コラム

 公開日: 2017-04-22  最終更新日: 2017-05-19

宅建業法建物状況調査告知義務化(既存住宅状況調査)

普段セミナーでもお伝えしている、宅地建物取引業法の改正インスペクション関連規定建物状況調査の結果が、平成30年4月1日より既存住宅(中古)の取引における重要事項の説明対象になります。

※重要事項説明とは宅建業者が、宅地、建物の売買、交換、賃貸等の相手側(買主・借主)の取引当事者に対して、契約成立までに、取引をしようとしている不動産・取引条件等、一定の重要な事項について、書面を交付して宅地建物取引士に説明をさせること。
 実務では、契約当日に行われています。「重説」とは、この重要事項説明のことを指します。

大まかな流れはこちら※国土交通省HPより

国土交通省資料より1


①媒介契約締結時※媒介契約とは、売りたい・買いたい・貸したい・借りたい等、の場面で当事者のために窓口となる不動産業者との契約をいいます。
宅建事業者がインスペクション(建物状況調査)を【行う】【行わない】を示してくれます。【行う】と意思表示をした場合は、事業者は斡旋します。

②重要事項説明時
建物状況調査に基づいた報告書を、重要事項説明時に宅建士が説明を行います。

③売買契約締結時
建物の現況を売主・買主がお互いに確認して、その内容を書面にしたものを宅建事業者が書面交付します。

主な効果として
①インスペクション(建物状況調査)の普及
②建物の状況を確認し、購入判断材料およびかし保険の普及
③引渡し後のトラブル回避

を上げています。


建物状況調査を行えるのは、建築士(1級、2級、木造)の資格者で、国土交通省既存住宅状況調査技術者講習を終えたものでなくてはなりません。
既存住宅状況調査は住宅の劣化事象等の有無を確認することが目的であり、新耐震基準に適合する(昭和56年6月1日以降に建築確認証の交付を受けた)ことを書面にて確認することを求められています。

国土交通省資料より2

建物状況調査報告につき、説明するのは宅建仕です。
宅建士も報告が正しく行えるように、建物等の知識が必要になります。



顧客に寄り添うエージェント型仲介業顧客に寄り添うエージェント型仲介業を目指している事業者の対応は、早いですが、いまだ、この法改正の情報を知らない宅建事業者もいるのも事実です。。

【家を買うなら知っておきたい情報セミナ―】 http://kensei2009.co.jp/semina受付中です。(さいたま市内)
インスペクションをご依頼の方

この記事を書いたプロ

株式会社 建成 [ホームページ]

宅地建物取引士 原井啓介

埼玉県さいたま市緑区原山3-18-9 1F [地図]
TEL:048-755-9400

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
原井啓介 はらいけいすけ

「中古物件+リノベーション」。資産価値が下がりにくい、これからの新時代マイホーム取得方法(1/3)

 「もはや、家は一生の買い物ではなく、変化するライフスタイルによって住み替えていくもの」と断言するのは、株式会社建成の代表取締役、原井啓介さん。近年、住宅は供給過剰にも関わらず、新築は次々に建てられています。そこで、敢えて新築ではなく、優良...

原井啓介プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

資産価値が目減りしにくい不動産をアドバイス

会社名 : 株式会社 建成
住所 : 埼玉県さいたま市緑区原山3-18-9 1F [地図]
TEL : 048-755-9400

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-755-9400

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

原井啓介(はらいけいすけ)

株式会社 建成

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

不動産購入に理由ができました。

自分はいったい、いくらまで借りれるのか? 月々の支払いはこ...

沢口
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
人口減少問題を理解することが重要
イメージ

2018年も昨年同様よろしくお願いします。さて、本年度より建物状況調査(インスペクション)に関する告知が義務...

[ 住宅購入 ]

耐震基準適合証明書と住宅ローン控除
イメージ

この時期になると問い合わせが増える耐震基準適合証明書木造等の非耐火建築物では築20年以内 マンション等の耐...

[ 住宅購入 ]

変動型金利のリスク
イメージ

変動型金利を選択した場合に適用される以下のルールをご存知でしょうか?①【5年ルール】②【125%ルール】そ...

[ 住宅購入 ]

既存不適格建築物とは?
イメージ

【建築】とは、建築物を「新築」・「増築」・「改築」または「移転」する行為のことです。土地に「定着」してい...

[ 住宅購入 ]

仲介会社選んでますか?
イメージ

他社仲介案件にインスペクション事業者として、買主様から直接ご依頼をいただく機会が多くあります。補助金等利...

[ 住宅購入 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ