コラム

 公開日: 2018-07-10 

雑貨店が売上アップを図るために陳列する商品を工夫する視点

雑貨店が売上アップを図るために陳列する商品を工夫する視点

お金が在庫に変わり、在庫がお金に変わる

 雑貨店の特徴は、ある特定メーカーに縛られず、広く様々なメーカーから仕入れることができる点です。反面、慎重に需要動向や商品の魅力を見極めないと、どんなに販売促進策を打とうとも販売に結びつかず、結果として不良在庫になるリスクを抱えます。

 在庫は、その店舗の「お金」が「商品」に形を変えたものです。現金であれば、給与や仕入代金などの支払いに使ったり、広告宣伝費に使ったり、様々な用途に使うことができますが、いったん仕入れてしまうとそうはいきません。

 この現金を使って仕入れた商品は、売れることによって仕入に使った現金よりも大きな現金に姿を変えます。しかし、売れなければ商品のままです。このように長い期間、商品のままとして在庫されているものを不良在庫と呼び、最終的には廃棄することにより、その商品の仕入に使った代金を捨てることになります。

 つまり、在庫とは、店舗の利益を左右するという意味を持っています。

差別化の考え方

 創業180年を迎えようとしている、ある雑貨店があります。衣料品、食品、寝具、文具、日用品など多岐にわたる品ぞろえをしています。業歴が長い分、これまで、様々な商品を仕入れてきましたが、需要動向や商品の魅力を見誤って、不良在庫となりつつある在庫もそれなりにありました。

 この不良在庫ですが、当然のことながら、売れないので不良在庫になったわけです。よって、競合の雑貨店では取り扱っていないことが推測されます。それは、商圏内でその商品を取り扱っているのは、自店のみ、ということを意味します。不良在庫を持っている、という差別性があるわけで、この差別性をどのように優位的にするかを考えます。

 そこで、同店の不良在庫、言い換えれば他店では取り扱っておらず、自店でしか扱っていないものを全従業員にリストアップしてもらいました。下記はその一部です。

・アルミ釜
・座敷箒(ほうき)
・洗濯板
・ブリキのバケツ
・包丁の柄
・アルミ製おたま
・あられ炒り
・かまど
・木炭コンロ

店舗の滞留時間を伸ばす

 小売店では、顧客が店舗にいる滞留時間が長ければ長いほど、購買の確率が上がります。かといって、それを狙って、買いたい商品が探しにくいような陳列としていては、買い物がしにくく、他店への流出を促進させてしまいます。
 そこで、顧客の足を止めさせて、滞留時間を延ばす方策が考えられますが、その方策の一つとして、前述の不良在庫となりつつある商品を使って「昭和の主婦が頑張った家事コーナー」を売場に設置します。
 留意点として、単純に陳列するのではなく、マネキンに割烹着を着せ、前述の商品を使って昔の家事を行っているシーンを再現します。販売することよりも、顧客に懐かしんでいただき、店内滞留時間を長くすることを目的とします。

 「あばたもえくぼ」と言いますが、見方を変えれば、不良在庫を有効な集客ツールとなり得ます。それは、人材についても言えることなのかもしれません。

 さて、貴店では、不良在庫がありますか?その不良在庫をどのように活かしますか?
【参考記事】品揃えで差別化する

当社コンサルティングをご利用される方はこんな方

・ネット通販や大型店に顧客が流出している店舗を経営する方
・駐車場があり、顧客の多くが車で来店される店舗を経営する方
・立地だけに頼らず売上を向上させたい店舗を経営する方
メールでのお問い合わせはこちらから。

公式ホームページ

株式会社ロードサイド経営研究所
立地だけに頼らない儲かるロードサイド店舗を作るお手伝いをします。

お客様の声一覧

お客様の声一覧

サービス内容と料金

サービス内容と料金

この記事を書いたプロ

株式会社ロードサイド経営研究所 [ホームページ]

経営コンサルタント 三上康一

埼玉県川越市小仙波町2-44-11 朝日マンション川越205号 [地図]
TEL:048-700-4333

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス内容と料金
イメージ

【「儲かるロードサイド店舗を作るノウハウ」フルパッケージのご提供】 儲かるロードサイド店舗を作るために、貴社・貴店へ伺い、1回2時間で9回のご面談を行い以下...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
株式会社ロードサイド経営研究所の三上康一さん

駐車場10台からのロードサイド店舗に特化した、「儲かる仕組み」を提案(1/3)

 スマホの普及により成長を続けるネット通販、増え続ける大型ショッピングセンターにより、ロードサイド店舗は売上が減少し、経営者の大きな悩みとなっています。株式会社ロードサイド経営研究所、代表取締役の三上康一さんは、そのような悩みを抱えるロード...

三上康一プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

長年の小売経験とコンサルティング経験を活かしたノウハウ

会社名 : 株式会社ロードサイド経営研究所
住所 : 埼玉県川越市小仙波町2-44-11 朝日マンション川越205号 [地図]
TEL : 048-700-4333

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-700-4333

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

三上康一(みかみこういち)

株式会社ロードサイド経営研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

自分の常識をひっくり返されました。

 今回の一番の成果は、「自分の中の常識をひっくり返された...

らーめん斗樹
  • 男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
高齢者が主要顧客の婦人服店が気付いた自店のもつ常識の間違い
イメージ

  小規模事業者持続化補助金の採択結果  2018年3月9日公募開始、2018年5月18日締め切りの「平成29年度 補...

[ 業種別の戦略 ]

クレーム発生時の心構えは、反応ではなく対応すること
イメージ

 宅配便を巡る不可解なコンビニエンスストアの接客  先日、締め切りのある仕事を終え、取引先へその成果物...

[ リピーターの増加策 ]

ガソリンスタンドで配布した販促物の効果が一時的だった理由
イメージ

 ロードサイド店舗は販促物として嵩張るものを配布できる  最近は見かけなくなりましたが、かつてガソリン...

[ リピーターの増加策 ]

人気のある洋菓子店がSNSを活用する理由は店舗の付加価値を高めるため
イメージ

 インスタ映えする食べ物とは  過去に実施した洋菓子店のコンサルティングを通じて、つくづく感じたのは、提...

[ 業種別の戦略 ]

「ムカつく客」への対応は器を大きくするチャンス
イメージ

 ムカつく時はどんな時?  日々、ロードサイド店舗で不特定多数の顧客と接していると、様々な方と出会いま...

[ 人材の定着率向上策 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ