コラム

 公開日: 2016-08-24  最終更新日: 2016-12-02

本業を忠実に手堅く守っていく経営姿勢の確立。最も新しい経営感覚を取り入れて、経営を継続している

 先日、日経新聞の社説で「バブル懸念ぬぐえぬ賃貸住宅の増加」の見出しで賃貸住宅建設が増えていると指摘し、そのきっかけは2015年1月の相続税の増税だった。国土交通省によると、昨年の貸家の着工戸数は前年よりも4.6%増えた。今年に入っても6月までの累計で前年同期を8.7%上回っていると。(日本経済新聞社2016.818朝刊)

 ところで表題に上げた「絶対知っておくべき会社がつぶれないための教訓」を述べていく前段階で、まず1990年にバブル崩壊が起きた事態をみながら進めていきたいと思います。

バブル崩壊は1990年1月以降である。その前年1989年12/29・日経平均株価の終値は、史上最高値3万8千9百15円を付けた。その翌年1990年1月冒頭から株価は大幅に急落していく。さらに、1991年には土地価額も急落。土地神話が崩壊した。土地は2002年度以降も下落し、その後も都市の中心地は持ち直した地域もありが、大方下落傾向で推移している。

 バブル崩壊する絶頂時までに、一部企業はこの時ばかりとゴルフ会員権の購入に始まって、株式投資、不要不急の土地の売買、絵画・貴金属などを買い漁った。その後の買値価額は半額か、3分1、ゴルフ会員権にいたってはゼロに近いものもでた。この熱狂時の資産購入で損害を受けた企業はかなりのものと推察された。一流銀行なども赤字経営に陥り政府資金で立ち直ったところが多くみられた。

 以降、日本経済は一進一退を続け長いデフレ経済が続いている。日銀は3年前に消費者物価2%上昇見込んだが、現在にいたるまで目標は達成されていません。さらに日銀はマイナス金利政策を実行したが、思った成果はえられていないとみるべきだ。昨今、都市銀行や地方銀行などでも収益減収にみまわれているようだ。

 だが、これから見る老舗企業等では、バブル時において馬鹿だと言われながらも、本業以外の資産購入に手を出さず、ひたすら本業に精を出してきた企業がおおくみられた。会社をつぶさないために家訓や企業理念にしっかりうたわれていて、儲かるからと言って簡単に手を出さなかった。本業を忠実に手堅く守っていく、立派な経営姿勢が確立していたのである。以下幾つかの企業をご紹介していきたいと思います。

事例1A和菓子総本舗は150年の業績を持つ老舗。

当社のH社長に「わが社の経営」を語ってもらった。一つは、わが社は時代感覚を先取りした積み重ね。古い商法をしているのではなく、その都度、最もその時代に適応した、あるいはその時代を先取りした商法、つまりその時、最も新しい経営感覚を取り入れて、経営を継続している。「創造なきのれんは真の暖簾ではない」と明言する。

事例2
新商法で築いた三越創業者であり、後の三井財閥を築いた三井高利。

 ところで途中だが、時代感覚を先取りし、新しい発想で当時の常識を打ち破る、小売業の革命ともいうべき「現金掛け値なし」「店頭販売」を打ち出した三井高利の偉大な創業者のことにふれておこう。

次回に続く
革命的新商法で「現金掛け値なし」で大繁盛。

この記事を書いたプロ

金子勇経営コンサルティング事務所

経営コンサルタント 金子勇

埼玉県さいたま市緑区原山2-20-11 [地図]
TEL:048-881-0941

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ベンチャー起業支援

■ 実績・「飲食レストラン店」のベンチャー起業開店で、起業者B氏から事業計画書等の作成依頼を受けました。特に「飲食レストラン店」では開店前の事前準備調査に...

企業再生支援

■ 実績・「海産物問屋」で創業者の経営努力で堅実経営を全うしてきたが、2代目の事業継続者は認知症を患い経営に支障をきたす。過去の決算報告書をつぶさに経営診...

 
このプロの紹介記事
金子勇経営コンサルティング事務所の金子勇さん、プロフィール画像

商工会議所での仕事を通じ、多くの経営事例に携わり経験豊富(1/3)

 経営コンサルタントの金子勇さんは、笑顔がすてきな優しい雰囲気の方。溌剌としてとても70代とは思えない若々しさです。 金子さんは、大手百貨店に入社し商売の基本を習得されました。その後、経営コンサルタントを目指します。 東京商工会議所に入...

金子勇プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

長年の経験と事例を活かし、実践的な経営指導を行います。

会社名 : 金子勇経営コンサルティング事務所
住所 : 埼玉県さいたま市緑区原山2-20-11 [地図]
TEL : 048-881-0941

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-881-0941

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金子勇(かねこいさむ)

金子勇経営コンサルティング事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
起業・創業を成功するために、欠かせないのが「事業計画書」を作成することです。その書き方について。

1事業計画書(ビジネスプラン)の必要性 「一回目」事業計画書の作成は起業する前に夢やアイデアを文章化し数...

[ 事業計画書(ビジネスプラン)の必要性 ]

前回、中小企業において強い会社をつくるには「社長は社長業に専念する」ことだ。と述べたが

その社長業について述べます。第一回かつての日本経済のように右肩上がりの成長社会における企業経営では、内...

[ 中小企業の社長は社長業に専念すること ]

大人気の中小企業(小規模事業者)向け補助金登場。積極的に挑戦しよう。

販路開拓をお考えの小規模事業者に50万円の補助金が出ます。経営計画に基づいて実施する販路開拓等の取り組み...

[ 大人気の小規模事業者向け補助金登場。 ]

小売店の売上高苦境鮮明・日経DI「支出」、5年半ぶり低水準

(1)小売り、サービスなど消費関連の企業も顧客の変化を感じている。日本経済新聞社が四半期ごとに調べている「日...

[ 小売店の売上高苦境鮮明 ]

起業・創業をしたいが、「資金」「手続き」などについて分からない人が結構多い。

そこで、起業・創業について成功させる条件を述べて行きたいと思います。第一 起業・創業をしたいあなたの動...

[ 起業・創業・育てる社会へ ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ