目は大工さん施工の煙突でした。

ユーザーさまもご不満のご様子。

たしかに僕が施工する方法とは違っています。

案の定、煙突工事のやり直しの見積り依頼がありました。

そして次は近所の兄さま宅の煙突掃除です。

こちらは有名薪ストーブショップさんの施工と聞いていたので問題無いかと思っていたのですが・・・

寄せ棟屋根の隅近くを煙突を貫通させていました。

そんなわけでフラッシングがほぼコーキングだけで雨仕舞してありました。

これで良いの?

これが許されるなら・・

僕らの煙突工事も楽です。

老舗の薪ストーショッさんなのに・・・

それが僕にはショックでした。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

煙突工事こそ大事!

【薪ストーブ住宅コンサルティングのエンフリー】 

http://woodstovemeister.com


この記事のURL

薪ストーブショップなんか信用しちゃダメですよ。VOL3

群馬県 薪ストーブ

某県のストーブショップさん施工の煙突の掃除に行ってきたのですが・・

どんだけ通常の2重断熱煙突よりも優れたオリジナル煙突かは知らないけど・・・

施工後の事を考えていないのでは本末転倒。

自己満足以外のなにものでもありません。

ストーブの直上にアジャスターが有ることはとっても重要な意味があるのです。

煙突掃除がしやすいだけじゃないのです!!!

なぜストーブの直上にアジャスターが無いとダメなのか?

わかりますか?


煙突は、薪ストーブに接続していれば良いというものではないのです。

コストを下げるオリジナル煙突も良いですが、知らないで施工されたユーザー様は気の毒です。

『二重断熱煙突』と『二重になっている断熱材の入った煙突』は別物です。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

煙突施工に命賭けてます!

【薪ストーブ住宅コンサルティングのエンフリー】

http://woodstovemeister.com

この記事のURL

薪ストーブショップなんか信用しちゃダメですよ。VOL4

煙突工事 埼玉県

埼玉県様坂戸市の薪ストーブユーザーさま宅に煙突掃除に行ってきました。

新築時に薪ストーブショップに煙突工事を依頼されたそうです。

でもお客さまはその煙突施工に満足されてはいませんでした。

それもそのはずです。

南面の外壁に・・・・

大きな受け足が3本・・・。

このシルエットにげんなりされていました。

『これって普通ですか?』

僕に訊いてこられました。

『僕はこういう施工はしないですけど・・・・』

問題はこれだけではなく、曲げないでも済むのに、煙突を無意味に曲げていることです。

お客さまもエルボ管を使って煙突を立ち上げていることに納得されていません。

だって屋根に干渉しないで真っすぐいけるのですから。


でも僕は、煙突を曲げた理由がわかりました。

それは煙突支持金物が、『2つ割バンド&受け足』のセットしか持っていなかったのだと思います。

つまり現場で支持部分と煙突との離隔距離に対応できなかったのだと思います。


工務店と薪ストーブショップの兼業がダメではありません。

問題は、いろいろな部材の特性を知らず、施工経験が少ないことだと思います。

いや・・もしかしたら部材費を安くあげるため・・・かもしれません。

大工さんの煙突施工なら仕方ないかもしれませんが、一応薪ストーブの施工も事業の柱としているのなら・・

これはどうなんでしょうか。

外壁に打ったビスにもコーキングもありませんでした。

お施主さんが気の毒でなりません。




この記事のURL

薪ストーブショップなんか信用しちゃダメですよ。VOL5

ドブレヴィンテージ50

日本国内に流通している薪ストーブの数ってどれくらいあるのでしょう?

さすがに僕もわかりません。

欧米で評価の高い有名メーカーの薪ストーブは、日本の大手企業さまが輸入元になっているケースがほとんどです。

当たり前ですが、僕のような零細個人事業主が輸入元にはなれません。

輸入元は在庫管理はもちろん、CADデータやパーツリストを作成したりと、販売店のバックアップに大変な労力をかけています。

それが薪ストーブユーザーさまへの責任であるからです。

薪ストーブの雑誌には、いろんな機種の薪ストーブが掲載されているわけですが、これは信頼の証にはなりません。

信頼とは広告費を払うことで得られるものでは決してありません。

これから薪ストーブライフを始められる方は機種選定の際に次のようなポイントをチェックされてはどうでしょうか。


①輸入元の信用度はどうか。

②製造国内での販売価格はどうか。

③日本国内で取り扱っているストーブショップの数はどうか。

たったこれだけのことですが、薪ストーブショップの営業トークの信ぴょう性を測る尺度になることは間違いありません。

そしてストーブショップさんと輸入代理店との間には年間販売台数のコミットメントがあったりします。

一定量のストーブを販売するのを確約して仕入れ価格を決定します。

そうなるとどうなる?

見積書には決まった機種名が登場します。

僕のところには近隣、近県のストーブショップさんの見積書が持ち込まれます。

その見積書を拝見すると・・

ショップさん毎に決まった機種が記載されています。

これはどういう事を意味しているのでしょうか?

自信を持ってお勧めできるストーブだから?

いえいえ違います。

仕入れ価格が安くて利益の出るストーブか、或いは在庫を抱えているストーブです。

もちろんFC店は本部からの指示です。(哀)


薪ストーブショップのお勧め機種なんて・・・

信じちゃダメダメ!!

お勧め機種を熱く語る・・・

1番危険なストーブ屋だと思って間違いありません。


僕の言うこともか!? って?

それは僕と会ってみて判断されてください。




間違いなく埼玉で一番面倒くさいオジサンですけがね。(苦笑)

この記事のURL

既存住宅での煙突工事を何がなんでもチムニー(煙道)工事をさせる意味

既存住宅煙突工事

チムニー(煙道)を屋根上に立てる意味はいくつかあります。

※上の写真は既存住宅(瓦屋根)にフラッシング収めをしている時のものです。


①デザインが好き(これはお施主さま、設計者の好み)

②屋根野地面での煙突支持では十分な煙突高さを確保するのが難しい場合

大きくこの2点からチムニーを立てるのが普通です。

サンタクロースが入ってこれるようなチムニー・・

4面にレンガを張ったり・・

建物の印象がガラッと変わります。

これは好みの問題です。

お施主さまが希望しない場合、設計事務所の先生の多くはフラッシング収め方を勧める傾向にあります。

さて、新築住宅の場合にはチムニーを造作するのは大したコスト増にはなりません。

屋根の野地工事の際に、腕の良い大工さんならわけなく造作してしまうでしょう。

手間、材料費でも、せいぜい10万円UPがいいところでしょう。

では、既存の住宅への煙突工事でチムニーを立ち上げる意味は何でしょうか?

②の、煙突高さを十分に確保できない場合を除けば・・

そうそうチムニーを立ち上げなければならない理由はありません。

でも、このチムニーの造作を積極的に勧めてくる薪ストーブショップさんがあります。

それはなぜだと思われますか?

またまた薪ストーブ屋さんから睨まれるけど・・・・言っちゃいますね。

既存住宅にチムニーを造作する場合の見積り金額は、おおよそ20万円~25万円です。

で、お抱えの大工さんに施工手間として支払うのはせいぜい10万円です。

薪ストーブ屋さんも商売ですから、利益を追求するのは当然です。

別に10万円の仕入れ物を25万円で売却する普通の商行為と見ることができ、誰からも非難される筋合いはないかもしれません。

僕が指摘したいのは下記の事です。

お客さまの煙突設置工事に、本当にチムニーが必要なのか? です。

新築住宅建設時と違って既存住宅にチムニーを造作するのはそれなりのコスト増になることは話ました。

それでもチムニー?

ここには薪ストーブショップの本音が隠されています。

その美味しいカラクリとは・・

①10万円以上の利益が増える

②煙突工事にかかる時間が短縮できる

上記2点において、薪ストーブショップはチムニーの造作の方がお得なのです。

大工さんが造作を終えた時点で、煙突工事に入れば工事は非常に楽です。

ところがフラッシング収めの場合だと・・

・屋根材のカット

・野地の開口

つまりショップのスタッフが雨仕舞まで作業しなければなりません。

完成したチムニーにチムニーフラッショングを被せた方が断然作業が楽なのです。

これは新築住宅でも同じことが言えます。

フラッシング収めだと工事回数は、ストーブ本体の設置回数込みで最低2回、3回。

ところがチムニーの収めであれば1回で可能な場合があります。

その労力の差は歴然です。

野地を開口してのフラッシング収めの労力を100としたら、チムニーフラッショングの収めは5くらいではないでしょうか。

10万円超の利益が増える上に、大工さんがチムニーを完成した後に現場に出向けば良いわけですから。

そして最後にもう一つの理由・・

それは、技術です。

既存住宅の屋根開口後のフラッショング収めは技術と知識が必要になります。

ショップの工事スタッフが未熟であれば、避けて通りたい工事なのです。

僕だって全てのお客さまの煙突工事がチムニー収めなら・・

こんなに楽な煙突工事はありません。

あなたの見積書に記載されている、『チムニー工事』

それって本当に必要な煙突工事でしょか?






この記事のURL

大工さん施工の薪ストーブ煙突①

イメージ

ハウスメーカーさんや、工務店さんの職人さんが煙突を施工されるケースがあります。

『俺がやってやるよ!』と、言ってくださる職人さんはお施主さまにとっては天使に見えると思います。

薪ストーブショップに頼むよりも安くあがる計算が働きます。

もちろん、煙突掃除などの設置後のことまでもキチンと理解されている職人さんの施工であれば、そこそこ安心かもしれません。


僕はいろんなショップや職人さんが施工された煙突を掃除に行きますので、その精度を目の当たりにしています。

マッチングしない煙突部材を接続しているケースがあれば、かなり問題のあるケースもあります。

下の写真は、ハウスメーカーさんの薪ストーブ工事部隊(大工さん)が施工した煙突だそうです。

まず、最初の写真はトップを外したところです。

ススが積もっています。

これは問題ではありません。

問題なのは②の写真が意味することです。

http://woodstovemeister.com

この記事のURL

大工さん施工の薪ストーブ煙突②

イメージ

続きです。

何が問題かわかりますか?

フラッシングのベースと煙突に隙間があるのが見えますか?

これは、煙突がベースよりも下で止まっていて、ストームカラーという部材が取り付けられていないからです。

現状では、この隙間からススが天井に落ち続けます。

※化粧板と煙突の隙間からススがこぼれてくるそうです。

このケースでは火災という大事故を招く恐れがあります。

職人さんが見よう見真似で煙突施工することの危険性もまた薪ストーブの煙突工事には潜んでいることを覚えておいてください。

http://woodstovemeister.com

この記事のURL

大工さん施工の薪ストーブ煙突③

大工さん 施工煙突

何度も言ってますが、大工さんに煙突工事を依頼するのは施主側の自己責任です。

大工さんは、親切心で言っているかもしれません。

『煙突工事くらいやってやるよ!』

『部材もネットで買えるから』

こんなやりとりが建築現場で交わされているのかと思います。

ましてや、大工さんが知り合いとなると話は厄介です。

大工さんの申し出を断るのは勇気がいるからです。

実は今日の煙突掃除のお客様宅の煙突施工が大工さんでした。

見るからに嫌~な予感はしました。

そしてその不安は現実となります。

シングル煙突の支持が甘いので、上下の煙突ジョイント部分で抜け落ちました。

ストーブ口元のアジャスターを動かしただけで・・・

振れ止め金具と荷重を受ける金物を使い分けていないからです。

そして煙突掃除をするという事を念頭に置いて施工していないのです。

僕は煙突掃除をしながら施工の不備を極力直して差し上げてはいます。

それも無料で。

でも実際はかなりの手間がかかりますので有料のサービスでもいいかと思っています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

大工さんに煙突工事を依頼される方は自己責任と肝に銘じてください!

それでも助け舟をだしてしまう薪ストーブ屋です。

http://woodstovemeister.com

この記事のURL
最近投稿されたコラムを読む
不都合な真実
鋼板製の薪ストーブ

お客様の質問で必ず訊かれるのが薪ストーブの素材についてです。鋼板製と鋳物製の違いです。僕は、「そんなのどっちでも良いんですよ!」 と答えます。そ...

ペレットストーブ
イメージ

ヨーロッパの住宅暖房の主流になっているペレットストーブですが日本においてはまだまだ市民権を得たとは言えない普及率です。日本国内では1990年代に中小メーカー...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
金子稔 かねこみのる

設計段階から携わることで快適な薪ストーブライフをサポート(1/3)

 「薪ストーブ」と聞くと、多くの人がリゾートホテルのラウンジやおしゃれなペンションなどを思い浮かべるのではないでしょうか。最近はインテリア雑誌などで薪ストーブが取り上げられる機会が増え、それに伴い、自宅に薪ストーブを設置する人も増えています...

金子稔プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

薪ストーブ、ペレットストーブ住宅の設計・施工サポート

屋号 : エンフリー
住所 : 埼玉県比企郡鳩山町赤沼736-147 [地図]
TEL : 050-1491-8351

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

050-1491-8351

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金子稔(かねこみのる)

エンフリー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

数ある薪ストーブショップからエンフリーさんを選んで正解でした!

この度は自分の薪ストーブライフへの道のりと、今の心境を記...

金井
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(24

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
針葉樹も燃やせる薪ストーブとは
針葉樹を薪燃料にする

埼玉県に限らず、日本国内には豊富な針葉樹があります。しかし、薪=広葉樹 という図式が定着しているの...

[ 針葉樹を薪として使用する場合の注意事項 ]

ペレットストーブ用煙突システムのアクアフィルター
イメージ

ペレットストーブ用煙突システムのアクアフィルターが完成しました!外壁の汚れ軽減!大変便利ですが...

[ ペレットストーブのお話 ]

煙突掃除を受けない薪ストーブショップが多いのには理由があります。
煙突掃除の金額

最近、エンフリー以外のストーブショップさんで施工された薪ストーブユーザーさまからの煙突掃除の依頼が多くなっ...

[ 煙突掃除 ]

薪ストーブの排ガス規制について
イメージ

日本にも当然ながら自動車などには排ガス規制がかかります。みなさんご存じの事と思います。でも意外と知...

[ 薪ストーブのいろいろ ]

ペレットストーブによる全館暖房について
イメージ

平成27年1月上旬、[[長野県松本市のストーブ工房、『ベスタ』さん施工のペレットストーブによる全館暖房http://sto...

[ ペレットストーブのお話 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ