コラム

2015-02-01

「知らない人って!?」子どもを守る防犯意識

無垢な子ども

防犯対策は「意識」と「機会」がキーワード

近年、子どもたちを脅かす連れ去り事件が増加傾向にあります。また、戦後の高度成長期に見られた身代金の要求などと違い、目的がハッキリしない事件が殆どで、犯行者の目的に変化が生じています。しかし、連れ去りを防ぐ方法(防犯対策)は「知らない人について行かない」など、変化がありません。これは、犯行者の目的とは関係なく、連れ去られる状況(手口)に変化が無いからです。つまり、子どもを連れ去る手口は、声がけから始まり、言葉は時代背景に伴い変化しますが、安心や不安など心理を利用することに変化がなく、子どもたちが1人になった時という犯行機会にも変化がないからです。このことから、子どもたちを連れ去りから守るためには、子どもたちの防犯意識を高め、1人になる機会を減らすことが重要であることが解ります。

考える力と行動力が防犯意識を高める

みなさんは、子どもの頃を覚えていますか。思い出ではなく、喜びや怒り、哀しみを感じた時にどんな思いで過ごしたかです。経験や知識が少なく、未熟で純粋だった頃の自分は、どう過ごしていたでしょうか。

子どもたちを犯罪から守るために行われる防犯教育は、子どもたちに理解されているのでしょうか。
「知らない人にはついて行かない」は、犯罪に巻き込まれないための答えです。理由は、家族の心配や命に係わるかも知れないなどですが、これも答えです。つまり、犯罪という問題の答え合わせをしているに過ぎず、答えを導き出すための経験や知識の少ない子どもたちにとって、理解は難しいと思います。しかし、具体的な犯例を使った説明は、恐怖を与え、疑うことだけを覚えてしまいますので、お薦めできません。
まずは、どんな人が「知らない人」なのか、目の前にいる人と家族のどちらを「信じる」のか(考える)など、私たち大人にとって常識なことであっても、子どもたちにとっては「これから」であることを意識する必要があります。また、「役に立ちたい」「誉められたい」という純粋な思いの表現方法(行動)を具体的に示すことも重要です。「考える力」と「行動力」は、言葉巧みに近づき、親切や病気などを装う犯罪者から、身を守るために不可欠なものです。そして、子どもたちの習熟度が、成長を実感できる証にもなります。

私たち大人の防犯意識が子どもたちを守ります

通学、遊び、塾など、子どもたちが1人になる機会はなくなりません。しかし、減らすことは可能なはずです。
わが子が、毎朝「行ってきます」と元気な声で出かけ、「ただいま」と帰宅するまで、どこで何をしているのか興味のない親はいないと思います。そして、服を汚したり、遅く帰宅したときについ出てしまうのが「どこで何をしていたの?」ではなでしょうか。日本語の特徴かも知れませんが、理由がありません。子どもたちにとって、「洗濯がたいへん」や「心配した」は経験が少なく、なかなか想像できないものです。ただ「怒られた」と感じるだけではないでしょうか。同様に「知らない人について行かない」「1人にならない」も、状況が想像できずに聞いているだけという子どもたちによく出会います。

現代社会に於いて、子どもたちを1人にしないことは、至難の業です。対策として一般的に考えられているのが、付き添いや防犯ボランティアによる見守り、集団登下校などです。補完措置としては、防犯ブザーや携帯端末の携行、防犯カメラなどが挙げられます。
しかし、自由意思をもつ子どもたちは、1人になる機会を作り出します。では、町の住人全員が知り合いだったらどうでしょうか。あり得ない話ですが、1人になる機会は滅多になくなるはずです。つまり、子どもたちに知り合いを増やしてあげることが、1人になる機会を減らすことに繋がります。方法としては、買い物に同伴させる、立話しや井戸端会議に付きあわせるなどが考えられます。また、子どもの行動エリア内の商店やコンビニなどを優先して利用することも効果があり、最も重要なのが、挨拶などのコミュニケーションです。
商店主や従業員が、子どもの顔を覚え、声をかけてくれるようになると、その防犯効果は計り知れないものになります。また、この防犯効果は「被害者」にさせないだけではなく、同時に「加害者」にしない効果も期待できます。つまり、「非行防止」に繋がる方法でもあります。

誰にも迷惑をかけない自己完結型の対策(防犯ブザーや携帯端末の携行)も有効ですが、他人の善意に頼る対策(コミュニティの形成)は、子どもたちを凶悪な犯罪から守る、最も有効な手段と考えてください。

この記事を書いたプロ

リスクマネージメントサービス神田屋

神田正範

埼玉県上尾市上1110-4 [地図]
TEL:048-711-5380

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア掲載・出演

2014.2.8放送 日本テレビ「真相報道バンキシャ!」にコメント出演しました。和歌山県小5殺害事件に伴い、現地取材及び子どもたちを守る防犯対策についてコメント出...

取材後記

2015年2月5日、和歌山県紀の川市で小5男児殺害事件が発生しました。事件の取材協力要請に伴い、現地調査を行いましたので、気づいたことをまとめます。■小...

 
このプロの紹介記事
危機管理のプロ 神田正範さま

少しの気遣いや考え方で、今日から防犯意識が変わる!防犯意識が変われば、より明るく心地よい毎日に!(1/3)

 安全で安心な暮らし、犯罪被害を減らすことを目指す、リスクマネージメントサービス神田屋。代表の神田正範さんは、セキュリティーアドバイザーとして防犯対策の設計・施工・管理を請け負うとともに、セミナー・講座講師として活躍。穏やかな人柄でありなが...

神田正範プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

安全業界30年超!即実行できる防犯セミナーで明るい毎日を

屋号 : リスクマネージメントサービス神田屋
住所 : 埼玉県上尾市上1110-4 [地図]
TEL : 048-711-5380

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-711-5380

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神田正範(かんだまさのり)

リスクマネージメントサービス神田屋

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
被害者は証拠のひとつ!?犯罪被害者に対する考え方
イメージ

 人それぞれの意識や感情と事件の真実 近年、犯罪被害者やその家族の「知る権利」が注目されるようになりま...

[ 生活の防犯 ]

子どもを守る家族の信頼と絆
イメージ

 子どもへの心配は被害だけではない 近年、子どもたちを取り巻く環境の変化を、実感する人も少なくないと思...

[ 子どもの防犯 ]

通学路の防犯カメラがもたらす安全と危険
イメージ

 防犯カメラの役割と効果 近年、防犯カメラの普及には目覚しいものがあります。また、容疑者逮捕の有力な手...

[ 子どもの防犯 ]

侵入者の目的は金品だけではない!?
イメージ

 侵入者の目的と侵入手口 住まいの防犯を考えるときに、真っ先に思い浮かぶのが「空き巣」ではないでしょう...

[ 住まいの防犯 ]

諦める技術 ≪提唱/その2≫
イメージ

 「諦める」ことは大きな第一歩 「諦める」という言葉から何が連想できますか。「仕方ない…」「やめよう…」...

[ 自己紹介 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ