コラム

 公開日: 2018-06-12  最終更新日: 2018-06-16

多くの客数が見込めない店舗の客単価向上策

正社員がきつい

 ロードサイド店舗の特徴として、営業時間が長い点、アルバイトスタッフが多い点が挙げられます。その特徴をどのように活かせば客単価が向上するのか、を見ていきます。

 ロードサイド店舗であるガソリンスタンドは、低燃費の車や電気自動車が普及したため、ガソリンの販売量低下、つまり、客数の低下に喘いでいます。そこで、洗車やオイル交換といったガソリン以外の商品をいかに販売するか、が長年の課題となっています。つまり、いかに客単価を向上させるか、ということです。

 あるガソリンスタンドの営業時間は、朝7:00から夜11:00まで。開店の朝7:00から出社し夕方に退社する早番の社員、午後から出社し閉店の夜11:00に退社する遅番の社員、そしてアルバイトさんが1日4名程度出社し、残りのスタッフは休日をとり、交代で店舗を運営していました。

 ガソリン以外の商品、特にタイヤや車検など一定の作業技術が必要な商品を販売するには、相応の知識・経験が必要で、そのような作業は正社員が行っていました。
 また、ガソリンスタンドを運営するには、少なくとも1名以上の乙種第4類危険物取扱者という資格の保有者が店舗にいなければなりません。その資格の取得は正社員には義務づけられており、その店舗に所属する社員は全員が、その資格を保有していました。
 よって、営業時間内は、いつでも正社員がいるというシフトを作成していました。

 しかし、正社員の数も多くないことから、遅番の翌日に早番勤務といったシフトを組まざるを得ない日もあり、正社員は疲弊していました。

アルバイトさんにメリットを与える

 そのような運営状況の中、色々と調査していくと、ガソリン以外の商品がよく売れるのは、午前9:00から午後8:00の時間帯であることがPOSデータや現場のヒアリングから分かりました。よって、この午前9:00から午後8:00に販売力のあるスタッフ、つまり、この店舗でいえば正社員を配置できれば、客単価は上がることになります。

 そこで、夜の時間帯に出社するベテランアルバイトに、上述の事情を説明し、乙種第4類危険物取扱者の資格を取得していただき、閉店業務を任せることにしました。もちろん、受験料や参考書代は会社負担、合格すればその資格は一生ものであり、資格手当も支給します。そして、閉店までの短時間といえども店舗運営の権限が委譲されます。

 上述のスタッフは、合格率30%の乙種第4類危険物取扱者試験をパスし、めでたく資格ホルダーとなりました。そして、閉店業務を任せられるようになったことから、正社員は閉店の午後11:00まで勤務せず、出社時間を早い時間にずらすことが可能となりました。具体的には、それまでは、午後1:00から午後11:00までの勤務でしたが、それ以降は午前10:00から午後8:00までの勤務に代わりました。

客単価を上げる方法

 ガソリン以外の商品が売れる時間帯に、それらを販売できるスタッフを厚くシフトすることが可能となったその店舗は、客単価を大きく向上させ、売上を増加させました。

 さらに、他のアルバイトスタッフも乙種第4類危険物取扱者の資格を取得するようになり、特定のスタッフのみが閉店を担当するのではなく、交代でアルバイトスタッフが閉店を担当できるようになり、ガソリン以外の商品が売れる時間帯に正社員を安定的に配置することが可能となりました。

 売れる時間に売れる人材を置くことは、当然売れることに繋がり、客単価が向上します。しかし、そのようになっていないのは、何らかの制約があるからです。
 理想の状態を阻む制約条件を掴まないまま悩むよりも、理想の状態を阻む制約条件を掴んだ上でどう解決するかを考えることが、打開策に繋がります。

公式ホームページ

株式会社ロードサイド経営研究所
立地だけに頼らない儲かるロードサイド店舗を作るお手伝いをします。

この記事を書いたプロ

株式会社ロードサイド経営研究所 [ホームページ]

経営コンサルタント 三上康一

埼玉県川越市小仙波町2-44-11 朝日マンション川越205号 [地図]
TEL:048-700-4333

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
株式会社ロードサイド経営研究所の三上康一さん

駐車場10台からのロードサイド店舗に特化した、「儲かる仕組み」を提案(1/3)

 スマホの普及により成長を続けるネット通販、増え続ける大型ショッピングセンターにより、ロードサイド店舗は売上が減少し、経営者の大きな悩みとなっています。株式会社ロードサイド経営研究所、代表取締役の三上康一さんは、そのような悩みを抱えるロード...

三上康一プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

長年の小売経験とコンサルティング経験を活かしたノウハウ

会社名 : 株式会社ロードサイド経営研究所
住所 : 埼玉県川越市小仙波町2-44-11 朝日マンション川越205号 [地図]
TEL : 048-700-4333

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-700-4333

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

三上康一(みかみこういち)

株式会社ロードサイド経営研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

自分の常識をひっくり返されました。

 今回の一番の成果は、「自分の中の常識をひっくり返された...

らーめん斗樹
  • 男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
来客数が少ない店舗のための入りやすい店舗にする方法
イメージ

 入りにくい店の特徴  ロードサイド店舗のように道路に面している店舗は、当然のことながら、前面道路を通行...

[ 新規顧客の増加策 ]

会議を意味のあるものにするために
イメージ

 ある企業における吊し上げ会議  本社を都内に置き、関東圏内を中心に複数のロードサイド店舗を展開する企業...

[ リーダーの育成 ]

お金をかけずに広告宣伝をするために
イメージ

 販売促進の費用がない  多くのロードサイド店舗が、今のままではいけない、何かやらなければと感じています...

[ 新規顧客の増加策 ]

無料サービスを有料化するために
イメージ

 ガソリンスタンドの洗車  ガソリンを20リットル以上給油した顧客に500円の洗車を無料で提供しているガソリン...

[ 客単価の向上策 ]

買上点数の増加による客単価向上策
イメージ

 ある店舗の客単価向上策  売上は客数と客単価の掛け算で算出されます。どちらを上げても、もう一方が下がら...

[ 客単価の向上策 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ