引間晋太

ひきましんた

株式会社新世紀解体工業

[ 日高市 ]

コラム

 公開日: 2017-05-27 

法人のお客様 解体工事 継続受注

こんにちは

ホームページでお問い合わせを頂き、お陰様でたくさんの工事を頂いております。

たくさんのお問い合わせをいただく中で、受注に至るお客様は概ね当社のホームページをよく見てくれています。
なので、ブログや施工事例をマメに更新している甲斐があります。

そんな中、法人のお客様の場合継続して何度も解体を頂けることがあります。

個人のお客様の場合立て替えの為の解体なので、一度切りになることが多いのですが、法人のお客様の場合継続して何度も仕事を頂けることがあるので、とってもうれしいです。

今週工事している玉村町の現場は、倉庫の一部解体です。所沢の法人様なのですが、今回が3回目の工事です。来週にも所沢で一つ決まっていて、まだ他の工事が出てくる予定です。やり手の社長さんで、会社も2つ経営しているようです。工場や倉庫などをたくさん持っており、解体が結構あります。社長さんは、忙しそうにしてますが、いつも作業着で自ら動き指揮しています。重機の運転も上手ですし、機械工作から何でもできるようです。

今回のように何度も継続して仕事が頂けるのが、法人のお客様の良いところです。お客様は建築屋さんに限らず、工場経営者様、大地主様、不動産屋さんなど多岐にわたります。

当社の良さを分かって頂ければ、その後何度も仕事が頂ける。それが、当社の営業スタイルであり、当社の力なのだと思います。こういった流れが10年、20年と続くように切磋琢磨していきたいと思います。

もっと新世紀解体工業について知りたい方はこちらへ

この記事を書いたプロ

株式会社新世紀解体工業 [ホームページ]

引間晋太

埼玉県日高市大字上鹿山 689-16 [地図]
TEL:0120-31-2860

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解体業者の選び方

個人の方は、解体が初めてという方がほとんどだと思います。そして業者選定は非常に難しく、ホームページで探してる方が多いようです。業者選定のポイントをいくつかご...

 
このプロの紹介記事
株式会社新世紀解体工業の引間晋太さんプロフィール画像

環境にやさしく、技術の向上を心がけ、お客様対応を重視するトップクラスの解体専門業者(1/3)

「解体屋にどのようなイメージをお持ちですか? 強面で不愛想な職人さんをイメージする方は多いと思います。当社の社員は今までの解体屋のイメージとは異なります。マナーを大切に、誠実で明るい対応を実践し、お客様からあつい信頼を得ています」 と、...

引間晋太プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

技術力向上と社員のマナー教育を徹底し、お客様への対応を重視

会社名 : 株式会社新世紀解体工業
住所 : 埼玉県日高市大字上鹿山 689-16 [地図]
TEL : 0120-31-2860

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-31-2860

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

引間晋太(ひきましんた)

株式会社新世紀解体工業

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
大企業 大規模工場様 お問い合わせ

こんにちは先日大企業様から解体のお問い合わせを頂きました。しかもホームページからのお問い合わせだっ...

[ 解体のお問い合わせ ]

お話しすることで、信頼関係が始まると思います。
イメージ

こんにちは今日は、信頼関係について語ってみたいと思いますが、その前に完了した夏休み工事の紹介です。...

[ 信頼関係 ]

思わず、涙がでそうになるほどうれしかったこと

こんにちは、今日はうれしかったことがありましたので、ご報告します。実は当社のお客様のほとんど(9割くらい...

[ プロの仕事 ]

解体業者の選び方

こんにちは、引間です。一般の方が解体業者を探される時の注意点をいくつかご紹介します。まずはどんな会...

[ 解体業者の選び方 ]

日高市 木造2階建家屋解体工事
イメージ

こんにちは引間です。地元日高市内の解体工事現場を紹介します。物凄く狭いです。A君の腕の見せ...

[ 解体現場紹介 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ