コラム

 公開日: 2016-06-06 

受験 母親 世間体 虐待 他人事でない!

心サポートセンターKotodamaの大崎です。

虐待の事件多いですよね!ニュースで観ない日が無いといってもいいかもです。

私自身の調べでは、0歳児から3歳児が全体の半数近くに及びます。そしてなんとその手をかけている半数が実の母親です。胸が痛くなります。こんな子供たちが、虐待に合うほどのいけないことをするでしょうか?!成長過程の一つと言える、母親を困らせる動きはすると想いますが、障害が残るほどや死に至らしめることにまでに至るでしょうか?!

これには、かなり両親の特に母親の成育歴に、影響があるケースが多いです。

私自身の事例は、中学三年生と小学生を持つ母親でした。私に助けを求め相談に来たのは、なんと
その母親のお母様です。生徒から祖母にあたります。その祖母は、「私の娘の育て方が問題だった」とご自身を責められていました。

家庭環境は、その子の父親はサラリーマン、母親は専業主婦、祖母曰く、娘はとてもプライドが高いということでした。現金で高層マンションを購入し、経済的には何不自由なく周りからも俗に言うごく普通のご家庭でした。私の前でも、そのお母さんは、上品で一般的なお母さんです。しかし、入塾面談の時に、その中三生の男の子の体型が気になりました。一般的な中三生の男子の体型との違いが見てすぐにわかるほど、やせ細り全体的に骨が浮き出ている状態でした。

家庭内では、受験生ということもあると、休みの日や自宅に帰ってから、テレビは観せず、一日中椅子に座らせ勉強をさせていたということです。母親が出す課題が終わらないと、ご飯を食べさせない。机に伏せないように、身体をまっすぐに縛り、夏の暑さでもクーラーを付けず、ひたすら大量の課題をやらせていたということでした。あまりの空腹で、母親の目を盗み、ジャーから手でご飯を食べたということでした。

せめてもの救いは、祖母の家に泊まりに行く事は許していて、そこでご飯を十分に食べ勉強する時間からも解き放たれていました。祖母は、「どうしたらいいのか?警察に言おうか?問題は大きくしたくない。いいときもある、私が相談に来ているのがばれたら、何をされるか」と怯えていました。祖母の家での過ごし方は一時的な対処療法で問題の解決では無かったですが、祖母もやはり娘である母親としてのことも気遣っていたので、まずは一緒に見守ろうと話をしました。受験間際だったので、母親よりも子供を優先した対応を選びました。

母親は世間体を気にしていて、我が子をとにかく自分の入れたい高校に行かせたい。ただその想いだけで、息子と関わっていたようです。面談の度に、祖母の想いを踏まえ、勉強の仕方や子供との接し方などを話をしました。その際は、「そうですよね」といたって普通のやり取りが卒塾まで続きました。

その生徒は、母親の意図とは違い最終的に私立単願、そして祖母の自宅から通う。その決断に至るまでは、本人、両親、祖母、高校の入試担当、私とで話をしました。その子は、すでに高校を卒業しています。三年間祖母の家から通っていました。その間、祖母や高校からその生徒の様子は聴いていたのと、その生徒も卒塾してからも私に逢いに来てくれていましたし、連絡も取っていました。途中のやり取りは個人情報の関係があり詳細は、伝えられないですが、このケースは、祖母が敢えて娘の育て方を振り返ってくれたから一人の子供が救われたことだと想っています。

母親は、自分でも気付かなかったと想います。そんな娘を祖母が必至で孫も含め守ろうとしていた事例でした。母親がどこかのタイミングで気が付いてくれることを望んでいます。それが母親自身も楽になることだから。

そんなお母さんが、たくさんいます。他人事でないのです。

この記事を書いたプロ

心サポートセンターKotodama [ホームページ]

心理カウンセラー 大崎清美

埼玉県さいたま市中央区下落合5-10-5 アステリVIP [地図]
TEL:048-799-2042

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア出演・掲載実績

▼掲載情報JIJICOhttp://jijico.mbp-japan.com/author/oosakikiyomi▼掲載内容子どもにとって最適な塾選びとは?http://jijico.mbp-japan.com/2016/05/12/art...

 
このプロの紹介記事
心サポートセンターKotodamaの大崎清美さん

いじめ・不登校・進路のサポートセンター。頑張るママも癒され子どもも元気になる(1/3)

我が子のいきいきした顔を見ていたい、今も昔も変わらぬ母親の願いかもしれません。しかし、現代の子ども達は、いじめや不登校、引きこもりなど様々な問題に直面しています。「心サポートセンターKotodama」代表の大崎清美さんは、子どもとその家族専...

大崎清美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

子どもとママの心のケアを同時に支援。学校生活・進路問題に強い

会社名 : 心サポートセンターKotodama
住所 : 埼玉県さいたま市中央区下落合5-10-5 アステリVIP [地図]
TEL : 048-799-2042

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-799-2042

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大崎清美(おおさききよみ)

心サポートセンターKotodama

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
なにやろう?!  部活!運動部?文化部?

心サポートセンターKotodamaの大崎です。今日からコラムを始めていきます。宜しくお願いします。新中学1年...

親子の会話

心サポートセンターKotodamaの大崎です。12月に入りましたね!受験生の親子は、進路に向け日々、親子のや...

[ いじめ・不登校・進路・受験 ]

不安・心配!情報不足!!

心サポートセンターKotodamaの大崎です。昨日、中3生、娘を持つ父親との面談をしました。守秘義務があるため...

[ 不登校、いじめ、進路、受験 ]

受験相談・進路相談

心サポートセンターKotodamaです。こんにちは。11月も終わりますね!ほんとに早いです。今月は雪など降...

[ いじめ・不登校・進路・受験 ]

出来ない理由  子供との関わり・会話

心サポートセンターKotodamaの大崎です。ここ数日朝晩めっきり寒くなりましたね?!体調壊されてないでしょう...

[ いじめ・不登校・進路・受験 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ