コラム

2015-02-05

増加の一途をたどる振り込め詐欺被害、増加を止めるには!?

電話で騙す

正しい選択はどっち!?

わが子が突然犯罪者に…。その前に、犯罪者になるように育てましたか?
詐欺グループの手口は、言葉やシチェーションに変化があっても、疑わしい現実を題材にしていることに変わりはありません。そして、変化する言葉やシチェーションに合わせた防止策は、場当たり的と言っても過言ではないのです。疑わしい現実を信じるのか、確かめるのか。言葉やシチェーションを鵜呑みにするのか、疑うのか。
被害拡大と根絶を願う私たちは、原点に立ち戻る必要があります。

被害者の殆どが、人生経験豊富な高齢者

年々増え続ける振り込め詐欺の被害額は、2015年(平成26年)の統計で559億4354万円にまで跳ね上がっています。また、金融機関などによる声かけで阻止した額が約296億円です。つまり、855億円分の被害が想定できることになり、早急に防止策を検討する必要があります。

振り込め詐欺の形態は、「オレオレ詐欺」「架空請求詐欺」「融資保証金詐欺」「還付金等詐欺」の4つに分類され、最も被害件数が多いのはオレオレ詐欺、次いで還付金等詐欺、架空請求詐欺、融資保証金詐欺の順で続きます。そして見逃せないのが、オレオレ詐欺と還付金等詐欺の被害者は、65歳以上の高齢者(共に90%以上)であることです。

詐欺事件は古くからあり、親切心を利用した「寸借詐欺」「募金詐欺」「義援金詐欺」、インターネットを利用した「オークション詐欺」「ワンクリック詐欺」「架空請求詐欺」などが挙げられます。この他にも社会問題に発展した「リフォーム詐欺」や「前金詐欺」など、詐欺は身近な犯罪です。しかし、身近な筈の犯罪に、経験豊富な高齢者がターゲットになり、巨額の被害が発生しています。つまり、詐欺グループは、人生経験が役に立たない手口を用いている。いいえ、豊富な人生経験を利用した手口です。

振り込め詐欺の実態と防止策

詐欺グループの手口は、心配(不安)や欲を掻き立てて思考を鈍らせ、解決策を提示したり当事者を登場させるなどで信用させます。次に、今日中に…など時間の制約を付けることで慌てさせ、相談する時間を与えず金銭を搾取します。近年では、金銭の受け渡し方法に変化が見られます。
振り込め詐欺は、その名の通り金融機関の口座へ振り込ませる手口が主流でした。しかし、ATM付近で携帯電話が利用できなくなったり、声かけなどの効果で阻止されるケースが増え、手渡しや宅配便などを利用する受け取り方に変化しました。また、思い込みからこの変化で一層の被害拡大を招いたとも言えます。

人は、歳を重ねるたびに経験が増え、気づくことも多くなっていきます。そして、コミュニケーションの低下で不安が増していきます。被害に遭われた高齢者の殆どが、夫婦もしくは単身の高齢者世帯であることも報告されています。詐欺グループの手口は、不安な高齢者をターゲットに、豊富な経験を逆手に取った巧妙かつ卑劣な手口です。防止策としては、不安を和らげる程度のコミュニケーション増加と共通の話題を作ることが大切です。
突然の子や孫の「たすけて」という電話も、日常の不安が和らいでいれば、ゆとりが生まれます。また、コミュニケーションの増加で得られた情報は、疑わしい現実を減らして、言葉やシチュエーションに違和感を覚えます。

また、金融機関職員などの声かけによる阻止率も増加の一途です。私たちは、振り込め詐欺を個人や家族の問題とせず、社会全体で取組む犯罪と考えるべきです。

この記事を書いたプロ

リスクマネージメントサービス神田屋

神田正範

埼玉県上尾市上1110-4 [地図]
TEL:048-711-5380

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア掲載・出演

2014.2.8放送 日本テレビ「真相報道バンキシャ!」にコメント出演しました。和歌山県小5殺害事件に伴い、現地取材及び子どもたちを守る防犯対策についてコメント出...

取材後記

2015年2月5日、和歌山県紀の川市で小5男児殺害事件が発生しました。事件の取材協力要請に伴い、現地調査を行いましたので、気づいたことをまとめます。■小...

 
このプロの紹介記事
危機管理のプロ 神田正範さま

少しの気遣いや考え方で、今日から防犯意識が変わる!防犯意識が変われば、より明るく心地よい毎日に!(1/3)

 安全で安心な暮らし、犯罪被害を減らすことを目指す、リスクマネージメントサービス神田屋。代表の神田正範さんは、セキュリティーアドバイザーとして防犯対策の設計・施工・管理を請け負うとともに、セミナー・講座講師として活躍。穏やかな人柄でありなが...

神田正範プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

安全業界30年超!即実行できる防犯セミナーで明るい毎日を

屋号 : リスクマネージメントサービス神田屋
住所 : 埼玉県上尾市上1110-4 [地図]
TEL : 048-711-5380

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-711-5380

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神田正範(かんだまさのり)

リスクマネージメントサービス神田屋

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
被害者は証拠のひとつ!?犯罪被害者に対する考え方
イメージ

 人それぞれの意識や感情と事件の真実 近年、犯罪被害者やその家族の「知る権利」が注目されるようになりま...

[ 生活の防犯 ]

子どもを守る家族の信頼と絆
イメージ

 子どもへの心配は被害だけではない 近年、子どもたちを取り巻く環境の変化を、実感する人も少なくないと思...

[ 子どもの防犯 ]

通学路の防犯カメラがもたらす安全と危険
イメージ

 防犯カメラの役割と効果 近年、防犯カメラの普及には目覚しいものがあります。また、容疑者逮捕の有力な手...

[ 子どもの防犯 ]

侵入者の目的は金品だけではない!?
イメージ

 侵入者の目的と侵入手口 住まいの防犯を考えるときに、真っ先に思い浮かぶのが「空き巣」ではないでしょう...

[ 住まいの防犯 ]

諦める技術 ≪提唱/その2≫
イメージ

 「諦める」ことは大きな第一歩 「諦める」という言葉から何が連想できますか。「仕方ない…」「やめよう…」...

[ 自己紹介 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ