コラム

 公開日: 2017-04-30  最終更新日: 2017-05-01

仲介会社選んでますか?

他社仲介案件にインスペクション事業者として、買主様から直接ご依頼をいただく機会が多くあります。
補助金等利用希望であった場合、制度内容、そのスキームの説明をいたします。スキームを間違うと補助等が受けられない場合もあるため、当然買主様の仲介業者に対しその要望を把握済みかどうかの確認をします。
8割近くの買主側の仲介業者は、【よくわからないので売主側仲介業者と直接やり取りをしてくれ】となります。

買主仲介会社から依頼のケースでは、説明を助言することはありますが、無責任な丸投げな言動はまずありません。

前者のように、エージェントとしての自覚や勉強が足らずに、業務ではなく、【子供の使い】になっている担当者によくお目にかかります。
バイヤーズエージェントとは、買主のための専属の代理人と言っても良いでしょう。
【買主のため】ですから、当然その責務を担わなければなりません。

売主・買主が諸条件で合意できれば契約となりますが、右も左もわからない買主が不動産取引において、妥当な要望や適切な交渉をするためには、不動産の専門家である仲介業者にゆだねるしかありません。
不動屋の看板を掲げていれば、消費者から見ればプロとして認識しますよね。
そのプロに諸条件交渉において【こういうものです】と断定された助言を受ければ、ほとんどの消費者は【そういうもの】と納得するしかないでしょう。
【買主のため】の自覚のない担当者に当たると、諸条件交渉等場面において、交渉材料を事前に把握していないため売主側の条件で話が進むことがほとんどです。

実務では売りに仲介、買いに仲介とそれぞれに業者が介在する場合には、売主側の仲介会社が重要事項説明書、契約書作成を担うことがほとんどです。一方が仲介会社が大手の場合は、ほぼ大手の仲介会社が契約書等を作成します。
重要事項説明書・契約書作成を行う者が確定していた場合、書類作成しなくていい、大手だから安心との理由から、法令調査もしない業者もいます。
※大手だから安心という理屈の意味が解りません。この時点でプロではありません。
売主側諸条件で進んだ場合、契約書等作成は売り側で行います。当然に売り側の仲介業者は、売主にとって良い条件で販売を任されているため、特約等諸条件も売主に有利な内容になるのは当たり前です。
このようなケースでは、ほぼ売り側の要望に沿って進み、当然買主にマイナスな取引になります。
最悪の場合、物件も見にも行かず、終始電話やり取りだけで、契約時に仲介判子を押して、ローン通して終わり。
これは、現実に起きていることです。


売り側1社のみの仲介業者しかいないケースでは、やはり、売り側の条件で進む(進めるしかない)ことがほとんどです。
しつこいですが、売り側の仲介業者は、依頼主である売主に【いい条件】での売却を託されています。
(希に根拠のない高額な金額、好条件を提示して、売主を誤認させ物件を預かっている業者もいますから。)

売り側優位


買主の業者は、対象物件の【価格の妥当性・根拠】、【エリアの街力・流動性】、【法令制限・建物の基準法違反の有無】、【想定される瑕疵調査依頼や調査の判断】、【ハザード関連資料の把握】ぐらいは最低限行ってもらいたい。
これらを買主側の仲介が把握することで、買主側の諸条件交渉も相手方にぶつけられます。
対等な取引をするためにも、不動産購入に必要なのは自身のバイヤーズエージェントを探すことです。

対等に交渉

物件(物件はどこの不動産屋にいっても同じ物件情報を取り扱っています。※事業者が公開しない物件は除く)探しよりも、優秀なエージェントを探しましょう。


イエシル不動産アドバイザーサイトでは自身にあったエージェントを複数紹介してくれます。※建成も登録していただいておりますのでご紹介(笑)


家を買うなら知っておきたい情報セミナー開催中です。


買ってはいけない物件がわかるアプリ、セルフィン

この記事を書いたプロ

株式会社 建成 [ホームページ]

宅地建物取引士 原井啓介

埼玉県さいたま市緑区原山3-18-9 1F [地図]
TEL:048-755-9400

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
原井啓介 はらいけいすけ

「中古物件+リノベーション」。資産価値が下がりにくい、これからの新時代マイホーム取得方法(1/3)

 「もはや、家は一生の買い物ではなく、変化するライフスタイルによって住み替えていくもの」と断言するのは、株式会社建成の代表取締役、原井啓介さん。近年、住宅は供給過剰にも関わらず、新築は次々に建てられています。そこで、敢えて新築ではなく、優良...

原井啓介プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

資産価値が目減りしにくい不動産をアドバイス

会社名 : 株式会社 建成
住所 : 埼玉県さいたま市緑区原山3-18-9 1F [地図]
TEL : 048-755-9400

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-755-9400

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

原井啓介(はらいけいすけ)

株式会社 建成

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

資産価値を意識して住宅購入の認識が大きく変わりました!

30歳で結婚、その後子供にも恵まれ、家を買おう!と決心し早3...

N・K
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(8

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
住宅購入にあるローン特約とは
イメージ

買主が住宅を購入する場合、即金で購入することは希であり、金融機関から融資を受けてこれを売買代金の一部に充当...

[ 住宅購入 ]

買付申込書(買付証明証)
イメージ

建成では、以前から買付申込証(買付証明)を発行した場合、資料画像にあるように、売主様・買主様が不利益を被ら...

[ 住宅購入 ]

宅建業法建物状況調査告知義務化(既存住宅状況調査)
イメージ

普段セミナーでもお伝えしている、宅地建物取引業法の改正インスペクション関連規定建物状況調査の結果が、平成3...

[ 不動産の関心事 ]

地盤リスク
イメージ

昨日放送されたNHKスペシャルとても勉強させていただきました。(画像はいずれもNHKスペシャルのものです。)...

[ 住宅購入 ]

インスペクションのタイミングって?
イメージ

不動産売買目的のための、インスペクションを行うタイミングは、売買契約前です!主な検査対象は下記の3つ(...

[ 住宅購入 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ