コラム

 公開日: 2018-06-16 

副業 OK にするとき労働基準法 38 条がヤバいことをご存知ですか?

ちまたで言葉だけが流行っている 『 副業 』

『 稼ぐ 』 ではなく 『 働く 』 という視点
つまりダブルワークでの法規制を考えたとき
労働基準法 38 条がものすごく重要なのですが
実務でほとんど使わない条文のため
ここで注意点をご紹介いたします。


ところでその 38 条の前に
労働基準法 32 条をご存知ですか?

1 日 8 時間を超えて働かせてはダメ !
というルールが書いてある条文です。

すると例えばダブルワーク希望の X さん

もともと A 社で 9 時~ 18 時の 8 時間勤務

ダブルワークとして、友人の居酒屋 B 店で
19 時~ 22 時まで 3 時間の勤務希望の場合

しかしこのとき B 店は働かせてはダメです。
すでに A 社で 8 時間だからです。
X 本人が希望しても時給を 5 千円にしても
ダメなものはダメです。法律違反です。

しかし例外的に B 店が

1.三六協定を労働基準監督署に届け出ている

2.就業規則に残業させることを書いている

この 2 点があれば OK です。

余談ですが、
このルールが労働基準法 36 条に書いてあるため
三六(さぶろく)協定と呼ばれているのです。

そして、ダブルワークの人にもこのルールが
あてはまります。会社やお店の義務です。
( 三六協定+就業規則 )


では次にいよいよ 38 条

これは、同じ日に複数の会社で働いたとき
(つまりダブルワークのとき)

■ 複数の会社で働いた時間を合計する

という条文です。

そしてこの続きの解釈として

合計して 8 時間を超えたら
『 超えたときに働いていた会社 』 にて
残業代として 25 % の割増をすべし!

というルールが導かれているのです。

そうすると先ほどの B 店は必ず 25 % 増で計算
ということになります。

実際に支払う時給を 1,000 円としているなら
25 % を割り戻すと最低賃金ルールでアウト!

ちなみに埼玉県の最低賃金は時給 871 円です。
871 円 × 25 % 増 = 約 1,100 円
最低でもこれが必要です。

※ 東京都:時給 958 円
958 円 × 25 % 増 = 約 1,200 円

これらは会社側の義務なので、働く本人が
いいと言ってもダメなのです。

ましてやこれら法律のルールを知らずにいて
あとから 『 未払い残業代 』 を請求されたら
裁判で 100 % 負けます。


そうすると ・・・

昼間に 8 時間勤務したあとのダブルワークは
必ず 25 % 増になるから、
そんな人をどの会社もお店も雇わない ・・・

本人もダブルワークとして採用してもらうには
昼間のフルタイムの仕事を隠す ・・・

隠せます ?

という問題になるのです。


ちなみに土曜と日曜だけ別の会社で働く場合も

1 週間で 40 時間を超えて働かせてはダメ !

というルールがありますので、
すでに週 5 日に毎日 8 時間ずつ働いていれば
土曜と日曜だけのダブルワークであっても
今度は 『 休日出勤 』 扱いになりますので
念のため。


雇う側も、このあたりを細かく想定して
法律違反にならないような社内ルールを
作らないといけないのです。

ダブルワークのスタッフが働く可能性があるなら
その 1 人のために

三六協定+就業規則

割増率を組み込んだ給与計算ルール

そして労働時間の合計管理のやりかた

これらをフル装備しておかないと
労働基準監督署のガサ入れ (?) があったら
一発レッドカードになってしまうのです。

この記事を書いたプロ

山王社会保険労務士事務所 [ホームページ]

社会保険労務士 山王裕之

埼玉県さいたま市浦和区高砂3-12-24 小峰ビル5F 埼玉県庁第二庁舎(県警本部)の隣り、1階に「ちきん亭」が入っているビルです。 [地図]
TEL:0120-05-4864

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
山王社会保険労務事務所、山王裕之さんプロフィール画像

労働トラブルを、経営者と一緒に改善していく人事労務コンサルタント。(1/3)

 「職場における労働トラブルは近年増加の一方をたどり、トラブルの内容も多様化しています。それとともに、対処の仕方も条件や状況に応じ選択肢が増えており、間違った選択をすることで更なるトラブルを引き起こしています」、そう警鐘を鳴らすのは山王社会...

山王裕之プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

労働トラブルへの対応ストレスから社長のあなたを解放します

会社名 : 山王社会保険労務士事務所
住所 : 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-12-24 小峰ビル5F [地図]
埼玉県庁第二庁舎(県警本部)の隣り、1階に「ちきん亭」が入っているビルです。
TEL : 0120-05-4864

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-05-4864

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山王裕之(さんのうひろゆき)

山王社会保険労務士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
来年4月から有給休暇の5日取得が法律で義務化されますけどご存知ですか?

この 7 月に 『 働き方改革推進法 』 が成立して有給休暇について労働基準法の改正があり『 5 日取得の義務化 ...

アルバイトにも健康診断を受けさせる義務があることをご存知ですか?

正社員を 1 人でも雇っていれば健康診断の義務があることはご存知と思います。ん? ご存知ないですか?...

定期健康診断を受けるのを社員が拒否すると会社が法律違反(罰金刑)になることをご存知ですか?

会社の定期健康診断の実施義務ですが、社員数が何人以上の場合かご存知ですか?答え ・・・ 1 人 !!...

会社の金を横領した経理担当者を即クビにするのはアホ経営者のすることです

誠にお恥ずかしい話しなのですけど埼玉県社会保険労務士会の事務局にて職員による横領事件がありまして。...

あなたの部下の男性がとつぜん茶髪&鼻ピアスになったらクビにしますか?それとも受け入れますか?

A 就業規則のルール通りに対応するB 社長の価値観で判断するC 接客業か内勤か職種で判断するいろい...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ