コラム

2015-03-11

諦める技術 ≪提唱/その2≫

それはムリ!

「諦める」ことは大きな第一歩

「諦める」という言葉から何が連想できますか。「仕方ない…」「やめよう…」「ムリ…」そんなネガティブなイメージではないでしょうか。挫折や中途半端なイメージを連想しがちな言葉です。

人は、どんな場面でも、二者択一の選択をしていると言われています。先へ進むか、引き返すかなどです。立ち止り、悩むことも多く、苦労と後悔の連続ではないでしょうか。そして、苦労と後悔は人生の肥やしと評され、自己完結されがちなことも事実です。ご注意ください、時間は巻き戻すことができません。引き返す選択はなく、先へ進む道しかありません。一本の道を行き来するのは、自分だけの都合です。引き返すのではなく、進路を変えることが大切です。「諦め」は、目標へ向け歩いてきた道を、新たな目標へ向けるための大きな第一歩です。

「諦め」が命と人生を左右する犯罪現場

「犯罪とは縁も所縁もない」と考えるのが一般的な考え方です。しかし、犯罪現場では「まさか自分が…」と後悔することが殆どです。身近では、交通事故が挙げられます。

身近である交通事故だからこそ、大きな落とし穴があります。被害者の重篤なケガと目撃者の不在で、「ひき逃げ」を誘発させています。帰宅途中に、車で歩行者を撥ねてしまい、駆け寄ったが意識が無い、救急車を呼ぼうとしたが周りに誰もいない、どうしようと慌ててしまいます。そして、次の瞬間「会社をクビになる」「信用が無くなる」「刑務所に行きたくない」「家族はどうなる」など様々な思いが巡り、現実から逃避してしまった結果が「ひき逃げ」です。意識が無くても救急搬送すれば、命を救えたかも知れません。また、命を救えなくても、救護した事実が残り、逃げることよりも刑罰は減ります。命を奪った事実は消せませんが、その後の人生は大きく違う筈です。諦めるべきは、「被害者の命」ではなく、「自分の都合」です。

「諦め」が希望を生み出す災害現場

以前、ボランティアで赴いた「災害避難所」で、悲壮感に打樋がれる被災者が、「諦め」によって笑顔を取り戻す瞬間を目の当たりにしました。

私が赴いた避難所では、「家が無くなってしまった」「家族が死んでしまった」「家にはもう戻れない」「災害さえ無かったら」と悲壮感が漂い、掛ける言葉も虚しく、逃げ出したくなる思いでした。悲観的な考えに支配された人には、労いや励ましの言葉が苦痛に感じる場合が多々あります。言葉を選び、慎重に話しかけても受け入れてもらえない現実があります。しかし、被災者自らが発する言葉は、お互いを助け合い、力となり、希望へ変わっていきます。「起きてしまったことは諦めて、明日のことを考えよう」こんな言葉が呟かれ始めると、被災という過去より、明日という未来に意識が向かいます。もちろん、被災した方々の努力と勇気であることは否めませんが、未来へ意識を向けるきっかけが「諦め」であることは、間違いありません。

変えられない現実を受け入れるために

犯罪と災害現場という特異な状況を引用しましたが、二者択一の選択をしている日常には、沢山の諦めがあります。他愛の無いものから深刻なものまで、都合の悪い現実は掃いて捨てるほどあり、解決することは困難を伴う場合が殆どです。しかし、やり過ごしや放置することで、何倍もの力となって襲い掛かってきます。時には、悲しみを伴う事象に遭遇することもあり、後悔や罪悪感に苦しむことも少なくありません。1つの結論に囚われ、自分本位な解決策であることが、やり過ごしや放置に繋がっています。結論や解決策は、1つではありません。悩みを抱えた時、困った時は、変えられない現実を嘆いたり恨む前に、自分の都合を諦めましょう。きっと、目の前の現実を客観的に見つめる自分に気づき、進路を変えた「次の一歩」が見つかる筈です。

この記事を書いたプロ

リスクマネージメントサービス神田屋

神田正範

埼玉県上尾市上1110-4 [地図]
TEL:048-711-5380

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア掲載・出演

2014.2.8放送 日本テレビ「真相報道バンキシャ!」にコメント出演しました。和歌山県小5殺害事件に伴い、現地取材及び子どもたちを守る防犯対策についてコメント出...

取材後記

2015年2月5日、和歌山県紀の川市で小5男児殺害事件が発生しました。事件の取材協力要請に伴い、現地調査を行いましたので、気づいたことをまとめます。■小...

 
このプロの紹介記事
危機管理のプロ 神田正範さま

少しの気遣いや考え方で、今日から防犯意識が変わる!防犯意識が変われば、より明るく心地よい毎日に!(1/3)

 安全で安心な暮らし、犯罪被害を減らすことを目指す、リスクマネージメントサービス神田屋。代表の神田正範さんは、セキュリティーアドバイザーとして防犯対策の設計・施工・管理を請け負うとともに、セミナー・講座講師として活躍。穏やかな人柄でありなが...

神田正範プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

安全業界30年超!即実行できる防犯セミナーで明るい毎日を

屋号 : リスクマネージメントサービス神田屋
住所 : 埼玉県上尾市上1110-4 [地図]
TEL : 048-711-5380

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-711-5380

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神田正範(かんだまさのり)

リスクマネージメントサービス神田屋

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
被害者は証拠のひとつ!?犯罪被害者に対する考え方
イメージ

 人それぞれの意識や感情と事件の真実 近年、犯罪被害者やその家族の「知る権利」が注目されるようになりま...

[ 生活の防犯 ]

子どもを守る家族の信頼と絆
イメージ

 子どもへの心配は被害だけではない 近年、子どもたちを取り巻く環境の変化を、実感する人も少なくないと思...

[ 子どもの防犯 ]

通学路の防犯カメラがもたらす安全と危険
イメージ

 防犯カメラの役割と効果 近年、防犯カメラの普及には目覚しいものがあります。また、容疑者逮捕の有力な手...

[ 子どもの防犯 ]

侵入者の目的は金品だけではない!?
イメージ

 侵入者の目的と侵入手口 住まいの防犯を考えるときに、真っ先に思い浮かぶのが「空き巣」ではないでしょう...

[ 住まいの防犯 ]

¥0‐からの防犯対策 ≪提唱/その1≫
イメージ

 安全と安心にお金は必要!? 日本は、世界各国から注目を集める法治国家です。しかし、関心が寄せられるの...

[ 自己紹介 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ