取材後記

和歌山県小5殺害事件 2015.2.7.

2015年2月5日、和歌山県紀の川市で小5男児殺害事件が発生しました。
事件の取材協力要請に伴い、現地調査を行いましたので、気づいたことをまとめます。

■小学校に近い閑静な住宅街
犯行現場は、殺害された男児の通う小学校から、800m程度の場所です。国道から紀の川へ通じる生活道路を入り、田畑が点在する住宅街を通り抜けた、閑静な住宅街の一角で凄惨な事件は発生しました。

現場に入り、最初に感じたものは「なぜ?」という疑問でした。国道から小学校脇の生活道路へ入り、子どもたちと挨拶を交わしながら住宅街の中を進みました。田畑で農作業に精を出す人や疎らですが行き交う人もいる、こんな穏やかな場所で、本当に凄惨な事件が発生したのだろうか。そんな思いにさせるほど、日本中どこにでもある郊外の住宅地です。国道の入り口からは旧家も点在し、紀の川へ向け徐々に宅地造成されたようで、先に進むにつれ建物が新しくなっていきます。現場周辺は、40年ほど前に造成され、近所付き合いの絶えない様子も窺えました。

点在する田畑の中には、暫く手が入っていない様子で、荒地の様相を呈していました。また、行き止まりの路地が多く、計画的な土地開発ではないことも窺えます。

■犯行現場は住宅脇の空き地
凄惨な犯行の現場になった場所は、男児の住まいから一軒はさんだ宅地造成された空き地で、草が生い茂り、日常では気に留めない死角です。

犯罪者の選ぶ犯行場所は、人の目が無く、欲求を満たすにあたって邪魔の入らない場所です。俗にいう「死角」です。「死角」とは、目の届かない物陰だけではなく、人通りの少ない道や手入れされていない空き地なども指します。遮蔽物の無い場所でも、目を向けない(見ない)ことから物陰と同様です。
犯行のあった夕刻というのは、暗くなり始めで見落としの多くなる時間でもあり、交通事故が増える時間でもあります。また、夕食の買い物などで留守宅が増え、空き巣被害も増えつつあります。

見えない、見ない、見えにくいは、犯罪を企む者にとって絶好の機会です。また、見えにくいは、私たちにとっても交通事故を始め、階段の踏み外し、つまずきの原因でもありますので、注意が必要です。

■環境防犯と情報の共有化
現場周辺は、ガーデニングを楽しむ家庭もあり、足元の清掃も行き届いた清閑な雰囲気です。しかし、頭上へ目を向けると、街灯は点灯するものの、保護カバーは無くなり器具の古さも気になりました。

地域で取組む防犯対策として、環境防犯設計(CPTED)という考え方があります。犯罪をねじ伏せる対策ではなく、犯罪の機会を減らす対策です。そして、費用の掛からない対策でもあります。
犯罪者が好む場所(環境)は、人の関心が薄い場所です。道に吸い殻やゴミが落ちている(ゴミ集積所は一目瞭然)、塀や壁の破損や落書き、敷地外へ伸びすぎた植栽、街灯や標識など公共設備の破損、草が生い茂る空き地などが、関心の薄いことを物語ります。人の関心は、犯罪者にとって「捕まる」ことを連想させ、犯行を躊躇させる効果があります。
また、美化運動など地域ぐるみの活動が盛んな地域では、子どもたちの規範意識が高く、犯罪の発生率が低いことも実証されています。


この事件は、閑静な住宅街の中で、児童が犠牲になったことで注目を集め、犯行手口と近隣住民の逮捕で、恐怖と怒りや悲しみなど複雑な感情を抱くものでした。
もし、自分の住む場所で同じことが起きたら…。想像したくありませんが、今、出来る事を始めるしかありません。事件や事故は、誰かに感情をぶつけるだけでは、心の解決が図れません。予防にどれだけ尽力したかは、後悔を和らげる効果もあります。

神田正範(犯罪に詳しく防犯を多角的に解説する対話型セミナー講師)

リスクマネージメントサービス神田屋

  • 電話:048-711-5380 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:8:00~20:00 ※犯罪被害の緊急相談は24時間
  • 定休日:無休

このプロに問い合わせたい

最近投稿されたコラムを読む
メディア掲載・出演

2014.2.8放送 日本テレビ「真相報道バンキシャ!」にコメント出演しました。和歌山県小5殺害事件に伴い、現地取材及び子どもたちを守る防犯対策についてコメント出...

取材後記

2015年2月5日、和歌山県紀の川市で小5男児殺害事件が発生しました。事件の取材協力要請に伴い、現地調査を行いましたので、気づいたことをまとめます。■小...

 
このプロの紹介記事
危機管理のプロ 神田正範さま

少しの気遣いや考え方で、今日から防犯意識が変わる!防犯意識が変われば、より明るく心地よい毎日に!(1/3)

 安全で安心な暮らし、犯罪被害を減らすことを目指す、リスクマネージメントサービス神田屋。代表の神田正範さんは、セキュリティーアドバイザーとして防犯対策の設計・施工・管理を請け負うとともに、セミナー・講座講師として活躍。穏やかな人柄でありなが...

神田正範プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

安全業界30年超!即実行できる防犯セミナーで明るい毎日を

屋号 : リスクマネージメントサービス神田屋
住所 : 埼玉県上尾市上1110-4 [地図]
TEL : 048-711-5380

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-711-5380

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神田正範(かんだまさのり)

リスクマネージメントサービス神田屋

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
被害者は証拠のひとつ!?犯罪被害者に対する考え方
イメージ

 人それぞれの意識や感情と事件の真実 近年、犯罪被害者やその家族の「知る権利」が注目されるようになりま...

[ 生活の防犯 ]

子どもを守る家族の信頼と絆
イメージ

 子どもへの心配は被害だけではない 近年、子どもたちを取り巻く環境の変化を、実感する人も少なくないと思...

[ 子どもの防犯 ]

通学路の防犯カメラがもたらす安全と危険
イメージ

 防犯カメラの役割と効果 近年、防犯カメラの普及には目覚しいものがあります。また、容疑者逮捕の有力な手...

[ 子どもの防犯 ]

侵入者の目的は金品だけではない!?
イメージ

 侵入者の目的と侵入手口 住まいの防犯を考えるときに、真っ先に思い浮かぶのが「空き巣」ではないでしょう...

[ 住まいの防犯 ]

諦める技術 ≪提唱/その2≫
イメージ

 「諦める」ことは大きな第一歩 「諦める」という言葉から何が連想できますか。「仕方ない…」「やめよう…」...

[ 自己紹介 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ