コラム

2015-02-21

不審者情報は子どもたちのヒヤリ・ハット

防犯メール

子どもを守る親子のコミュニケーション

不審者や声かけ情報は、子どもたちが発信する注意報です。耳を塞ぎたくなるほど賑やかな子どもたちのおしゃべりですが、時に重要な情報が含まれていることがあります。
核家族化や共働きなど、子どもとの接点がなかなか見いだせない家庭も少なくありません。しかし、補うための道具は溢れるほどあります。上手に活用することが大切です。また、子どもたちの情報発信に、必ず応えることが重要です。そして、答えを与えるのではなく、一緒に考えることが最も重要です。

ヒヤリ・ハットとハインリッヒの法則

今年1月に群馬県で発生した「小4少女連れ去り未遂事件」の被害少女の機転は、親子(家族)のコミュニケーションが作り出した賜物と言えます。犯行者の「疑わしい事実(誘い文句)」より親子(家族)の繫がりが勝った事例で、見習わなければなりません。

5,000件余りの労働災害を検証して得られた「ハインリッヒの法則」は、科学警察研究所(通称:科警研)の調べで、犯罪現場にも当てはまると考えられています。「ハインリッヒの法則」とは、1件の重大な事故や災害の背後には、29件の軽微な事故や災害が起こり、300件の「ヒヤリ・ハット(傷害の伴わない災害)」が起きていたとするもので、事前の予防で重大な事故や災害は防げることを意味しています。子どもを狙う事件現場に当てはまると、1件の連れ去り事件には29件の未遂、300件の不審者や声かけ事案が発生していたことになります。つまり、不審者や声かけ情報は、真偽に関わらず通報し、多くの地域住民が共有することで、警戒心が芽生え、犯行の抑止に繋がるということです。地域住民の警戒心は、目に見えないものであっても、犯行を知られたくない者にとっては、敏感に感じるものです。その心情が、手口(子どもたちが1人でいる時を狙う)に表れています。また、防犯活動を通して最も懸念するのが「真偽に関わらず通報する」ことです。

警戒心は教えずに気づかせるもの

子どもたちの防犯教育でよく得られる声が、家族に話さないです。理由は「信じてもらえない」、「他人を疑ってはダメ」「もう一度良く考えてみて」と注意されるなどです。経験の少ない子どもたちの訴えですから、真偽を確かめるのは当たり前のことです。しかし、情報の収集と真偽は別なことで、集められる情報は真偽に係らず多いほど良いのです。情報は、数で大きな差が生まれ、多ければ警戒心が増し、少なければ無関心(知らない安心)を招きます。子どもたちに何も起こらなくても、地域住民の「警戒心」は、犯行を企む者にとって同じ作用があり、私たち大人を狙った犯行の抑止効果も期待できます。

子どもたちの防犯教育で最も必要なのは、答えを与えずに気づかせることです。答えは時の経過と共に忘れられますが、気づきは忘れられるものではありません。学校で学んだ方程式や歴史は忘れても、気づいた後悔は忘れません。また、気づきには行動が伴うことを忘れないでください。気づきを利用した防犯教育は、犯行者に出会ってしまった時に、迷いのない回避行動として役に立ちます。

子どもが頼れるのは家族だけです。凶悪な犯行から守るために、会話を増やす、一緒に考える、気づき気づかせるなど、コミュニケーションを充実させることを忘れないでください。

この記事を書いたプロ

リスクマネージメントサービス神田屋

神田正範

埼玉県上尾市上1110-4 [地図]
TEL:048-711-5380

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア掲載・出演

2014.2.8放送 日本テレビ「真相報道バンキシャ!」にコメント出演しました。和歌山県小5殺害事件に伴い、現地取材及び子どもたちを守る防犯対策についてコメント出...

取材後記

2015年2月5日、和歌山県紀の川市で小5男児殺害事件が発生しました。事件の取材協力要請に伴い、現地調査を行いましたので、気づいたことをまとめます。■小...

 
このプロの紹介記事
危機管理のプロ 神田正範さま

少しの気遣いや考え方で、今日から防犯意識が変わる!防犯意識が変われば、より明るく心地よい毎日に!(1/3)

 安全で安心な暮らし、犯罪被害を減らすことを目指す、リスクマネージメントサービス神田屋。代表の神田正範さんは、セキュリティーアドバイザーとして防犯対策の設計・施工・管理を請け負うとともに、セミナー・講座講師として活躍。穏やかな人柄でありなが...

神田正範プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

安全業界30年超!即実行できる防犯セミナーで明るい毎日を

屋号 : リスクマネージメントサービス神田屋
住所 : 埼玉県上尾市上1110-4 [地図]
TEL : 048-711-5380

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-711-5380

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神田正範(かんだまさのり)

リスクマネージメントサービス神田屋

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
被害者は証拠のひとつ!?犯罪被害者に対する考え方
イメージ

 人それぞれの意識や感情と事件の真実 近年、犯罪被害者やその家族の「知る権利」が注目されるようになりま...

[ 生活の防犯 ]

子どもを守る家族の信頼と絆
イメージ

 子どもへの心配は被害だけではない 近年、子どもたちを取り巻く環境の変化を、実感する人も少なくないと思...

[ 子どもの防犯 ]

通学路の防犯カメラがもたらす安全と危険
イメージ

 防犯カメラの役割と効果 近年、防犯カメラの普及には目覚しいものがあります。また、容疑者逮捕の有力な手...

[ 子どもの防犯 ]

侵入者の目的は金品だけではない!?
イメージ

 侵入者の目的と侵入手口 住まいの防犯を考えるときに、真っ先に思い浮かぶのが「空き巣」ではないでしょう...

[ 住まいの防犯 ]

諦める技術 ≪提唱/その2≫
イメージ

 「諦める」ことは大きな第一歩 「諦める」という言葉から何が連想できますか。「仕方ない…」「やめよう…」...

[ 自己紹介 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ