コラム

 公開日: 2018-04-23 

新入社員への指導で始業 30 分前の出社を義務付けるのはパワハラですか?

あなたの会社の新入社員の会社到着パターン
そろそろ統計値 (?) が出たと思います。

◆ 部署内の誰よりも早く出社している

◆ 始業時刻 3 分前にタイムカードを押している

実はどちらの場合も労働トラブル原因なのですが、
今回は後者の 『 ギリギリ出社の新人クン 』
こちらに対する
『 新人は 30 分前に出社するのが常識だ! 』
という昭和の時代によくお見かけした指導

これ、今の時代だとパワハラになるのでは?
いやいや、新人への指導として常識じゃないか!

どちらだと思いますか?


まず前提として、法律の考え方としては、
『 上司の指揮・監督下 』 であれば
実際に作業をしていなくても給料の対象です。

だから、 “ 新人クン ” への 『 業務命令 』 として
30 分前出社を義務付けているのであれば、
これは 30 分の早出残業になりますから、
25 % 割増での残業代の支払い義務があります。

例、オフィスの掃除をやらせる


ところが労務管理の視点では、

『 100 % のパフォーマンスを発揮する時間 』
これに対してだけ満額の給料を支払う

という考え方が当たり前です。

すると、始業時刻が 9:00 とした場合、

勤続 20 年以上 (?) の課長や部長ならば、
たとえ 8:59 に出社してもその 1 分後には
映画 『 フルメタル・ジャケット 』 の
ハートマン先任軍曹のごとく
200 % の圧力で罵詈雑言を交えて
部下に指示を飛ばしまくると思いますが、

新卒で入社して1カ月、というか、そもそも
生まれて初めてフルタイムの会社勤めをする
“ 新人クン ” の場合、
自席に到着してから 100 % の状態になるまで
精神的な準備の時間が必要なのではないでしょうか。


つまり、
『 始業時刻から 100 % のパフォーマンスを発揮 』
という視点で、
ここから逆算して、何時に会社に到着すべきか、
労務管理の視点から新人へ指導する、
ということなのです。


まとめると、始業時刻の理解として、
『 会社に到着している時刻 』
ではないのは当然として
『 仕事を始める時刻 』
でも足りなくて
『 100 % のパフォーマンスを発揮できる準備完了時刻 』
と理解させるよう指導すべきなのです。


昭和の時代でよく見かけた
『 新人は一番早く出社するもんだっ 』
という教えは、上司によるその物言いが
パワハラになるかどうかはともかく、
労務管理の視点では理に適っていたのです。

この記事を書いたプロ

山王社会保険労務士事務所 [ホームページ]

社会保険労務士 山王裕之

埼玉県さいたま市浦和区高砂3-12-24 小峰ビル5F 埼玉県庁第二庁舎(県警本部)の隣り、1階に「ちきん亭」が入っているビルです。 [地図]
TEL:0120-05-4864

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
山王社会保険労務事務所、山王裕之さんプロフィール画像

労働トラブルを、経営者と一緒に改善していく人事労務コンサルタント。(1/3)

 「職場における労働トラブルは近年増加の一方をたどり、トラブルの内容も多様化しています。それとともに、対処の仕方も条件や状況に応じ選択肢が増えており、間違った選択をすることで更なるトラブルを引き起こしています」、そう警鐘を鳴らすのは山王社会...

山王裕之プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

労働トラブルへの対応ストレスから社長のあなたを解放します

会社名 : 山王社会保険労務士事務所
住所 : 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-12-24 小峰ビル5F [地図]
埼玉県庁第二庁舎(県警本部)の隣り、1階に「ちきん亭」が入っているビルです。
TEL : 0120-05-4864

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-05-4864

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山王裕之(さんのうひろゆき)

山王社会保険労務士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
副業 OK にするとき労働基準法 38 条がヤバいことをご存知ですか?

ちまたで言葉だけが流行っている 『 副業 』『 稼ぐ 』 ではなく 『 働く 』 という視点つまりダブルワーク...

あなたの部下の男性がとつぜん茶髪&鼻ピアスになったらクビにしますか?それとも受け入れますか?

A 就業規則のルール通りに対応するB 社長の価値観で判断するC 接客業か内勤か職種で判断するいろい...

「 売り抜け 」 目的のコンサルが提案する 『 役員報酬の社会保険料削減スキーム 』 の落とし穴

役員報酬の社会保険料削減スキーム、というコンサル提案を聞いたことがありますか?以前にもこのコラムで書...

『 同一労働同一賃金 』って本当のところは実現が無理だと思います?

昨年かなり騒がれた 『 同一労働同一賃金 』もはや忘れられた感があるような気がしますが職場に正社員とアルバ...

産前6週+産後8週の休業期間の社会保険料は申請すれば免除になることをご存知ですか?

以前は免除されなかったのですが、2 年前の平成 28 年 4 月から、個人負担分と会社負担分の両方とも 『 申請す...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ