プロフィール

原井啓介プロの一番の強み

資産価値が目減りしにくい不動産をアドバイス

「家は一生の買い物ではなく、変化するライフスタイルによって住み替えていくもの」という前提から、購入時と売却時の価格に差異のない物件購入を専門的な見地からアドバイス。

  • ■資格
  • 二級建築士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、測量士補、日本ホームインスペクター協会公認インスペクター(住宅診断士)、既存住宅アドバイザー 一般耐震技術認定者 2級建築施工管理技士 木造耐震診断資格者 木造耐震改修技術者 2級ファイナンシャル・プランイング技能士
  •  
  • ■所属
  • (社)埼玉県宅地建物取引業協会
  • (社)全国宅地建物取引業保証協会
  • (社)首都圏不動産公正取引協議会加盟
  • 日本木造住宅耐震補強事業者協同組合加盟店
  • (社)首都圏既存住宅流通推進協議会
  • 住宅瑕疵担保責任保険法人株式会社ハウスジーメン
  • リニュアル仲介加盟店
  • フラット35取次店
氏名 原井啓介(はらいけいすけ)
会社名 株式会社 建成
事業内容 不動産の売買、仲介、斡旋、賃貸、経営及び管理
不動産・建築プロジェクト等の資産に対する計画マネジメント及びコンサル、請負、受託
建物、建築物の増改築、及びリフォーム
リニュアル仲介
フラット35適合証明
ホームインスペクション(建物状況調査)
耐震診断 耐震改修
耐震基準適合証明書発行
既存住宅売買かし保険付保
取扱分野 資産価値が目減りしにくい住宅購入
住宅インスペクション
リフォーム
特徴 住宅購入前にホームインスペクション・耐震診断等を行い、特に強く不動産のデメリット情報を教えてくれます。また、耐震改修およびリフォーム費用の目安を同時に算出してくれます。バイヤーズエージェントに特化した事業者。
職種 不動産コンサルタント
住所 〒336-0931
埼玉県さいたま市緑区原山3-18-9 1F
電話 048-755-9400
営業時間 9:30~18:30
定休日 毎週水曜日
ホームページ http://kensei2009.co.jp/
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
原井啓介 はらいけいすけ

「中古物件+リノベーション」。資産価値が下がりにくい、これからの新時代マイホーム取得方法(1/3)

 「もはや、家は一生の買い物ではなく、変化するライフスタイルによって住み替えていくもの」と断言するのは、株式会社建成の代表取締役、原井啓介さん。近年、住宅は供給過剰にも関わらず、新築は次々に建てられています。そこで、敢えて新築ではなく、優良...

原井啓介プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

資産価値が目減りしにくい不動産をアドバイス

会社名 : 株式会社 建成
住所 : 埼玉県さいたま市緑区原山3-18-9 1F [地図]
TEL : 048-755-9400

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-755-9400

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

原井啓介(はらいけいすけ)

株式会社 建成

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

ホームインスペクションってすごい!

引渡し前に立会をお願いします。と告げられ。。何をどう見た...

W.S
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
仲介会社選んでますか?
イメージ

他社仲介案件にインスペクション事業者として、買主様から直接ご依頼をいただく機会が多くあります。補助金等利...

[ 住宅購入 ]

住宅購入にあるローン特約とは
イメージ

買主が住宅を購入する場合、即金で購入することは希であり、金融機関から融資を受けてこれを売買代金の一部に充当...

[ 住宅購入 ]

買付申込書(買付証明証)
イメージ

建成では、以前から買付申込証(買付証明)を発行した場合、資料画像にあるように、売主様・買主様が不利益を被ら...

[ 住宅購入 ]

宅建業法建物状況調査告知義務化(既存住宅状況調査)
イメージ

普段セミナーでもお伝えしている、宅地建物取引業法の改正インスペクション関連規定建物状況調査の結果が、平成3...

[ 不動産の関心事 ]

地盤リスク
イメージ

昨日放送されたNHKスペシャルとても勉強させていただきました。(画像はいずれもNHKスペシャルのものです。)...

[ 住宅購入 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ