コラム

 公開日: 2016-02-26  最終更新日: 2017-07-12

お見合いで話がはずむ会話手法とネタ


お見合いで、お相手に挨拶を終えて会話をはじめるときは、時候の話があたりさわりがなくて良いでしょう。

「今日は暑い(寒い)ですね。でも、僕は夏(冬)が大好きなんです。○○さんはどうですか?」など。会話をはずませるためには、質問が効果的です。

また、出身地や血液型など、相手との共通点を見つけることが会話をはずませるポイントです。日頃から、さまざまなことに興味を持ち情報収集を心掛けると、会話の幅も広がります。

お見合いは初対面。会話の始まりは時候の挨拶から

お見合いの席では、緊張してしまい、何を話したらよいかわからなくなってしまう人も多いでしょう。難しく考えずに、今、自分が思っていることを話せば良いのですが、会話の糸口としては、時候のネタがおすすめです。

男性から「今日はあたたかいですね。春が近づいているんでしょうね」「寒くなってきましたね。また、雪が降る季節が巡ってきたんですね」と話を始めてみましょう。

そして「先日は、梅を見に行ってきました」と続ければ自然に、次に巡ってくる春の話題、「桜」や「お花見」などにつなげていくことができます。

武勇伝や自慢話はNGです。面白い話をしようと頑張り過ぎて失敗してしまったエピソードなど、親しみやすい話題が良いと思います。

女性は基本的に話題を受けて、答えていくというのが良いでしょう。相手の話を「そうですね」で終わりにせず「梅ですか? どちらの方へ出かけられたんですか?」といった一言を添えて、男性が会話を続けていけるようにさり気なくフォローしましょう。そして、会話で最も大切なのは「笑顔」を忘れないことです。

会話をはずませるには質問が効果的

会話をはずませるためには、相手に質問すると効果的です。質問には「はい」か「いいえ」のどちらかで回答するクローズ質問と、「好きな食べ物」や「休日の過ごし方」など、質問に対して自由に答えることができるオープン質問があります。

まず、このオープン質問を心掛けてみましょう。
「好きな食べ物はなんですか?」といった質問で、女性が「私は、パスタが好きです。○○さんはなんですか?」と返してくれると、あなたも自由に答えることができます。

女性が「パスタが好きです」とシンプルに答えたとしても、「イタリアンがお好きなんですね?ワインもお好きですか?」と会話を広げることができます。

男性が女性に質問する場合は、政治や宗教など難しい話は避けて、食事や旅行など女性が答えやすいような質問をしましょう。
しかし、質問攻めはよくありません。相手も疲れてしまいます。いくつか質問して回答をもらったら、自分の体験談や聞いた話など、関連したものを足して会話は続けていきましょう。

女性が男性に質問する場合は、仕事のことやスポーツのことなど、男性が興味をもちそうな内容を心掛けてみてください。たとえ、わからない内容でも「へぇ、そうなんですね。今度、サッカーの試合があればテレビで観てみます」と、関心を示すと男性の緊張もほぐれるのではないでしょうか。

相手との共通点を見つけ会話を盛り上げましょう

季節の話題からステップを進めて会話をはずませるには「共通点」を見つけましょう。

出身地や出身校、年齢、兄弟、血液型、星座、干支、趣味、好きな歌、好きなアーティストなど、何でも良いです。共通点があれば、相手との距離を縮めることができ、一気に盛り上がるという可能性もあります。

年齢が同じならその時代に流行した歌やドラマ、出身地が同じならその土地の風土や風習に関することなど、共通点があれば会話は多いにはずみます。

日頃から、会話のネタとなる情報収集も必要です。最近は、インターネットなどで多くの情報を得ることができます。
視野を広げ、いろんな事柄に興味を持つようになれば自然に会話がはずむようになります。コミュニケーション能力は仕事などでも生きてきますので、ぜひ、磨いていきましょう。

➢ お見合いでうまくいく・成功する!お見合いマル秘テクニックをご紹介
➢ 失敗事例から学ぶ!お見合いでよくある失敗原因

よくあるご質問はこちら→ よくある質問|埼玉県さいたま市で結婚相談所・婚活ならKMAへ
無料相談ご来店予約はこちら→ 無料相談ご来店・予約システム(いつあき・ITSUAKI)
お問い合わせ・資料請求はこちらから

信頼できる結婚相談所をお探しの方は、ぜひホームページもご覧ください。
全国結婚情報サービス協会のKMA

この記事を書いたプロ

全国結婚情報サービス協会 株式会社KMA [ホームページ]

結婚コンサルタント 清水小百里

埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F [地図]
TEL:0120-978-679

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
CSRチャレンジ企業
CSR認定書

さいたま市CSRチャレンジ企業認証事業とは?自らの事業活動の維持・拡大を図りつつ、社会的健全性を両立させる企業経営(CSR:企業の社会的責任)の推進を図ろ...

カウンセリング
カウンセリング

■カウンセラーの3大要素一.会員様の、心の太陽であれ。一.包容力がある、笑顔が温かい。一.いつも輝いている、尊敬できる。■カウンセラーとして1....

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
成婚に導くマリッジカウンセラー 清水小百里さん

婚活は、心をひらいてプロに頼ってほしい。そうすれば、良縁に一歩近づきます(1/3)

 「仲人カウンセラーという職業の資質がある。太鼓判を押します」と、清水小百里さんに笑いかけるのは、創業者であり結婚相談業界40年の大ベテランである富樫敏夫さん。その言葉を聞き、はつらつとした笑顔の清水さん。富樫さんは1979年、結婚相談所を...

清水小百里プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

39年のお見合いノウハウで成婚まで親身で着実なサポート

会社名 : 全国結婚情報サービス協会 株式会社KMA
住所 : 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F [地図]
TEL : 0120-978-679

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-978-679

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

清水小百里(しみずさゆり)

全国結婚情報サービス協会 株式会社KMA

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

すごい!婚活プロのアドバイス…

先生に一番手をわずらわした私が手記を書いていいかどうかわ...

K・Tさん
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
独身者はいつも“適齢期” その1
イメージ

今、少子化は、わが国の大きな課題となっています。その理由の一つに挙げられているのが「晩婚化」あるいは「非...

[ 婚活コラム ]

独身者はいつも“適齢期” その2
イメージ

 現代結婚事情 知恵ということでは、KMAでは入会した男女に対するセミナーを開催しております。成婚を目...

[ 婚活コラム ]

【お見合いで役に立つ】即戦力・話し方教室!話がとぎれたときの話し方
イメージ

人は初対面の方とお会いしたり、見知らぬ人と同席したりして、何かしゃべらなければならない時が必ずあります。...

[ 婚活コラム ]

結婚相談所での【お見合いワンポイント!】
イメージ

 男性はお見合い先でお茶代を必ず支払う お見合いに行った先で喫茶店等へ入った場合、男性は自分の分はもちろ...

[ 婚活コラム ]

結婚へ向けて全力で応援をします!入会時のご説明あれこれ。
イメージ

 「あなたに寄り添うから、ルールを守って自由に羽ばたいて!」 KMA本部では、入会時からの「信頼」を持続し続...

[ 婚活コラム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ