セミナー・イベント情報

家を買うなら知っておきたい情報セミナー

  • [ くらし ]
開催日
概要

参加特典です。

参加特典でこちらの2冊をプレゼント(非売品です)しています。









これから住宅購入を視野に入れている方・もう購入してしまった方も必見です。


人口減少・家あまり・少子高齢化が社会問題となっているのは皆様ご承知の通りです。

これから家は一生に一回の買い物ではなくなった時代が到来しました。


不動産の価値とは?


不動産の選び方とは?


たった120分のセミナーですが、内容は濃縮されています。


それでは、参加者の声を一部ご紹介します。


・新築購入の目線でしかなかったが、中古物件を考慮してもよいと思いました。とてもわかりやすく数値化された説明で参考になった。 

・家選びの判断軸が大きく変わりました。 

・将来予測も含めながらわかりやすく情報が整理されていて新しい知識として学べました。

・物件選びのポイントも理解でき、資産とは何かを気づかされました。

・不動産の資産価値という観点からの話が興味深かったなど。


いかがでしょうか?参加してみる価値あるセミナーです。


もちろん参加は無料です。


ご参加にはご予約が必要になりますのでご注意ください。

ご予約方法は下記の通りです。

電話ににての予約 TEL 0120-420-885

メールからの予約   harai@kensei2009.co.jp

ホームぺジからの予約 http://kensei2009.co.jp/seminar.shtml


セミナー会場

日程 1月14日(土)

会場 さいたま市中央区新都心4-3 ウェルクビル1F

会場名 パナソニックリビングショールームさいたま

アクセス JRさいたま新都心駅下車さいたま赤十字病院建設現場の正面のビル1F(徒歩5分)
JR北与野駅下車 徒歩2分
開始時間14:00~16:00(予定)
店員15名

ご参加お待ちしております。

原井啓介(住宅は買い替える時代を創る不動産コンサルタント)

株式会社 建成

  • 電話:048-755-9400 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:9:30~18:30
  • 定休日:毎週水曜日

このプロに問い合わせたい

最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
原井啓介 はらいけいすけ

「中古物件+リノベーション」。資産価値が下がりにくい、これからの新時代マイホーム取得方法(1/3)

 「もはや、家は一生の買い物ではなく、変化するライフスタイルによって住み替えていくもの」と断言するのは、株式会社建成の代表取締役、原井啓介さん。近年、住宅は供給過剰にも関わらず、新築は次々に建てられています。そこで、敢えて新築ではなく、優良...

原井啓介プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

資産価値が目減りしにくい不動産をアドバイス

会社名 : 株式会社 建成
住所 : 埼玉県さいたま市緑区原山3-18-9 1F [地図]
TEL : 048-755-9400

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-755-9400

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

原井啓介(はらいけいすけ)

株式会社 建成

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マンション査定アプリがすごい
イメージ

平成28年10月に公開されたWEBアプリ名称「セルフイン」https://self-in.com/リニュアル仲介株式会社...

[ 不動産の関心事 ]

地域の地震発生率を調べるには?

4月14日以降の発生している一連の地震により、被災されました方々に謹んで哀悼の意を表しますとともに、被災された...

[ 住宅購入 ]

空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例って何?
イメージ

2016年4月の改正では、平成28年度税制改正大綱にある通りhttp://jimin.ncss.nifty.com/pdf/news/policy/131061_1...

[ 不動産の関心事 ]

埼玉県の液状化想定と減災プロジェクトマップを活用しよう
イメージ

地震で怖いのは建物の倒壊だけではありません。大地震の際よく報告される液状化現象県内では東日本大震災の際...

[ 住宅購入 ]

窓の断熱
イメージ

住宅インスペクション、また、リフォーム提案時に、よく、ご質問があるお話です。住宅の断熱で最優先すべきと...

[ 住宅購入 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ