コラム

2016-01-18

人間関係を良くする話し方を身に着けましょう

今日はコミュニケーションを良くするための話し方「アサーティブな話し方」についてお話しします。
皆さんはアサーション(assertion)、「自分も相手も大切にした話し方」という言葉を耳にしたことがありますか?これは、自他尊重のコミュニケーションとも呼ばれます。自分の気持ちに正直に、率直な言動をする自己表現です。アサーションが出来てる状態をアサーティブ(assertive)と言います。

自分の主張をせずに相手の意見だけ聞いたり、一方的に自分の意見を主張する攻撃的な態度では良い人間関係を築くのは難しいものです。お互いに気持ちを率直に言い合い、受け止め、共有し合い納得できる答えを探すコミュニケーション法を身に着けると、人間関係が良好になります。

まずは自分の気持ちを把握しましょう。自分の気持ちがはっきりしていないと、自己表現は難しくなります。相手の反応ばかりを気にせず、結果や周囲の目を必要以上に気にしないで表現することを大切にしましょう。相手の気持ちを大切にしながら、自分のできる範囲で素直に気持ちを表現してみましょう。自分の気持ちを伝えずに相手の希望や意向を優先してばかりいると良い結果にはなりません。自分の気持ちを確かめてから、表現することを考える癖をつけましょう。

相手に伝わりやすい表現方法は、「私は」(Iメッセージ)という主語で始めます。「私は~と思う」「私は~して欲しい」「私はこうしたい」というように「私」を主語にして伝えると相手にも伝わりやすいスムーズな自己表現が出来ます。自分を相手に知ってもらう大切な自己開示になります。

そして、アサーティブな話し方で気を付けたいのが、相手の言葉をさえぎるように話すことと、決めつけるような言い方、責めるような言い方です。理由を聞こうとする場合では「なぜ」「どうして」「あなたは~なの?」と聞いてしまいがちですが、それらの言葉は相手を責めるように聞こえ、いい表現方法ではありません。こういう場合には「私はどうしてこうなったのか教えて欲しい」「理由を聞きたいので知らせてください」というように、相手を責めている感じにならないような表現が大切です。

次に気を付けたいのは、攻撃的な表現「当たり前でしょう」「当然だ」「~なはずだ」というような言葉です。この言葉の裏には「自分が正しい」という思いが隠れています。このような言い方は相手に良い印象を与えないので避けたほうが良いでしょう。

コミュニケーションのトラブルの原因は、相手の気持ちを誤解したり、受け取り方を間違えたりして「お互いに分かり合えない」という結果起こることが多いものです。それを避けるために自分の気持ちを素直に伝え、相手の話を心を込めて聴く癖をつけましょう。時には確認したり、質問したりして誤解を防ぐ話し方を身に着けると人間関係は格段に良くなります。



おすすめコラム
良い人やめても人間関係はたいして変わりません
自分の居場所が見つからず寂しさを感じるとき
人付き合いが苦手で話し下手な人の「会話を増やす方法」


コラムに関するご意見やご感想をお聞かせください!
kiaozora@yahoo.co.jp



つらい思いや心の悩みを抱えている方、思い切ってカウンセリングに来ませんか?
一人で苦しまないで、一緒に少しでも楽になれる解決策を探しましょう。


〈 カウンセリングルーム大空 〉
     川口駅西口3分
営業時間 平日10時~17時 
 休日、時間外カウンセリング可(予約していただければ休日含め時間外もカウンセリングいたします)
携帯 090(8316)6127
電話 048(291)9853
http://kiaozora.com/

【心理教室】 人間関係の改善法や受け取り方を変えて生きやすい自分になる講座
毎月第3金曜日 午後1時~2時半 
参加費¥3000

この記事を書いたプロ

カウンセリングルーム『大空』 [ホームページ]

心理カウンセラー 飯塚和美

埼玉県川口市川口3-2 リプレ川口一番街6号棟804号室 [地図]
TEL:048-291-9853

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ご相談者様の声
娘と話が出来ました

小学生の娘さんが問題を起こし、学校に行けなくなり、何を考えているか分からなくなったというご相談でした

 
このプロの紹介記事
飯塚和美 いいづかかずみ

生きづらさを感じる「心についた癖や行動」を取り除き、自然体の自分を手に入れよう(1/3)

 「人は幼い頃から日常的に使われてきた言葉や、育った環境などから大きな影響を受けています。そして大人になっても、考えや行動にその影響が現れます。それがさまざまなところで生きづらさを感じる原因になっています。その枠を取り除くと、心が軽くなりま...

飯塚和美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

心についた癖や行動を取り、いい関係ができる会話法が身につく

会社名 : カウンセリングルーム『大空』
住所 : 埼玉県川口市川口3-2 リプレ川口一番街6号棟804号室 [地図]
TEL : 048-291-9853

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-291-9853

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

飯塚和美(いいづかかずみ)

カウンセリングルーム『大空』

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「他人が主役」自分以外の人が主役の人生を生きる癖をやめましょう

今日は「他人が主役の人生を生きる癖がある人」のお話をします。 カウンセリングにいらっしやる方の多くは、...

[ 生きづらさを感じる時 ]

カウンセリングについて、知りたいと思う方や迷われている方へ
イメージ

初めまして、今月よりマイベストプロで掲載させていただくことになりましたカウンセラーの飯塚和美です。今日...

[ カウンセリング ]

「うまくいかないすべての事が人のせい」と思う癖を変えませんか?

今日は、何か問題があるたびに「人のせい」にしてしまう癖のお話をします。私たちはつい、何か問題が起こるたびに...

[ 考え方を変えてみる ]

弱気になった時の「考え方を変える方法」

今日は弱気になった時の「考え方を変える方法」についてお話しします。自分に自信が持てなくて、ついつい弱気に...

[ 考え方を変えてみる ]

行動面、コミュニケーションなどに困る「育てづらい子どもたち」

前回に引き続き「育てづらい」と思われる子どもたちの話をしたいと思います。「空気が読めない」「人の気持ちが...

[ 子育てで悩んだら ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ