コラム

 公開日: 2014-04-12  最終更新日: 2014-07-03

アメリカ環境保護庁EPAの薪ストーブ排ガス規制について

       【EPA(アメリカ環境保護庁)の薪ストーブ排ガス規制について】

欧米では車だけでなく製造販売されるストーブにも厳しい排ガス規制が設けられています。
中でもアメリカ環境保護庁(EPA)の排ガス規制は世界で最も厳しいと言われています。

当然アメリカ国内で販売される薪ストーブもこのEPAが定める排ガス規制をクリアしていなければなりません。

1988年にEPAが最初の規制値(フェーズⅠ)を設定したときの値は、

触媒式のストーブで5.5g / 時間

非触媒式のストーブで8.5g / 時間 でした。

その後1990年にフェーズⅡが適用され、

触媒式で4.1g / 時間

非触媒式で7.5g / 時間 となり現在に至っています。

またEPAの基準よりも厳しい基準を設けているワシントン州(※トラビス社もワシントン州にあり)では、

触媒式で2.5g / 時間

非触媒式で4.5g / 時間 となっています。

さて次にこのEPAの認証試験について簡単に説明させていただきます。

認証試験はアメリカに5つある認定機関で検査員立会いのもと実施されます。

規定に基づき施工されている煙突システムのトップ部(ここでは割愛します)にフィルターを取り付け、そこに付着する堆積物の量を計ることで排煙量を調べます。

また試験で使用される薪も基準があります。

使用される薪は含水率19~25%のダグラスファーで、5×10センチ、または10×10センチに切ったものを、密度、安定性を確保するため束ねて使用します。

少なくとも1時間以上燃焼し、炉内に灰の床ができた後に計測をスタートさせ、4時間以上の平均値を採ります。

実は近年EPAサイドでこのフェーズⅡの規制値を下げる動き・・
つまりもっと厳しい基準を設ける方向性がうちだされており、ストーブ業界と水面下での激しい綱引きが行われています。

具体的にはEPA側はここ1、2年のうちにフェーズⅡをさらに30%ほど下げることを検討しています。

2017~2019年までに、触媒式ストーブ、非触媒式ストーブ共に1.3g / 時間 という非常に厳しい数値を掲げています。

このEPA側の新基準値では、非触媒式ストーブの大半がクリアできず、多くのメーカーが販売の機会を失うことになってしまうため業界に激震が走っています。


参考までに2014年3月時点で、EPAの新基準(1.3g / 時間)をクリアしている薪ストーブのリストを挙げておきます。

1 トラビス/ケープコッド            0.45
2 トラビス/フラッシュウッド・ハイブリッド   0.58 
3 ヴァ―モントキャスティングス/ディファイアント0.6
4 ヴァ―モントキャスティングス/アンコール   0.7
5 トラビス/スモールフラッシュ・ハイブリッド  0.89
6 セルカーク・カナダ/モデルHE36       0.97
7 ブレーズキング/チヌークアッシュフォード30  0.98 
8 モネッセン/センチュリー           1.0
9 ダッチウエスト/コンベクションスモール    1.1
  ハーマン/TL300           1.1
クゥワドラファイヤー/3100          1.1
  ハース&ホーム/4300             1.1
  クロッグアイバーソン/DSA4          1.1
14 ユナイテッドストーブ/2400          1.13
15 クゥワドラファイヤー/4300          1.2
  ニューバックコーポレーション/バックベイ    1.2
  ニューバックコーポレーション/ニューバック   1.2
18 ブレーズキング/チヌークアッシュフォード40  1.3
  ダッチウエスト/FA455             1.3
ダッチウエスト/コンベクションエキストララージ 1.3

いかがでしょうか!?

日本のみなさんに馴染みの無い名前のストーブがズラリと並んでいます。

世界で最も厳しい環境基準のEPAの数値見直しは今後ヨーロッパにどのような影響をもたらすでしょうか。

恐らくEUでは足並みが揃わないのでは? との見方が大勢のようです。

オマケで世界1クリーンな薪ストーブ、トラビス社のケープコッドの動画です。

EPA 認定機関

EPA 測定

アメリカ環境保護庁 EPA

先日訪問してきたトラビス社の工場内です。

EPAの認定機関の一つがここトラビス社内にあるんですね!

EPA 薪

ちなみにこの倉庫で保管されている木が試験で使用される薪になります。

この記事を書いたプロ

エンフリー [ホームページ]

建築家 金子稔

埼玉県比企郡鳩山町赤沼736-147 [地図]
TEL:050-1491-8351

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
不都合な真実
薪ストーブ工事 群馬県

同じ薪ストーブを設置する仕事をしているのですが・・・煙突掃除に行く先々で目にする光景。そして薪ストーブユーザーさまの嘆き。本当に酷い施工が目立ちます。...

ペレットストーブ
イメージ

ヨーロッパの住宅暖房の主流になっているペレットストーブですが日本においてはまだまだ市民権を得たとは言えない普及率です。日本国内では1990年代に中小メーカー...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
金子稔 かねこみのる

設計段階から携わることで快適な薪ストーブライフをサポート(1/3)

 「薪ストーブ」と聞くと、多くの人がリゾートホテルのラウンジやおしゃれなペンションなどを思い浮かべるのではないでしょうか。最近はインテリア雑誌などで薪ストーブが取り上げられる機会が増え、それに伴い、自宅に薪ストーブを設置する人も増えています...

金子稔プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

薪ストーブ、ペレットストーブ住宅の設計・施工サポート

屋号 : エンフリー
住所 : 埼玉県比企郡鳩山町赤沼736-147 [地図]
TEL : 050-1491-8351

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

050-1491-8351

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金子稔(かねこみのる)

エンフリー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

エンフリーの金子さんに出会えてよかった。気取らず本音を言えるんです。

「新築には薪ストーブを入れたい」で、雑誌やネットで機種・...

龍崎
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(31

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ペレットストーブ用煙突システムのアクアフィルター
イメージ

ペレットストーブ用煙突システムのアクアフィルターが完成しました!外壁の汚れ軽減!大変便利ですが...

[ ペレットストーブのお話 ]

煙突掃除を受けない薪ストーブショップが多いのには理由があります。
煙突掃除の金額

最近、エンフリー以外のストーブショップさんで施工された薪ストーブユーザーさまからの煙突掃除の依頼が多くなっ...

[ 煙突掃除 ]

薪ストーブの排ガス規制について
イメージ

日本にも当然ながら自動車などには排ガス規制がかかります。みなさんご存じの事と思います。でも意外と知...

[ 薪ストーブのいろいろ ]

ペレットストーブによる全館暖房について
イメージ

平成27年1月上旬、[[長野県松本市のストーブ工房、『ベスタ』さん施工のペレットストーブによる全館暖房http://sto...

[ ペレットストーブのお話 ]

薪ストーブの正面ガラスの曇り
イメージ

薪ストーブの日々のお手入れと言えば、ガラス掃除ではないでしょうか。もちろん毎日掃除をしなくてもそんなに...

[ 薪ストーブのメンテナンス ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ