取材後記

子どもの連れ去り事件の多発 2014.10.4.~6.

2014年、子どもの連れ去り事件が相次ぎ、11月には100件を上回り、前年より増加しています。
「子どもの防犯対策」についての依頼に伴い、埼玉県南部の小学校を中心に通学路、公園(遊び場)、子どもの防犯意識について調査・診断を行いましたので、気づいたことをまとめます。

■通学路の危険と安全
学校から指定された通学路と学区内すべての道を調査し、子どもとその家族の皆さんと徒歩で検証しました。

子どもたちは、危険な場所を詳しく知っています。自分なりに「危険」を解釈し、防御策を講じていることに驚かされました。日頃の学校や家庭での注意喚起が、功を奏していると実感できます。しかし、見逃せないのが「経験」と「自覚」です。犯罪者の手口になぞって質問を投げかけると「正義感」や「道徳心」が思いがけないハードルとなって立ち塞がります。道で蹲り、病気やケガを装う犯罪者を見かけても、真偽を見極める「経験」は子どもたちにありません。しかし、困った人を助けることは「道徳」で常識です。また、成長を促すための「自分でやりなさい」は、そのさじ加減が子どもたちには理解できません。つまり、両親を始め大人に誉めてもらいたい子どもたちは、困った人を見かけたとき「自分で助ける」ことを真っ先に考えてしまいます。大人を助けるだけの技量を持たない「社会的弱者」である「自覚」が薄く、「責任感」が強い表れでもあります。

子どもたちへの防犯教育は、「道徳」と同時に行い、過度の「期待」を持たない、持たせない事が重要であることを痛感しました。

■公園の危険と安全
子どもたちが指定する公園とその周辺を調査し、子どもとその家族の皆さんと検証しました。

事前に、子どもたちに「よく遊ぶ公園」と「あぶない公園」をアンケートで選んでもらい、調査しました。アンケート結果では、意外にも「よく遊ぶ」と「あぶない」が子どもによって異なり、Aさんの「よく遊ぶ」がBさんの「あぶない」であることが判りました。実際に調査してみると「危ない公園」には、犯罪者が近づきやすく、隠れる場所、紛れる場所があり、選ばれなかった公園に大きな危険が潜んでいることが、周辺住民への聞き取りで明らかになりました。

検証の段階で、子どもたちに選んだ理由を尋ねると「危ない公園」は、家族から注意喚起されていることが判り、「よく遊ぶ公園」は、大勢の子どもが遊んでいるからが大半の答えでした。子どもたちが選んでいる「安全」は、家族の注意と多数決であり、「知らない安心」という危険な習慣が窺えます。前述の選ばれなかった公園の大きな危険が裏付けになります。この公園は、樹木の手入れが行き届いておらず、大人には圧迫感を与え長時間の滞在が苦痛に感じますが、体の小さな子どもたちは違和感さえ得られないでしょう。また、粗大ゴミの集積所に指定され、最長1ヶ月間放置されることも稀ではありませんでした。そして、子どもたちが集う場所であり、子どもを狙う犯罪者にとっては格好の場所と言え、遊具の中に不審者が隠れていたという事実も発覚しました。このような事実は、知れば恐怖を感じ、知らなければ安心です。

環境が犯罪者を招き、知らない事が、子どもたちを危険に晒している確証が得られました。

■子どもたちの防犯意識
クイズ形式で、道徳と防犯の違いを子どもたちと学びました。

クイズは、道徳を犯行手口にかけた内容で、所謂「ひっかけ問題」です。10問を用意して挑みましたが、子どもたちは興味深い反応を示してくれました。始まりの3問目ぐらいまでは楽しみながら進みましたが、徐々に出題の傾向を意識する子どもが現れ、後半に差し掛かるころには多数決に従う子どもが表れ始めました。クイズが進むにつれ、問題の内容は高度化していきます。すると、自分の意見を主張する子どもが現れ、同時に反対意見が飛び出し、議論が始まってしまったのです。

防犯教育の要は、自分で気づくことです。厳しく聞こえるかも知れませんが、肉体的弱者である子どもたちの命は、犯罪に巻き込まれた時、犯罪者に委ねていることが現実です。頭で覚える学問は、いずれ忘れます。しかし、気づきは、身について進化はしても忘れられないものです。この気づきを利用した防犯教育こそが、子どもたちを守る最良の手段です。つまり、前述の「議論」は、正誤を決めるものではなく、多くの意見を集め、知恵を出し合う場として、見守らなければなりません。議論の中から生まれた答えは、子どもたちの気づきが与えたもので、必ず身につきます。

子どもたちの防犯対策は、道徳教育を覆すものが多く、目に涙を浮かべる子どもの純粋な姿が忘れられません。
自分の欲求を満たす為に、純粋な心に付入る犯罪者は、憎むべき存在と言っても過言ではありません。


子どもたちの持つ不審者情報や体験した危険を、学校職員が細かく把握していて感心させられました。しかし、家庭では関心は有るものの、子どもたちの情報をあまり知らないことに驚かされました。今年1月に発生(2月に現職警察官を検挙)した、群馬県吉岡町の小4女児連れ去り未遂事件から学べるように、子どもを犯罪から守れるのは家族と家庭環境です。頭で学ぶ防犯知識も実践できる芯(軸)が備わってなければ、役に立ちません。子どもたちの芯(軸)となる家庭環境を見直してみませんか。

神田正範(犯罪に詳しく防犯を多角的に解説する対話型セミナー講師)

リスクマネージメントサービス神田屋

  • 電話:048-711-5380 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:8:00~20:00 ※犯罪被害の緊急相談は24時間
  • 定休日:無休

このプロに問い合わせたい

最近投稿されたコラムを読む
メディア掲載・出演

2014.2.8放送 日本テレビ「真相報道バンキシャ!」にコメント出演しました。和歌山県小5殺害事件に伴い、現地取材及び子どもたちを守る防犯対策についてコメント出...

取材後記

2015年2月5日、和歌山県紀の川市で小5男児殺害事件が発生しました。事件の取材協力要請に伴い、現地調査を行いましたので、気づいたことをまとめます。■小...

 
このプロの紹介記事
危機管理のプロ 神田正範さま

少しの気遣いや考え方で、今日から防犯意識が変わる!防犯意識が変われば、より明るく心地よい毎日に!(1/3)

 安全で安心な暮らし、犯罪被害を減らすことを目指す、リスクマネージメントサービス神田屋。代表の神田正範さんは、セキュリティーアドバイザーとして防犯対策の設計・施工・管理を請け負うとともに、セミナー・講座講師として活躍。穏やかな人柄でありなが...

神田正範プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

安全業界30年超!即実行できる防犯セミナーで明るい毎日を

屋号 : リスクマネージメントサービス神田屋
住所 : 埼玉県上尾市上1110-4 [地図]
TEL : 048-711-5380

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-711-5380

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神田正範(かんだまさのり)

リスクマネージメントサービス神田屋

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
被害者は証拠のひとつ!?犯罪被害者に対する考え方
イメージ

 人それぞれの意識や感情と事件の真実 近年、犯罪被害者やその家族の「知る権利」が注目されるようになりま...

[ 生活の防犯 ]

子どもを守る家族の信頼と絆
イメージ

 子どもへの心配は被害だけではない 近年、子どもたちを取り巻く環境の変化を、実感する人も少なくないと思...

[ 子どもの防犯 ]

通学路の防犯カメラがもたらす安全と危険
イメージ

 防犯カメラの役割と効果 近年、防犯カメラの普及には目覚しいものがあります。また、容疑者逮捕の有力な手...

[ 子どもの防犯 ]

侵入者の目的は金品だけではない!?
イメージ

 侵入者の目的と侵入手口 住まいの防犯を考えるときに、真っ先に思い浮かぶのが「空き巣」ではないでしょう...

[ 住まいの防犯 ]

諦める技術 ≪提唱/その2≫
イメージ

 「諦める」ことは大きな第一歩 「諦める」という言葉から何が連想できますか。「仕方ない…」「やめよう…」...

[ 自己紹介 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ