コラム

 公開日: 2018-01-31  最終更新日: 2018-02-02

子供が亡くなった後、夫婦関係がこじれる理由



私がなぜグリーフ専門士の資格を取得したかは、以前お話しさせていただきましたが、
グリーフというものがとても奥深く、夫婦問題としても関わることもあるからです。
少し専門的なことになるかもしれませんがおつきあいいただけたらと思います。


私たちグリーフ専門士が目指すのは断絶感(哀しみ、不安、閉塞、絶望、喪失)を
抱いているクライアントが結合感(喜び、安心、解放、希望、発見、気付き)を抱けるようになる支援です。
今日は子どもが亡くなった後、夫婦関係がこじれる理由をお話しさせていただきたいと思います。
協会からの話を引用させていただいています。

悲嘆のケアを考えるとき、男女の違いを無視することはできません

子供が亡くなると、夫婦の中がこじれ、そのまま離婚を余儀なくされるケースが少なくありません。
離婚へ向かう典型的なパターンとはなんでしょうか。

子供の死後、夫婦が分かり合えなくなる理由の一つは、
お互いの「グリーフのステージ(段階)」や「哀しみの癒し方」が
まったく異なっている現実を見落としているというものです。

特に日本人は、周りに迷惑をかけないことや、何かあっても取り乱さないことを「美徳」としています。
かりに大きな問題があっても冷静な対応をすることで、まわりに評価されることがあります。


男性は家族を守るのが自分の役割と考え、比較的早い段階で会社に復帰することが多く、
これまでと変わらず仕事と向き合うことになります。
いつまでも哀しみを引きずったままでは、いけないと感じるからでしょう。


ある男性は、子供の遺品をいつまでも眺めて落ち込む奥さんに、

「そんなものを捨てないといつまでも苦しいだけだ」といって捨てようとしました。

その言葉に奥さんは、「なんて心がない冷たい人だろう」
「こんな人とはもう一緒にいたくない」と感じたといいます。

もちろん夫も子供を失った大きな哀しみは当然抱えていました。
しかし、それを乗り越えるために、亡くなった息子さんのことを忘れるべく、
あえて仕事に没頭したのでした。自分はそうやって息子の死を乗り越えようとしている。

妻がいつまでも息子の遺品を眺めていては、哀しみから抜け出せないと考えたのです。

しかし奥さんは、病気で亡くなった息子をいつまでも忘れたくはありませんでした。

もう息子が戻ってこないことは分かっていても、彼の残したグローブやバットを抱えたり、
眺めることで泣きはらしました。

それは彼女にとって息子さんとほんの少しでも繋がりを感じる必要な時間だったのです。

いつしか妻は息子を忘れたように仕事に打ち込む夫が許せなくなりました。

彼が仕事に打ち込むことで痛みを回避しようと必死になっていたことを理解出来なかったのです。
その後二人は別れることになりました。


男性と女性では悲嘆との向き合い方が異なります。
日本グリーフ専門士協会では、死別をした場合、
「混乱」「否認」「怒り」「抑うつ」「諦観」「転換」「再生」という大きな流れがあると考えています。

それらは必ずしても順番ではありませんが、スパイラルを描きながら、
何度もそのプロセスをくぐり抜け、やがて再生へ向かいます。

悲嘆においては、早い段階で「転換」「再生」を迎える人もいれば、

何年経っても「怒り」の段階から抜け出せないという人もいます。

喪失体験には、夫婦、家族でも様々な段階があることを知り、

お互いがそれぞれのやり方で心を癒そうとしていることを認め合うことで、

哀しい事実を共に乗り越えていくことができるのです。


繰り返しお伝えしたいのは、癒し方と癒しの期間、
グリーフにおけるステージは、親子、夫婦でまったく異なるという理解です。

表面的には違うように見えても、お互い深い哀しみの中にあることを正しく理解出来れば、
かける言葉や態度も変わってくるはずです。

この記事を書いたプロ

まゆみ夫婦問題相談オフィス [ホームページ]

心理カウンセラー 大塚麻由実

埼玉県川越市笠幡761-6 [地図]
TEL:090-2745-4350

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
まゆみ夫婦問題相談オフィス、代表、大塚麻由美さんプロフィール画像

自らの経験と心理学を組み立てたメソッドで、離婚、家族問題など相談者の悩みをスピード解決します。(1/3)

 「相談にいらっしゃる方は、30~40代のお子さんをお持ちのご夫婦が多いです。結婚して何年も経ち夫婦関係に亀裂を感じ『離婚』を考えはじめたとき、どうにか関係を修復したいと思ってご相談にいらっしゃるんです。もちろん何かしら問題も抱えていますが...

大塚麻由実プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

数回の相談で問題が解決。夫婦・家族を修復、改善に導きます。

屋号 : まゆみ夫婦問題相談オフィス
住所 : 埼玉県川越市笠幡761-6 [地図]
TEL : 090-2745-4350

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2745-4350

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大塚麻由実(おおつかまゆみ)

まゆみ夫婦問題相談オフィス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
弱みを見せない男たちへのアプローチ法
イメージ

今日はグリーフを抱えた男の人の話をしたいと思います。20歳の子供さんを病気で亡くした夫婦がいました...

[ その他 ]

グリーフに対する4つの誤解
イメージ

今日から数回にわたり、先日、私が取得したグリーフ専門士のお話しをさせていただきたいと思います。グリー...

[ グリーフケア ]

あけましておめでとうございます
イメージ

まゆみ夫婦問題相談オフィスの大塚麻由実です。今年は、年末から、北軽井沢に来ています。とても寒いです。...

[ その他 ]

レンジャー五領田法律事務所のご紹介
イメージ

こんにちは、夫婦、家族問題カウンセラーの大塚麻由実です。今回は、普段のブログとは少し内容の違う更新と...

[ その他 ]

相談事例(ギャンブル好きの夫との今後)
イメージ

おはようございます。まゆみ夫婦問題相談オフィス代表の大塚麻由実です。何だか変な時間に目が覚めてし...

[ 性格の不一致 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ