マイホームに「心意気」「技術」で新たな息吹を与える塗装職人

石井賢

いしいけん

株式会社マーブル

[ 越谷市 ]

職種

コラム

2013-05-14

毛細管現象って何? / 外壁塗装 埼玉、越谷、草加、川口

毛細管現象って、ご存じですか?

屋根や外壁塗装に携わる私達にとって一番嫌な現象です。

簡単に言うと、「すきま」のような狭い空間を、重力や上下左右に関係なく液体が浸透していく現象の事を言います。

身近な所で言うと携帯電話を水に濡らせてしまい、あわてて拭いても電池カバーの中など細かい所にあっと言う間に水が入り込んでるなんて事ありませんか?

それが毛細管現象です。

先程の話の中の「液体」は我々にとっては「雨水」ですね、いかに雨水を外部でシャットアウトさせるかが我々の仕事であります。




写真のような外壁にあるクラック(ひび割れ)、シーリングの劣化に伴う割れ、痩せ、剥がれ、などから雨水は毛細管現象によりジワァ~っと内部に侵入してくるのです。怖いですね。

塗装前にこう言った「すきま」をケアしてあげるのが非常に大事になります。


では屋根はどうでしょう?


ご存じ「コロニアル」、「カラーベスト」の屋根です。だいぶ劣化してますねぇ・・・

形状として屋根材の板が下から順々に重なり合っているのが分かります。

雨が降ると、この上下に重なりあっている部分に毛細管現象が発生します。

隙間からジワァ~っと上へ上へ雨水を吸い上げてしまうのです。

そこで塗装工事の際、登場するのがこちら


「タスペーサー」という縁切り部材です。通常下塗が終わった時点で重なり合う部分に差し込んでいき、適度な「すきま」を作っていきます。


「あれ?外壁の話の中では「すきま」を作っちゃいけないって言ってなかったっけ?」


なんて思った方もいらっしゃると思います。現代建築の中には2種類の「すきま」が存在します。

クラックなど後から劣化に伴い出来た「悪い隙間」と、元々排水性、通気性などを考えて作られている構造上必要な「良い隙間」があるんです。これはあえて塞いではいけませんね?

コロニアルの場合毛細管現象で水が上に上がってきても、適度に排水出来る構造ではあります。当然ですよね、そうでなければ全戸雨漏りしちゃいますもんね?

しかし雨が止んでも、狭いすきまに入り込んだ雨水はしばらく留まり、内部は蒸れた状態が続きます。

この「蒸れ」要は「湿気」ですね、骨組みとなっている木材には天敵、長年そういった状態が繰り返されれば内部の木部を腐らせる原因となりかねません。

そこで「タスペーサー」を差し込み適度な隙間をつくり、「水はけ」「通気性」を確保してあげるわけです。

もうひとつが「縁切り」の為。縁切りとは塗装した際、コロニアルの板同士が塗料でくっついてしまわない様にする行為です。何もしないでコロコロ塗ってしまいますと全部くっついてしまいます。

板同士が塗料でくっついてしまうと、先程の毛細管現象で上に上がった雨水の出口が無くなり、内部に留まり続け、内部の劣化を急速に早める結果となります。

そうならない為の「縁切り」昔は塗り終わった後、くっついてしまった板と板とをカッターや皮スキで切り離すという労力の掛かる行為をしていましたが、今はこういった便利な部材があるので必要ありません。

やっぱり考えたのはペンキ屋さんなんですかね?

しかも、そういった隙間に入り込んだ塗料は未硬化状態となり、しばらくグチュグチュしたまま。
カッターで切れ目を入れたところで、また未乾燥の塗料同士がくっつき合い、隙間をふさいでしまうんです。

必要以上に予算を掛けたくなく「そんなの必要ないよ、カッターや皮スキで縁切りすれば良いんだよ!」なんて言ってる昔ながらの考え方の会社は今ではナンセンスです。

ましてや、リフォーム会社の下請けを低賃金やってる所に至っては縁切り作業自体行われていないケースも見受けられる次第・・・・

志を持った仕事をするにはそれなりの知識と予算が必要だと言う事なんですかね?

当り前の事をやるのは必要経費だと私は思うのですが・・・品質は会社の考え方で様々なんて・・・変な業界です。

こういった細かい工程を得て屋根、外壁は以前にも増した強度を持ち生まれ変わるのです。

さすが、手を掛けているだけあって、良い色艶でてますねぇ~。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆



 今までにない「塗装会社」を目指して歩み続ける

 株式会社マーブル (受付 9時~20時 年中無休)

 TEL 0120-229-209 FAX 048-972-4419 メール info@marble-paint.com

 ◇㈱マーブル公式ホームページ

 http://www.marble-paint.com/

 ◇サイディング塗装の決定版!オリジナル工法「彩ディングEXコート」

 http://www.marble-paint.com/wall/more.php

 








この記事を書いたプロ

株式会社マーブル [ホームページ]

職人 石井賢

埼玉県越谷市千間台西1-9-13 [地図]
TEL:0120-22-9209

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

26

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
イメージ

Q1、今回ネームバリューのない直接施工店に依頼する事に不安はありましたか? 御社に依頼する事に不安はありませんでした。 ホームページで14年間建築塗装一筋の職人...

小冊子プレゼント
失敗しない塗装工事・7つの防衛策

塗装工事をはじめとするリフォームに関するトラブルが、ここ数年急増しています。国民消費者センターの調べでは、昨年度の被害件数は7384件にも上るそうです。これ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
外壁、屋根塗装で「性能」「美観」を提供する塗装の専門家 石井賢さん

今までにない「塗装会社」を目指して歩み続ける(1/3)

 埼玉県越谷市にて平成10年「石井塗装」として創業。平成21年に「株式会社マーブル」として法人化した代表の石井賢さんは、建築塗装一筋の職人集団を率いて今年で14年目になります。平成元年に足立区の塗装会社へ弟子入りし、そこで幅広い塗装技術を身...

石井賢プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

弊社オリジナル工法「彩ディングEXコート」

会社名 : 株式会社マーブル
住所 : 埼玉県越谷市千間台西1-9-13 [地図]
TEL : 0120-22-9209

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-22-9209

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石井賢(いしいけん)

株式会社マーブル

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

仕事が丁寧!クレームなし!

工事依頼するにあたり、実績がありましたので、まったく不安...

マンションN管理組合
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(7

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
塗装で人の役に立つと言う事とは  / 「防災」「防犯」蓄光塗料
イメージ

「塗装で人の役に立つ」 という事を考えてみました。当然それは嘘偽りのない工事を施主に提供する事です。...

[ ヒゲ親方の塗装バカ一代 ]

意匠性サイデイングって何?  / 外壁塗装 埼玉、越谷、草加、川口
イメージ

弊社がイチオシするオリジナル塗装工法「彩ディングEXコート」。これは意匠性サイディングを更に高意匠にする塗...

[ ヒゲ親方の塗装バカ一代 ]

小冊子「失敗しない塗装工事・7つの防衛策」を毎月30名様に無料進呈。  / 外壁塗装 埼玉、越谷
イメージ

塗装工事をはじめとするリフォームに関するトラブルが、ここ数年急増しています。国民消費者センターの調べで...

[ ヒゲ親方の塗装バカ一代 ]

外壁塗装での失敗?大丈夫!私達にお任せを!  / 外壁塗装 埼玉、越谷、草加、川口
イメージ

以前に外壁塗装工事を施工した時の逸話です。ある日、外壁塗装のお見積り依頼のお電話を頂きました。聞いた住...

[ ヒゲ親方の塗装バカ一代 ]

微弾性フィラーって、何?  / 外壁塗装 埼玉、越谷、草加、川口
イメージ

「微弾性フィラー」とはモルタル下地の外壁の塗り替え時に、下塗材として塗布する塗料の事を言います。名前に「...

[ ヒゲ親方の塗装バカ一代 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ