>   >   >   >   >   >  健康な日常を送るために

コラム一覧 :健康な日常を送るために

1件~15件(19件)

過去の15件

こまぎれ時間でも疲労回復に役立ちます

今日は日常疲れを溜めないための、こまぎれ時間を使った疲労回復法をお話しします。疲労回復のためには、夜の睡眠が大切ですが、長い時間続けざまで働いていては夜の睡眠だけではなかなか疲れは抜けなくなってしまいます。そこで、細切れに時間を使って体と心のリフレッシュをしてみましょう。... 続きを読む

健康な日常を送るために

2017-05-22

連休明けの不調

ゴールデンウィークも終わり、仕事や学校と、また通常の生活に戻るこの時期、だるさや心の不調を感じる人が多くなります。「学校をやめたい」「会社を辞めたい」と思う人が多くなるのもこの時期です。新しい環境に適応しようと一生懸命気をはっていたものが、連休で緩んでしまってなかなか元... 続きを読む

健康な日常を送るために

2017-05-08

知らずにたまってしまうストレスの危険サイン

今日は現代人に多いストレスについてお話をしたいと思ます。日ごろストレスの多い生活を続けていると、自分でも気づかないうちにストレスを溜め込んでしまう事があります。そこで今日は、ストレスがたまってくると、気持ちや体の状態がどう変化してくるかをお伝えします。・憂うつになる・... 続きを読む

健康な日常を送るために

2017-02-22

「キレやすい高齢者」と言われないために、脳の活性化を心がけましょう

最近、高齢者に「キレやすい人が多くなった」と言われています。今日は元気で明るい生活を心がけるためのお話をします。切れる原因で考えられる理由としては、【ストレス】平常心を失う心理状態の可能性。高齢になると不自由な体と精神的ストレスが多くなると考えられます。孤独感や老後不... 続きを読む

健康な日常を送るために

2016-12-13

人生を壊す薬物依存について

昨日ASKA容疑者が逮捕されたというニュースを聞きました。青春時代聞いていた彼の歌からは想像できない出来事で残念な気持ちです。そこで今日は「人生を壊す薬物依存」のお話をしたいと思います。 薬物依存 「たった一度くらいなら…」「痩せるためにちょっとくらい…」最初は軽い気... 続きを読む

健康な日常を送るために

2016-11-29

疲れを溜めないために 【 快眠の話】

早いものであとひと月半で今年も終わりですね。少し早いのですが、この時期になると私は「よく頑張った」と言い切れる毎日を送れたのかちょっと考えます。せめて残りの毎日は、やり残すことがないように「今年はよく頑張った」と自分で自分を褒められるようにしたいと思っています。コラムも今年... 続きを読む

健康な日常を送るために

2016-11-17

呼吸をゆっくりする事で自己コントロールの向上やストレス緩和に役立ちます

今日は呼吸法の話をしたいと思います。この呼吸法は、前頭皮質を活性化し、脳と体をストレス状態から自制心を発揮できる状態に切り替えるのに役立ちます。これは意志力を高める方法にもなるそうです。【呼吸法】1分間に4回~6回までに呼吸のペースを抑えます。・息を吐くのを遅くする... 続きを読む

健康な日常を送るために

2016-11-11

心の不調のサインⅡ

前回心の不調のサインについてお話ししましたが、前回書いた症状は、日常生活でもよくあるものでした。でもそれが長引いたり、生活に支障をきたすようだと専門家に見てもらわないといけません。今回はその続き、心の不調を取り除く方法についてお話をしたいと思います。・人に相談する これ... 続きを読む

健康な日常を送るために

2016-08-29

心の不調のサインⅠ

今朝、子供4人を殺してしまった母親のニュースを知りました。事件前には、無いはずの盗聴器など思い込みによる110番通報もあったと言います。不安で誰かに助けを求めていたのだと思います。とても心が痛むニュースです。周囲の人は「気付かなかった」という声もありましたが、本人も含め、もっ... 続きを読む

健康な日常を送るために

2016-08-23

心の不調で症状が出る前に予防する習慣を身につけましょう

 今日は、心の不調の予防策についてお話しします。 ある調査で運動習慣のある人と無い人とで、健康状態の差を調べた結果、運動習慣のない人は疲れやすいとか、寝つきが悪い、頭が重たいなどの身体症状を持っている割合が多いことが分かりました。それだけではなく、心の状態にも影響してして... 続きを読む

健康な日常を送るために

2016-06-15

高齢者に増えているアルコール依存症のリスク(認知症)を避け、老後の生活を考えましょう

 今日は最近増えている「高齢者のアルコール依存症」のお話しと、それに伴い「老後の人生」について考えたいと思います。 認知症とアルコールの関係 近年、定年退職後にアルコール依存症になる割合が増えています。大量のアルコールは認知症の発症率も髙くなり、認知症で施設に入所してい... 続きを読む

健康な日常を送るために

2016-04-08

やる気が出ない、体調を崩しやすい季節の変わり目

 季節の変わり目になると、肉体的にも、精神的にも体調を崩す人がたくさん出てきます。もちろん、個人差があるので「みんな」と言うわけではありませんが、自律神経は、一般的に交感神経が高まりやすい時期(冬)と副交感神経が高まりやすい時期(夏)とがあり、そのため季節の変わり目の春や秋に... 続きを読む

健康な日常を送るために

2016-02-23

薬物依存の怖さ

 先日ある元スポーツ選手が薬物依存で逮捕されたと大きく報道されました。薬物依存については低年齢化も進んでいて身近なものになっていると言われています。薬物依存の怖さは、幻視(げんし)・幻聴(げんちょう)・身体幻覚(しんたいげんかく)や嫉妬、被害関係妄想(もうそう)などを主体とする中... 続きを読む

健康な日常を送るために

2016-02-03

辛いうつの予防法

今日は「うつの予防法」についてお話しします。うつになる人は、心の弱い人だと思う方もいますが、本来うつになる人は、責任感が強く完璧主義でまじめな人に多く見られます。仕事を抱えすぎて肉体的にも精神的にも疲れて、知らず知らずに追い込まれてしまいます。「ネガティブな性格じゃない... 続きを読む

健康な日常を送るために

2015-11-18

睡眠不足を補う昼寝の効果

今日は昼寝の効果についてお話しします。何となくだるさが続いていたり、疲労感を感じる方に特にお勧めです。長い昼寝は良くありませんが、1日15~20分位の軽い昼寝は、仕事や勉強の効率を上げるのに効果があります。30分以上寝てしまうと、深い眠りに入り、頭がぼーっとして大切な夜の... 続きを読む

健康な日常を送るために

2015-11-10

1件~15件(19件)

過去の15件

RSS
ご相談者様の声
イメージ

クラス会に出た際に別れた彼女と会ったことで、振られた時の気持ちがフラッシュバックした方のご相談でしたが、うつになる原因が父親との関係にあることが分かりました

 
このプロの紹介記事
飯塚和美 いいづかかずみ

生きづらさを感じる「心についた癖や行動」を取り除き、自然体の自分を手に入れよう(1/3)

 「人は幼い頃から日常的に使われてきた言葉や、育った環境などから大きな影響を受けています。そして大人になっても、考えや行動にその影響が現れます。それがさまざまなところで生きづらさを感じる原因になっています。その枠を取り除くと、心が軽くなりま...

飯塚和美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

心についた癖や行動を取り、いい関係ができる会話法が身につく

会社名 : カウンセリングルーム『大空』
住所 : 埼玉県川口市川口3-2 リプレ川口一番街6号棟804号室 [地図]
TEL : 048-291-9853

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-291-9853

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

飯塚和美(いいづかかずみ)

カウンセリングルーム『大空』

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
カウンセリングについて、知りたいと思う方や迷われている方へ
イメージ

初めまして、今月よりマイベストプロで掲載させていただくことになりましたカウンセラーの飯塚和美です。 カ...

[ カウンセリング ]

「他人が主役」自分以外の人が主役の人生を生きる癖をやめましょう

今日は「他人が主役の人生を生きる癖がある人」のお話をします。 他人が主語になってませんか? カウンセ...

[ 生きづらさを感じる時 ]

子どもが育てづらいと思う時 ~発達障害について~

今日は発達障害について、カウンセラーの立場から少しお話をしたいと思います。カウンセリングには、発達障害...

[ 悩んだ時の対処法 ]

こまぎれ時間でも疲労回復に役立ちます

今日は日常疲れを溜めないための、こまぎれ時間を使った疲労回復法をお話しします。疲労回復のためには、夜の...

[ 健康な日常を送るために ]

連休明けの不調

ゴールデンウィークも終わり、仕事や学校と、また通常の生活に戻るこの時期、だるさや心の不調を感じる人が多くな...

[ 健康な日常を送るために ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ