コラム

 公開日: 2018-03-21  最終更新日: 2018-06-16

仕事の覚悟を決める

1年前の今日

 今日は2018年3月21日です。2017年3月21日の1年後、2019年3月21日の1年前です。さて、1年前の今日に、1年後の今日の売上を明確に意識していたでしょうか。

 売上が厳しい厳しいと嘆く経営者・店長に限って、その日の売上を追いがちです。もちろん目の前の1日1日に注力することは大事なことです。しかし、目の前の1日に出たとこ勝負で挑む経営者・店長と、長い時間をかけてその日の準備をした経営者・店長では、結果が違うことは想像に難くありません。

 つまり、たまたま売れたのか、仕組んで売ったのか、ということです。偶発的に売れたのか、必然的に売れたのか、と言ってもいいでしょう。よって、そこに計画の重要性があります。

アイゼンハワーの原理

 しかし、「計画を作っただけ」で終わっている事業者様も多い印象があります。何時間もかけて作成した事業計画が実行されないのです。その理由のひとつに「忙しかったから」というものがあります。では、なぜ忙しいのでしょう。ここで、1960年代にアメリカ合衆国で大統領を務めたアイゼンハワーが提唱した「アイゼンハワーの原理」という考え方が参考になりますのでご紹介します。

 仕事を重要度の高低と緊急度の高低に分け、4つに分類します。もちろん、置かれた環境や担当している仕事により、どのゾーンに何の仕事が入るかは変わってきますが、図に表示しているのは一般的な内容です。

 そして、私たちは、重要度が高く緊急度が高い仕事(Aゾーン)と、重要度が低く緊急度が高い仕事(Cゾーン)に日々追われています。よって、このA・Cゾーンに分類された仕事をいかに減らすかに着目します。これらが減れば、余裕ができ、計画が実行されやすくなります。

 まず、Cゾーンの仕事は、他人に任せることを検討します。突然かかってきた電話に経営者・店長が直接出るのではなく、他の人に出てもらい、用件を聞いてもらう。そして重要な用件であれば、つないでいただく。アポなし訪問を受けた場合も同様です。

 次に、Aゾーンの仕事は、Bゾーンの仕事を充実させることにより、減らしていきます。計画を立てて締め切りのある仕事に余裕を持って対応する、従業者の能力開発によって、トラブル・クレームを防止する、という考え方です。

覚悟を決める

 このような話をすると、「でも、Aゾーンの仕事を放っておいてBゾーンの仕事をするわけにはいかないじゃないですか」と言う方がいらっしゃいます。ここで以下の逸話をご紹介します。

 1965年頃の話です。パナソニック株式会社の創業者であり、経営の神様と呼ばれた松下幸之助氏が京都で講演をしました。その内容は「ダム式経営」という考え方です。ダムとは水を貯める池を指しますが、「ダム式経営」とは、企業は経営資源である「人・物・金」のダムを作り、リスクに備えることが重要という考え方です。

 これをテーマに中小企業の経営者を相手に講演した後、質疑応答の時間がありました。そこで、ある経営者から質問が出ました。
 「松下さんの会社は大企業だからダム式経営ができると思うが、我々のような中小企業がダム式経営を行えるとは思えない。どうしたら中小企業でもダム式経営ができるようになるのか教えて欲しい」

 これに対して、松下幸之助氏はしばらく考えた後に、こう答えました。
 「そうなるように強く思うことが重要です」

 この回答に講演会場は「なんだ、そんなことか」という雰囲気が漂ったといいます。しかし、その講演会場の最後列で受講していた、京セラ株式会社を創業したばかりの稲盛和夫氏だけは、こう捉えました。
 「なるほど、ことを成すには思いが重要なんだな」

 「覚悟」とは「吾(われ)」の「忄(こころ)」が目「覚」める時、です。稲森氏が、ことを成そうと覚悟を決めた瞬間でした。

 Aゾーンの仕事があるからBゾーンの仕事ができない、と思うのも良いでしょう。しかし、Bゾーンの仕事をやると覚悟を決める。そうしないとAゾーンの仕事はなくならないのです。

 今日という日は、1年前の今日。今日という日は、1年後の今日。将来を見据えた事業展開を今日から考えてみませんか。

この記事を書いたプロ

株式会社ロードサイド経営研究所 [ホームページ]

経営コンサルタント 三上康一

埼玉県川越市小仙波町2-44-11 朝日マンション川越205号 [地図]
TEL:048-700-4333

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
株式会社ロードサイド経営研究所の三上康一さん

駐車場10台からのロードサイド店舗に特化した、「儲かる仕組み」を提案(1/3)

 スマホの普及により成長を続けるネット通販、増え続ける大型ショッピングセンターにより、ロードサイド店舗は売上が減少し、経営者の大きな悩みとなっています。株式会社ロードサイド経営研究所、代表取締役の三上康一さんは、そのような悩みを抱えるロード...

三上康一プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

長年の小売経験とコンサルティング経験を活かしたノウハウ

会社名 : 株式会社ロードサイド経営研究所
住所 : 埼玉県川越市小仙波町2-44-11 朝日マンション川越205号 [地図]
TEL : 048-700-4333

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-700-4333

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

三上康一(みかみこういち)

株式会社ロードサイド経営研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お会いしていない時間でも、きちんと当店のことを考えていてくれていました。

 私は、埼玉県蓮田市で洋菓子店を経営しております。  5年...

古澤 友成
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
来客数が少ない店舗のための入りやすい店舗にする方法
イメージ

 入りにくい店の特徴  ロードサイド店舗のように道路に面している店舗は、当然のことながら、前面道路を通行...

[ 新規顧客の増加策 ]

会議を意味のあるものにするために
イメージ

 ある企業における吊し上げ会議  本社を都内に置き、関東圏内を中心に複数のロードサイド店舗を展開する企業...

[ リーダーの育成 ]

お金をかけずに広告宣伝をするために
イメージ

 販売促進の費用がない  多くのロードサイド店舗が、今のままではいけない、何かやらなければと感じています...

[ 新規顧客の増加策 ]

無料サービスを有料化するために
イメージ

 ガソリンスタンドの洗車  ガソリンを20リットル以上給油した顧客に500円の洗車を無料で提供しているガソリン...

[ 客単価の向上策 ]

買上点数の増加による客単価向上策
イメージ

 ある店舗の客単価向上策  売上は客数と客単価の掛け算で算出されます。どちらを上げても、もう一方が下がら...

[ 客単価の向上策 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ