コラム

 公開日: 2018-06-08  最終更新日: 2018-06-16

高齢者をビジネスに活用する

法律で定められている高齢者の雇用

 高齢者の雇用というと、新規採用と自社で定年を迎えた方の継続雇用がありますが、人材不足の折、定年を迎えた方を継続雇用して人材不足を緩和させようという動きが活発化している印象があります。

 平成25年施行の高齢者雇用安定法では、定年を迎えた従業者が希望すれば継続雇用をすること、そして65歳まで働ける制度を導入することが義務付けられました。そこで多くの事業者が60歳の定年を迎えた従業者に対して、いったん退職させ、1年間の雇用契約のもと再雇用を行い、当該契約を65歳まで継続することとしています。

 この改正法では、65歳以降も働ける制度の導入は義務づけられていないため、多くの事業所では、65歳以降の継続雇用に関しては規則を設けていません。しかし、実態は65歳以降も継続雇用されている高齢者は相当数存在しているわけです。

雇い止めのトラブル事例

 さて、ある病院であったトラブルの事例です。病院は患者数に対して看護師の数が定められているため、看護師の確保が大きな課題となっています。当該病院も上述の制度を導入し、定年後の看護師が多数、活躍していました。
 そして、看護師の数を確保しなければならないため、病院側が懇願し、多くの看護師が65歳を超えても勤務していました。なお、65歳以降の継続雇用制度は定められていませんでした。

 そんな中、70歳を迎えたある看護師は、加齢のせいか、手が震えるようになり、患者に注射をすることが困難になりました。そこで病院側は、次の雇用契約の更新はないと雇い止めを通告しましたが、ここで当該看護師が以下の趣旨を主張しました。

 「私は、65歳を過ぎたら病院を辞めて、悠々自適な生活を送りたかった。しかし、病院側から懇願されて、老体に鞭を打ってこれまで仕事をしてきました。それが、いざ手が震え出すと、こんなに簡単にほっぽり出すんですか。私は使い捨てなんですか?」

 当該病院は、院内に労働組合がないため、看護師は、地域内の同業種や隣接業種などの労働者が集まって組織している労働組合、いわゆるユニオンに所属していました。当該看護師は、今回の雇い止めをユニオンに相談し、再度、病院側と話し合うことになりました。
 病院側としては、人手も限られることから、話をこじらせたくはありません。結果として200万円の和解金を支払って、当該看護師に退職していただくことになりました。

高齢者を活用する留意点

 自社で定年を迎えた方の継続雇用を行う場合は、法律に則った制度を導入することに加え、どのような状態になったら雇い止めをするのかを明確にするとともに、勤務状況を評価し、そのフィードバックを通じて次回の雇用更新の可能性を伝えておく必要があります。

 何年も何回にもわたる雇用契約の更新をしておきながら、1年更新の契約だからといって、次年度の雇用はありません、と通告するような雇い止めは、当該従業員の期待を裏切ったという点では決して望ましいものではありません。
 また、高齢者に対して、事業者側は昇進・昇格という観点を破棄します。しかし、昇進・昇格をさせないということと、評価をしないということは同義ではありません。人は、人のために働く以上、人からどのように評価されているかを知ることは、重要なことなのです。

 なお、高齢者が活躍している事業所の評価表を参考までに掲載しておきます。
雇い止めの理由を明確にする

公式ホームページ

株式会社ロードサイド経営研究所
立地だけに頼らない儲かるロードサイド店舗を作るお手伝いをします。

この記事を書いたプロ

株式会社ロードサイド経営研究所 [ホームページ]

経営コンサルタント 三上康一

埼玉県川越市小仙波町2-44-11 朝日マンション川越205号 [地図]
TEL:048-700-4333

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
株式会社ロードサイド経営研究所の三上康一さん

駐車場10台からのロードサイド店舗に特化した、「儲かる仕組み」を提案(1/3)

 スマホの普及により成長を続けるネット通販、増え続ける大型ショッピングセンターにより、ロードサイド店舗は売上が減少し、経営者の大きな悩みとなっています。株式会社ロードサイド経営研究所、代表取締役の三上康一さんは、そのような悩みを抱えるロード...

三上康一プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

長年の小売経験とコンサルティング経験を活かしたノウハウ

会社名 : 株式会社ロードサイド経営研究所
住所 : 埼玉県川越市小仙波町2-44-11 朝日マンション川越205号 [地図]
TEL : 048-700-4333

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-700-4333

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

三上康一(みかみこういち)

株式会社ロードサイド経営研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お会いしていない時間でも、きちんと当店のことを考えていてくれていました。

 私は、埼玉県蓮田市で洋菓子店を経営しております。  5年...

古澤 友成
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
来客数が少ない店舗のための入りやすい店舗にする方法
イメージ

 入りにくい店の特徴  ロードサイド店舗のように道路に面している店舗は、当然のことながら、前面道路を通行...

[ 新規顧客の増加策 ]

会議を意味のあるものにするために
イメージ

 ある企業における吊し上げ会議  本社を都内に置き、関東圏内を中心に複数のロードサイド店舗を展開する企業...

[ リーダーの育成 ]

お金をかけずに広告宣伝をするために
イメージ

 販売促進の費用がない  多くのロードサイド店舗が、今のままではいけない、何かやらなければと感じています...

[ 新規顧客の増加策 ]

無料サービスを有料化するために
イメージ

 ガソリンスタンドの洗車  ガソリンを20リットル以上給油した顧客に500円の洗車を無料で提供しているガソリン...

[ 客単価の向上策 ]

買上点数の増加による客単価向上策
イメージ

 ある店舗の客単価向上策  売上は客数と客単価の掛け算で算出されます。どちらを上げても、もう一方が下がら...

[ 客単価の向上策 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ