コラム

 公開日: 2018-01-23 

グリーフに対する4つの誤解




今日から数回にわたり、先日、私が取得したグリーフ専門士のお話しをさせていただきたいと思います。グリーフ専門士協会の方から許可をいただいていますので、協会のブログの記事を引用しながらお話しをさせていただきたいと思いますね。



グリーフとは、喪失体験による悲嘆のことを指しています。

人は様々な喪失体験をします。

大切な人を亡くす死別はもちろん、病気、怪我、離婚、退職・・・・などその体験は

千差万別です。人生は喪失の連続といってもいいでしょう。

それらの喪失と向き合うことは、人生と向き合うことといっても過言ではありません。



まずグリーフに対する4つの誤解から話していきたいと思います。



人は大切な人との繋がりや存在を失うと、心が不安定な状態になります。

どんな人であれ、自分にとって重要な存在が失われるというのは辛いものですよね。

それまで「普通にあった関係」が無くなる。そんな出来事が起こった時、回りにいる人たちとの関係がとても大切になってきます。

ですが、グリーフという哀しみの状態において、誤解をされてしまうことがあります。哀しみという状態はとても複雑です。人によって「どのように捉えるか」が変わってきます。

今回はグリーフという状態に対して、ありがちな誤解と真実について少し見ていきたいと思います。



グリーフに対する誤解 その1

哀しみの感情は「できるだけ見ないようにする」ことで早く治まる

私たちは辛そうにしている人をみると、なんとか声をかけたくなります。

「大丈夫ですよ」「なんとかなりますよ」「いつまでもそんな状態だとよくないですよ」

こういった言葉はグリーフを抱えている人の哀しみをより強くしてしまう事があります。

私たちは「その人に良くなって欲しい」という思いでそのことを伝えているのですが、実際には逆に作用してしまうという事が起こります。

こういった言葉をかけるのは「哀しみを感じ続ける事は良くない」といった心理的な背景があるからかもしれません。



グリーフに対する誤解 その2

哀しみの中では「強く」あらなければいけない

これはグリーフを感じている本人が思い込んでいるケースが多いのですが、「こんな時こそ、私は強くがんばらなきゃ」と考えることがあります。

また周りの人も「あなたがしっかりしないと」と声をかけることもあるでしょう。

ですが、こういった思い込みは本当の感情を抑え込んでしまいます。それで頑張れているうちはいいのですが、心の中では哀しみの感情が大きくなっているというケースを多く見てきました。



グリーフに対する誤解 その3

涙が出ない=悲しんでいない

「大切な人を失った時に涙がでなかったんです」

そういった事を話される方はたくさんいます。

「実際には自分でも驚くほど冷静でした。私は冷たい人間なんでしょうか?」

そんな風に打ち明けてくれる方も多くいます。

「悲しいと涙がでる」と私たちは考えています。なので、自分自身の冷静な反応に気づいて「私は冷たい人間なんでしょうか?」という疑問が湧いてくるのだと思います。



グリーフに対する誤解 その4

どれだけ深いグリーフでも1年も経てば良くなる

「もうあれから何年も経っていたのに、まだ思い出すと辛いんです」

「いつまでこんな状態が続くのかと思うと・・・」

という事を話される方もいます。

どれだけショックな出来事があっても、時間が経てば楽になる。一般的にはそんな風に考えられていますが、人間の心はそんなにシンプルではありません。

たしかに時間が経つことで記憶は薄れますが、哀しみ自体が消える訳ではないといえるかもしれません。例えばトラウマなどもそうですが、大きく感情の動いたイベントは何年たっても記憶に残っていたりします。

・・・それではこのような誤解の真実は何なのでしょうか?

これからお伝えすることは必ずしも全てのケースに当てはまらないかもしれませんが、「気づく」だけでとても楽になるという人をたくさん見てきました。

グリーフという状態に対する真実を見てみましょう。



グリーフに関する真実 その1

本当の意味でグリーフを解放するなら、その感情を見つめるプロセスが必要

哀しみの感情は「耐え続ける」ことで解放することはできません。

ガマンし続けても、それが癒やしに繋がるとはいえないのです。

また起きてくる感情(グリーフ)を無視し続ける事で、逆にグリーフによる症状が長引くというケースも多く見られています。

心の内側にある哀しみの感情に「気づく」ということだけでも、人は変われるのです。



グリーフに関する真実 その2

泣くことは悪いことでもなければ「弱さ」を意味するものでもない

「こんな時こそ、強くなければいけない」と思うのは、その状況に対応する上で大切なことだと思います。

心が弱っている状態では、何もかもやる気が起きなくなってしまいます。

ですが、「弱さ」は見せても良いと思います。

悲しくて泣きたくなるのは普通の反応です。泣いてもいいんです。だってそれは人間にとって普通の反応なんですから。

起きてくる感情自体には良いも悪いもありません。

人間の本能が持っている自然な反応です。

「私は強く無くてはならない」と思う必要はありません。

素直に感情を出すことで、グリーフを抱えた本人、またそのご家族にとっても癒やしに繋がると思います。



グリーフに関する真実 その3

涙を出さない「哀しみ」の状態もある

涙がでない=悲しんでいない、という思い込みの話をしましたが、泣くことだけが悲しみの感情を表す方法ではありません。

泣いていないからといって、その方が傷ついていない訳では決してありません。

どんな哀しみの感情にもきちんと対応してあげる必要があるのです。



グリーフに関する真実 その4

グリーフに「期限」はない

グリーフという状態は「ある一定の期間」がすぎれば解放されるというものではありません。

実際の所、グリーフは人によってそれぞれ解放までの時間は異なります。人によっては数週間、また数ヶ月。長いときには数年、もっとかかる人もいるでしょう。

時間がかかること自体には「良い」も「悪い」もありません。すべて本人がどのように感じたいのかだと思います。

その感情(哀しみ)を感じ続けたい、という人もいます。

とはいえ、ずっと哀しみを感じたままでいなければならないということはもちろんありません。本人が望みさえすれば、グリーフによる辛さを感じる期間を短くすることもできるのです。



グリーフ・カウンセリングだったり、認知療法などを受けることで少しずつ解放していくことができます。

感情は「悪いもの」ではありません。

グリーフを感じている人が「感じている感情」は悪いことではないと、その人が望んでいる状態に寄り添うということが大切だと思います。

この記事を書いたプロ

まゆみ夫婦問題相談オフィス [ホームページ]

心理カウンセラー 大塚麻由実

埼玉県川越市笠幡761-6 [地図]
TEL:090-2745-4350

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
まゆみ夫婦問題相談オフィス、代表、大塚麻由美さんプロフィール画像

自らの経験と心理学を組み立てたメソッドで、離婚、家族問題など相談者の悩みをスピード解決します。(1/3)

 「相談にいらっしゃる方は、30~40代のお子さんをお持ちのご夫婦が多いです。結婚して何年も経ち夫婦関係に亀裂を感じ『離婚』を考えはじめたとき、どうにか関係を修復したいと思ってご相談にいらっしゃるんです。もちろん何かしら問題も抱えていますが...

大塚麻由実プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

数回の相談で問題が解決。夫婦・家族を修復、改善に導きます。

屋号 : まゆみ夫婦問題相談オフィス
住所 : 埼玉県川越市笠幡761-6 [地図]
TEL : 090-2745-4350

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2745-4350

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大塚麻由実(おおつかまゆみ)

まゆみ夫婦問題相談オフィス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
自律神経失調症とグリーフは似ている?
イメージ

人はあまりにも悩みすぎると体調を壊してしまうことがあります。潰瘍でもできてるのでは?と、いう言葉が...

[ グリーフケア ]

弱みを見せない男たちへのアプローチ法
イメージ

今日はグリーフを抱えた男の人の話をしたいと思います。20歳の子供さんを病気で亡くした夫婦がいました...

[ その他 ]

子供が亡くなった後、夫婦関係がこじれる理由
イメージ

私がなぜグリーフ専門士の資格を取得したかは、以前お話しさせていただきましたが、グリーフというものがと...

[ 夫婦関係 ]

あけましておめでとうございます
イメージ

まゆみ夫婦問題相談オフィスの大塚麻由実です。今年は、年末から、北軽井沢に来ています。とても寒いです。...

[ その他 ]

レンジャー五領田法律事務所のご紹介
イメージ

こんにちは、夫婦、家族問題カウンセラーの大塚麻由実です。今回は、普段のブログとは少し内容の違う更新と...

[ その他 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ