コラム

 公開日: 2018-05-17 

投資になる借入金、経費になってしまう借入金

借入は是か非か

 先日、あるロードサイド店舗の経営者から、以下の質問を受けました。
 儲かったらお金をかけてホームページ作成などの販売促進をしようと思ってこれまでやってきたが、いつまで経っても儲からないので、借金をして広告宣伝費を調達しようかと思っている。しかし、「借金」という響きは、お金が足りない人がやむなくとる手段という悪い印象があり、抵抗を感じる。借入することは正しいことなのでしょうか。

キャッシュを得る方法

 私たちは、利益を稼ぎキャッシュを得るために仕事をしているという側面があります。では、ビジネスを展開してキャッシュを得るための方法は、大きく「稼ぐ」、「借りる」、「とる」、といった3つの方法があります。

 このうち、現時点でキャッシュを「稼ぐ」ことができないのであれば、「借りる」か「とる」かしかありません。「とる」という方法も「盗る」のは犯罪ですから、補助金などを合法的にとってこなければなりません。
 とはいえ、補助金は公募期間がありますし、いったんは立て替えしなければなりません。そうすると「借りる」という方法にならざるを得ないわけです。

なぜ住宅ローンを使うのか

 さて、多くの方が自宅を購入する場合に、住宅ローンを利用していると思います。なぜ、住宅は借金で買うのでしょうか。言うまでもなく、キャッシュで買えるようになるまで待っていてはいつまで経っても家が買えず、買った家での充足した生活をいつまで経っても享受できないからです。

 事業資金の借入も同様です。払えるお金が貯まるまで待っていては、そのお金から得られる収益がいつまで経っても得られない。だから、借入で先に資金を調達して、早期に収益を得るのです。

問題は借入の有無よりも使い方

 ここまで見た上で、借入は是か非か、という質問に戻りますと、借入することよりも、その借入金で収益をあげる確率が高いかどうかが、是非の判断基準であることが分かります。

 借入金を使うことにより、「お金が貯まり、収益をあげるまでの時間」を買うわけですから、借入金で収益を伸ばすことができるなら、その借入は「是」ということになります。借入金が投資になる、とも言えます。
 反面、借入金で収益を得ることができなければ、その借入は「非」ということになります。借入金が費用になる、とも言えます。

 そして、その是非を判断するために、事業計画の立案が必要になります。よって、借入の是非をしっかり検討するということは、中長期的視点で経営を行うことにつながるのです。
投資で事業を育てる

この記事を書いたプロ

株式会社ロードサイド経営研究所 [ホームページ]

経営コンサルタント 三上康一

埼玉県川越市小仙波町2-44-11 朝日マンション川越205号 [地図]
TEL:048-700-4333

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
株式会社ロードサイド経営研究所の三上康一さん

駐車場10台からのロードサイド店舗に特化した、「儲かる仕組み」を提案(1/3)

 スマホの普及により成長を続けるネット通販、増え続ける大型ショッピングセンターにより、ロードサイド店舗は売上が減少し、経営者の大きな悩みとなっています。株式会社ロードサイド経営研究所、代表取締役の三上康一さんは、そのような悩みを抱えるロード...

三上康一プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

長年の小売経験とコンサルティング経験を活かしたノウハウ

会社名 : 株式会社ロードサイド経営研究所
住所 : 埼玉県川越市小仙波町2-44-11 朝日マンション川越205号 [地図]
TEL : 048-700-4333

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-700-4333

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

三上康一(みかみこういち)

株式会社ロードサイド経営研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

店舗の行くべき方向や目指す姿を明確にすることが出来ました。

 当店は鮮魚店を営んでおりますが、初めてロードサイド店舗...

魚進(うおしん)
  • 女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
年上の部下への対応②
イメージ

 A氏の挑発  昨日のコラムの続きとなります。首都圏に約40のガソリンスタンドを展開する企業に勤務するB店長...

[ モチベーション ]

年上の部下への対応①
イメージ

 ハーズバーグの動機付け=衛生理論  以前、こちらのコラムで、職場のモチベーション向上策として、ハーズバ...

[ モチベーション ]

部下に嫌われたくない店長
イメージ

 嫌われることが怖い  ロードサイド店のコンサルティングをしていると、部下に嫌われることを恐れる店長と出...

[ 経営全般 ]

本社と現場の温度差
イメージ

 夏場の健康管理  西城秀樹さんがお亡くなりになりました。謹んでお悔やみ申し上げます。若かりし頃、絶唱系...

[ 経営全般 ]

業務を役割分担する重要性
イメージ

 スタッフの役割分担  「駕籠に乗る人担ぐ人そのまた草鞋を作る人」という諺があります。駕籠に乗る身分の人...

[ 販売促進 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ