コラム

 公開日: 2018-07-05 

スポーツ用品店の経営で売上・利益率を向上させるには

スポーツ用品店の経営で売上・利益率を向上させるには

スポーツ用品店に訪れる顧客の心理

 スポーツ用品店に訪れる顧客の特徴のひとつに「親子連れ」というものがあります。購入するスポーツ用品はお子さんが使用するのですが、支払いをするのは親御さん、というパターンです。
それまでは玩具で済んでいた自分の幼子が、徐々にスキル・本気度を向上させ、玩具ではなくスポーツ用品が必要となったことに対して、親は子どもの成長を喜ばしく思うとともに、「いつまで子どもと一緒に買い物できるのかな」というちょっとした寂しさも感じます。

ニュースレターを工夫して効果を上げる

 そのような顧客の再来店促進策の一例として、ニュースレターの活用事例をご紹介します。このニュースレターは店舗で作成し、月刊で発行します。大きさとしてはA4の2倍のサイズであるA3を2つ折りにすると良いでしょう。
掲載する内容としては、様々な内容があるはずですが、今回は、以下の内容をご紹介します。
 ・今月のご挨拶
 ・今月のトピックス
 ・今月のお客様
 ・イベント案内
 ・クーポン券

 「今月のご挨拶」は、その月に応じた店長からのご挨拶とします。通り一遍のご挨拶とならないように、最近の出来事などを盛り込んで記載したい部分です。
 「今月のトピックス」は、スポーツ用品のプロから見た、用品の選び方、使用方法、手入れ方法などを季節に応じて紹介したり、お買い得品の情報を記載したりしたい部分です。
 「今月のお客様」は、顧客の写真を掲載しますが、具体的な方法は後述します。
 「イベント案内」は、今後行うイベントの集客を目的として記載します。
 「クーポン券」は、ニュースレター右下の端に切取り線で囲い、割引や粗品のプレゼントの引換といった特典をつけます。

 このニュースレターのポイントは、店頭でしか渡さない、ということです。郵送をしたり、お届けしたりしてはいけないということです。

再来店を促進させる仕掛け

 父親と子どもが来店し、子どものスポーツ用品を購入した場合を想定します。買い物をし、会計を終えた時に、スタッフが「記念にお父さんのスマホで写真を撮りましょうか」とお声掛けをします。
 父親としては「いつまで子どもと一緒に買い物できるのかな」というちょっとした寂しさを感じていますのでその思い出を残すために、また、子どもは用品を買ってもらった嬉しさから、多くの顧客が写真撮影に応じるはずです。
 なお、撮影の際に笑顔が出にくい顧客に対しては、上手な笑顔の作り方を参考に笑顔を引き出します。
 子どもには、買ってもらった用品を持ってもらい、父親と一緒の姿を撮影します。

 父親のスマホで撮影したら、「月に1度発行しているニュースレターにこの写真を掲載したいので、当店のデジカメでも撮影してよろしいでしょうか」とお声掛けをします。顧客が応じてくれるのであれば、当店のデジカメで撮影をした上で、現在配布しているニュースレターを手渡しするとともに「来月1日に発行する際、『今月のお客様コーナー』にお客様のお写真を掲載させていただきます。店頭でしか配布しておりませんので、ぜひ、ご来店ください」と申し添えます。

 自分の写真が掲載されたニュースレターは、やはり取りに行きたくなるものです。買うつもりがないまま、ニュースレターを取りに来られても良いのです。店舗に足を運んでいただければ、購買確率はゼロではなくなります。

顧客心理を活用した再来店促進策

 ロードサイド店舗は、原則として来店してもらわなければ商売は始まりません。よって、一度ご来店いただいたら、再度ご来店いただく仕組みがなければ、商売は厳しくなっていきます。
 その際に重要なのは、顧客心理を検討することです。今回の事例は、子供の成長とそれに伴う寂しさといった思い出を記録するという付加価値を提供するのです。

 さて、貴店の再来店促進策は、顧客心理を活用したものになっていますか?

【参考記事】
リピーターを獲得するために重要なこと
ポイントカードと固定客

当社コンサルティングをご利用される方はこんな方

・ネット通販や大型店に顧客が流出している店舗を経営する方
・駐車場があり、顧客の多くが車で来店される店舗を経営する方
・立地だけに頼らず売上を向上させたい店舗を経営する方
メールでのお問い合わせはこちらから。

公式ホームページ

株式会社ロードサイド経営研究所
立地だけに頼らない儲かるロードサイド店舗を作るお手伝いをします。

お客様の声一覧

お客様の声一覧

サービス内容と料金

サービス内容と料金

この記事を書いたプロ

株式会社ロードサイド経営研究所 [ホームページ]

経営コンサルタント 三上康一

埼玉県川越市小仙波町2-44-11 朝日マンション川越205号 [地図]
TEL:048-700-4333

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス内容と料金
イメージ

【「儲かるロードサイド店舗を作るノウハウ」フルパッケージのご提供】 儲かるロードサイド店舗を作るために、貴社・貴店へ伺い、1回2時間で9回のご面談を行い以下...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
株式会社ロードサイド経営研究所の三上康一さん

駐車場10台からのロードサイド店舗に特化した、「儲かる仕組み」を提案(1/3)

 スマホの普及により成長を続けるネット通販、増え続ける大型ショッピングセンターにより、ロードサイド店舗は売上が減少し、経営者の大きな悩みとなっています。株式会社ロードサイド経営研究所、代表取締役の三上康一さんは、そのような悩みを抱えるロード...

三上康一プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

長年の小売経験とコンサルティング経験を活かしたノウハウ

会社名 : 株式会社ロードサイド経営研究所
住所 : 埼玉県川越市小仙波町2-44-11 朝日マンション川越205号 [地図]
TEL : 048-700-4333

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-700-4333

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

三上康一(みかみこういち)

株式会社ロードサイド経営研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お会いしていない時間でも、きちんと当店のことを考えていてくれていました。

 私は、埼玉県蓮田市で洋菓子店を経営しております。  5年...

古澤 友成
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
「ムカつく客」への対応は器を大きくするチャンス
イメージ

 ムカつく時はどんな時?  日々、ロードサイド店舗で不特定多数の顧客と接していると、様々な方と出会いま...

[ 人材の定着率向上策 ]

ガソリンスタンドの人手不足対策はアルバイトさんの正社員化
イメージ

 人手不足を解消できた理由  私は、ガソリンスタンドの運営会社に21年間勤務し、ガソリンスタンドの現場に...

[ 人材の定着率向上策 ]

店頭の看板・POP広告による効果的な販売促進の事例
イメージ

 イベント告知のためのPOPを掲示している歯科医院  一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会によると、平...

[ 新規顧客の増加策 ]

油外商品で収益を向上させるガソリンスタンドのセールスルーム
イメージ

 「ガソリンスタンドで洗車を頼んでも・・・」  ガソリンスタンドにある待合室をセールスルームと言います...

[ 業種別の戦略 ]

売上を向上させて成功を目指す飲食店が行うイベントの真意
イメージ

 固定客がほとんどを占める飲食店の新規顧客開拓  あるカフェの話です。そこが立地する地域では全国を上回...

[ 業種別の戦略 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ