取材後記

和歌山県小5殺害事件 2015.2.7.

2015年2月5日、和歌山県紀の川市で小5男児殺害事件が発生しました。
事件の取材協力要請に伴い、現地調査を行いましたので、気づいたことをまとめます。

■小学校に近い閑静な住宅街
犯行現場は、殺害された男児の通う小学校から、800m程度の場所です。国道から紀の川へ通じる生活道路を入り、田畑が点在する住宅街を通り抜けた、閑静な住宅街の一角で凄惨な事件は発生しました。

現場に入り、最初に感じたものは「なぜ?」という疑問でした。国道から小学校脇の生活道路へ入り、子どもたちと挨拶を交わしながら住宅街の中を進みました。田畑で農作業に精を出す人や疎らですが行き交う人もいる、こんな穏やかな場所で、本当に凄惨な事件が発生したのだろうか。そんな思いにさせるほど、日本中どこにでもある郊外の住宅地です。国道の入り口からは旧家も点在し、紀の川へ向け徐々に宅地造成されたようで、先に進むにつれ建物が新しくなっていきます。現場周辺は、40年ほど前に造成され、近所付き合いの絶えない様子も窺えました。

点在する田畑の中には、暫く手が入っていない様子で、荒地の様相を呈していました。また、行き止まりの路地が多く、計画的な土地開発ではないことも窺えます。

■犯行現場は住宅脇の空き地
凄惨な犯行の現場になった場所は、男児の住まいから一軒はさんだ宅地造成された空き地で、草が生い茂り、日常では気に留めない死角です。

犯罪者の選ぶ犯行場所は、人の目が無く、欲求を満たすにあたって邪魔の入らない場所です。俗にいう「死角」です。「死角」とは、目の届かない物陰だけではなく、人通りの少ない道や手入れされていない空き地なども指します。遮蔽物の無い場所でも、目を向けない(見ない)ことから物陰と同様です。
犯行のあった夕刻というのは、暗くなり始めで見落としの多くなる時間でもあり、交通事故が増える時間でもあります。また、夕食の買い物などで留守宅が増え、空き巣被害も増えつつあります。

見えない、見ない、見えにくいは、犯罪を企む者にとって絶好の機会です。また、見えにくいは、私たちにとっても交通事故を始め、階段の踏み外し、つまずきの原因でもありますので、注意が必要です。

■環境防犯と情報の共有化
現場周辺は、ガーデニングを楽しむ家庭もあり、足元の清掃も行き届いた清閑な雰囲気です。しかし、頭上へ目を向けると、街灯は点灯するものの、保護カバーは無くなり器具の古さも気になりました。

地域で取組む防犯対策として、環境防犯設計(CPTED)という考え方があります。犯罪をねじ伏せる対策ではなく、犯罪の機会を減らす対策です。そして、費用の掛からない対策でもあります。
犯罪者が好む場所(環境)は、人の関心が薄い場所です。道に吸い殻やゴミが落ちている(ゴミ集積所は一目瞭然)、塀や壁の破損や落書き、敷地外へ伸びすぎた植栽、街灯や標識など公共設備の破損、草が生い茂る空き地などが、関心の薄いことを物語ります。人の関心は、犯罪者にとって「捕まる」ことを連想させ、犯行を躊躇させる効果があります。
また、美化運動など地域ぐるみの活動が盛んな地域では、子どもたちの規範意識が高く、犯罪の発生率が低いことも実証されています。


この事件は、閑静な住宅街の中で、児童が犠牲になったことで注目を集め、犯行手口と近隣住民の逮捕で、恐怖と怒りや悲しみなど複雑な感情を抱くものでした。
もし、自分の住む場所で同じことが起きたら…。想像したくありませんが、今、出来る事を始めるしかありません。事件や事故は、誰かに感情をぶつけるだけでは、心の解決が図れません。予防にどれだけ尽力したかは、後悔を和らげる効果もあります。

この記事のURL

子どもの連れ去り事件の多発 2014.10.4.~6.

2014年、子どもの連れ去り事件が相次ぎ、11月には100件を上回り、前年より増加しています。
「子どもの防犯対策」についての依頼に伴い、埼玉県南部の小学校を中心に通学路、公園(遊び場)、子どもの防犯意識について調査・診断を行いましたので、気づいたことをまとめます。

■通学路の危険と安全
学校から指定された通学路と学区内すべての道を調査し、子どもとその家族の皆さんと徒歩で検証しました。

子どもたちは、危険な場所を詳しく知っています。自分なりに「危険」を解釈し、防御策を講じていることに驚かされました。日頃の学校や家庭での注意喚起が、功を奏していると実感できます。しかし、見逃せないのが「経験」と「自覚」です。犯罪者の手口になぞって質問を投げかけると「正義感」や「道徳心」が思いがけないハードルとなって立ち塞がります。道で蹲り、病気やケガを装う犯罪者を見かけても、真偽を見極める「経験」は子どもたちにありません。しかし、困った人を助けることは「道徳」で常識です。また、成長を促すための「自分でやりなさい」は、そのさじ加減が子どもたちには理解できません。つまり、両親を始め大人に誉めてもらいたい子どもたちは、困った人を見かけたとき「自分で助ける」ことを真っ先に考えてしまいます。大人を助けるだけの技量を持たない「社会的弱者」である「自覚」が薄く、「責任感」が強い表れでもあります。

子どもたちへの防犯教育は、「道徳」と同時に行い、過度の「期待」を持たない、持たせない事が重要であることを痛感しました。

■公園の危険と安全
子どもたちが指定する公園とその周辺を調査し、子どもとその家族の皆さんと検証しました。

事前に、子どもたちに「よく遊ぶ公園」と「あぶない公園」をアンケートで選んでもらい、調査しました。アンケート結果では、意外にも「よく遊ぶ」と「あぶない」が子どもによって異なり、Aさんの「よく遊ぶ」がBさんの「あぶない」であることが判りました。実際に調査してみると「危ない公園」には、犯罪者が近づきやすく、隠れる場所、紛れる場所があり、選ばれなかった公園に大きな危険が潜んでいることが、周辺住民への聞き取りで明らかになりました。

検証の段階で、子どもたちに選んだ理由を尋ねると「危ない公園」は、家族から注意喚起されていることが判り、「よく遊ぶ公園」は、大勢の子どもが遊んでいるからが大半の答えでした。子どもたちが選んでいる「安全」は、家族の注意と多数決であり、「知らない安心」という危険な習慣が窺えます。前述の選ばれなかった公園の大きな危険が裏付けになります。この公園は、樹木の手入れが行き届いておらず、大人には圧迫感を与え長時間の滞在が苦痛に感じますが、体の小さな子どもたちは違和感さえ得られないでしょう。また、粗大ゴミの集積所に指定され、最長1ヶ月間放置されることも稀ではありませんでした。そして、子どもたちが集う場所であり、子どもを狙う犯罪者にとっては格好の場所と言え、遊具の中に不審者が隠れていたという事実も発覚しました。このような事実は、知れば恐怖を感じ、知らなければ安心です。

環境が犯罪者を招き、知らない事が、子どもたちを危険に晒している確証が得られました。

■子どもたちの防犯意識
クイズ形式で、道徳と防犯の違いを子どもたちと学びました。

クイズは、道徳を犯行手口にかけた内容で、所謂「ひっかけ問題」です。10問を用意して挑みましたが、子どもたちは興味深い反応を示してくれました。始まりの3問目ぐらいまでは楽しみながら進みましたが、徐々に出題の傾向を意識する子どもが現れ、後半に差し掛かるころには多数決に従う子どもが表れ始めました。クイズが進むにつれ、問題の内容は高度化していきます。すると、自分の意見を主張する子どもが現れ、同時に反対意見が飛び出し、議論が始まってしまったのです。

防犯教育の要は、自分で気づくことです。厳しく聞こえるかも知れませんが、肉体的弱者である子どもたちの命は、犯罪に巻き込まれた時、犯罪者に委ねていることが現実です。頭で覚える学問は、いずれ忘れます。しかし、気づきは、身について進化はしても忘れられないものです。この気づきを利用した防犯教育こそが、子どもたちを守る最良の手段です。つまり、前述の「議論」は、正誤を決めるものではなく、多くの意見を集め、知恵を出し合う場として、見守らなければなりません。議論の中から生まれた答えは、子どもたちの気づきが与えたもので、必ず身につきます。

子どもたちの防犯対策は、道徳教育を覆すものが多く、目に涙を浮かべる子どもの純粋な姿が忘れられません。
自分の欲求を満たす為に、純粋な心に付入る犯罪者は、憎むべき存在と言っても過言ではありません。


子どもたちの持つ不審者情報や体験した危険を、学校職員が細かく把握していて感心させられました。しかし、家庭では関心は有るものの、子どもたちの情報をあまり知らないことに驚かされました。今年1月に発生(2月に現職警察官を検挙)した、群馬県吉岡町の小4女児連れ去り未遂事件から学べるように、子どもを犯罪から守れるのは家族と家庭環境です。頭で学ぶ防犯知識も実践できる芯(軸)が備わってなければ、役に立ちません。子どもたちの芯(軸)となる家庭環境を見直してみませんか。

この記事のURL

東日本大震災 2011.3.11.~5.31.

2011年3月11日14時46分、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)が発生しました。
埼玉県北部を中心に、広範囲で被災状況などを調査しましたので、気づいたことをまとめます。

■保全措置は自宅だけではなく類焼も防ぐ
近隣や知人宅では、ライフラインの確認や復旧を急いで行っていました。気が動転した中での作業は、思わぬ事故に繋がるので、焦らず家屋の破損個所を確認してから、確認や復旧作業を行います。

大きな地震が発生した場合、まず何をすべきでしょうか。1995年(平成7年)の「阪神淡路大震災(兵庫県南部地震)」を契機に火の始末から身を守ることへ変移しました。背景には、建物倒壊や家具の転倒による圧死が大半を占めたことと、マイコンメーターの普及に伴い、火災の原因であるガスの供給を自動で停止できることがあります。しかし、東日本大震災では、電気ストーブを代表に電化製品からの出火が相次ぎました。原因は、地震による停電が復旧したときに、揺れで落下した本や衣類などに引火、転倒した家具などが配線コードを圧迫してショートしたなどが挙げられています。

地震による火災は、揺れの直後とは限りません。片付けが終わるまでや避難など自宅を離れる場合は、保全措置を行うことが大切です。また、復旧した後も暫くは、異音や匂いなどに注意を払います。

保全措置:余震による二次災害を回避する措置
 ・電気のOFF(ブレーカーで行います)
 ・ガスの閉栓(プロパンガスではボンベで閉栓します)
 ・水道の閉栓(水道メーターで閉栓します)
 ※避難など自宅を離れる場合は、必ず行いましょう。

■帰宅困難と徒歩による移動の危険
震災当日の深夜、東京方面から北へ歩く人の姿を多く見ました。グループを形成して歩く人、グループではないが追随して歩く人、ひとりで歩く人と様々でした。

大きな地震の後、交通網は一時ストップします。また、余震の発生など、復旧には相当の時間を要しますので、慌てず、その場に留まることが安全です。人が集中する東京都では、各職場へ水や食料の備蓄を呼びかけ、一時滞在施設を準備していますので、ホームページなどでご確認ください。また、隣接する他県の被害状況が判らない状態での移動は、二次災害の可能性も十分に考慮しなければなりません。

徒歩による移動は、困難と危険が伴います。電車や車を使った10分の移動は、徒歩では1時間以上掛かる場合もあり、脚力が必要です。また、日常と違って道路や橋などの崩壊や休憩場所の確保が困難になり、距離だけではなく時間との戦いにもなります。夜間の移動は、災害に乗じた犯罪にも注意が必要です。

■屋根瓦の危険と地盤沈下や液状化現象
埼玉県北部では、利根川に沿った市町村で屋根瓦の損壊や落下の被害が多く見られました。また、栗原町(現久喜市)では、一部で液状化現象が起こり、大半の家屋が全壊認定を受けました。

大きな地震の際は、建物から慌てて飛び出すと、思わぬ落下物により大怪我を負う可能性があります。屋根瓦も例外ではなく、木造建築の場合は耐震補強や屋根の葺き替えが最も有効な対策です。また、震災が広範囲に渡った場合、瓦と職人の数が不足し、復旧に相当の日数が必要になります。この震災では1年以上を要しました。

利根川の縁沿いでは、道路や家屋での地盤沈下や陥没が見られ、過去の洪水や盛土などの影響と考えられます。また、栗橋町の液状化現象は、当初「水田跡」と報じられましたが、古地図から沼であったことが判明しました。
津波により未曾有の被害を被った東北地方では、復興、防災対策のヒントとして、古い資料が役立っています。東日本大震災は、遺跡、旧跡の類は勿論、古文書や文献に至るまで、見直すきっかけになった災害でもあります。


東日本大震災は、私たちに多くのことを学ばせ、課題を与えた未曾有の災害です。発生から4年の月日が経過しましたが、復興はまだまだ歩み出した程度です。また、福島第一原発では、永い廃炉作業がこれからも続きます。
日本列島は、地震、火山噴火、土砂災害、風水害など災害の宝庫です。過去の災害を見直し、今できる備えを行うことが、安全・安心への第一歩です。

※当時の取材メモを見直しながら記しました。

この記事のURL
最近投稿されたコラムを読む
メディア掲載・出演

2014.2.8放送 日本テレビ「真相報道バンキシャ!」にコメント出演しました。和歌山県小5殺害事件に伴い、現地取材及び子どもたちを守る防犯対策についてコメント出...

取材後記

2015年2月5日、和歌山県紀の川市で小5男児殺害事件が発生しました。事件の取材協力要請に伴い、現地調査を行いましたので、気づいたことをまとめます。■小...

 
このプロの紹介記事
危機管理のプロ 神田正範さま

少しの気遣いや考え方で、今日から防犯意識が変わる!防犯意識が変われば、より明るく心地よい毎日に!(1/3)

 安全で安心な暮らし、犯罪被害を減らすことを目指す、リスクマネージメントサービス神田屋。代表の神田正範さんは、セキュリティーアドバイザーとして防犯対策の設計・施工・管理を請け負うとともに、セミナー・講座講師として活躍。穏やかな人柄でありなが...

神田正範プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

安全業界30年超!即実行できる防犯セミナーで明るい毎日を

屋号 : リスクマネージメントサービス神田屋
住所 : 埼玉県上尾市上1110-4 [地図]
TEL : 048-711-5380

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-711-5380

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神田正範(かんだまさのり)

リスクマネージメントサービス神田屋

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
被害者は証拠のひとつ!?犯罪被害者に対する考え方
イメージ

 人それぞれの意識や感情と事件の真実 近年、犯罪被害者やその家族の「知る権利」が注目されるようになりま...

[ 生活の防犯 ]

子どもを守る家族の信頼と絆
イメージ

 子どもへの心配は被害だけではない 近年、子どもたちを取り巻く環境の変化を、実感する人も少なくないと思...

[ 子どもの防犯 ]

通学路の防犯カメラがもたらす安全と危険
イメージ

 防犯カメラの役割と効果 近年、防犯カメラの普及には目覚しいものがあります。また、容疑者逮捕の有力な手...

[ 子どもの防犯 ]

侵入者の目的は金品だけではない!?
イメージ

 侵入者の目的と侵入手口 住まいの防犯を考えるときに、真っ先に思い浮かぶのが「空き巣」ではないでしょう...

[ 住まいの防犯 ]

諦める技術 ≪提唱/その2≫
イメージ

 「諦める」ことは大きな第一歩 「諦める」という言葉から何が連想できますか。「仕方ない…」「やめよう…」...

[ 自己紹介 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ