コラム

 公開日: 2015-01-27  最終更新日: 2015-02-10

交際相手(パートナー)をストーカーにしない方法

非通知着信

ストーカー行為等の規制等に関する法律(通称:ストーカー規制法

この法律は、ストーカー行為を処罰する等ストーカー行為等について必要な規制を行うとともに、その相手方に対する援助の措置等を定めることにより、個人の身体、自由及び名誉に対する危害の発生を防止し、あわせて国民の生活の安全と平穏に資することを目的とする。
何やら回りくどい言い回しですが、ストーカーを規制する法律(目的)の原文です。男女間のトラブルが殺人事件に発展し、社会問題になったことから作られた法律で、施行後も法律で規制された行為での逮捕や暴行・傷害・殺人にまで至った事件が相次いでいます。そもそも、男女間のトラブルが付きまといやメールの大量送信、脅迫、暴行などの暴力行為に至るのでしょうか。日常の何気ない会話の中に大きなヒントがあると考えます。

結論の無い会話が引き金!?

人は、脳からの指令がないと指1本動かせない生き物です。そして、目や耳から入った情報を論理的に処理するのが左脳、イメージとして処理するのが右脳、そして両者をつなぐ脳梁があります。一般的に、男性の多くは左脳を良く使い、女性は右脳を良く使うと考えられています。また、左脳と右脳をつなぐ脳梁が女性の方が発達しており、女性特有の「ながら(○○しながら)」を生み出しているとも言われています。そして、脳の使い方が会話や思考に大きな影響を与えているそうです。

女性が三人集まると「かしましい」と言いますが、女性の賑やかで楽しいお喋りを男性は理解できない事をご存知ですか。男性の口からは「くだらない!」など批判めいた言葉をよく耳にしますが、実は内容が理解できていないのです。つまり、論理的に考えがちな男性にとって、一度に多くの情報を処理できる女性のお喋りは、的が絞りにくく物語にしにくいもので、理解しづらい事で苛立ちへと感情が移行してしまいます。「何、怒っているの?」聞きなれた女性の言葉です。しかし、「くだらない!」「何、怒っているの?」では、意思の疎通が無い会話になっていませんか。

また、女性の会話には、結論を必要とするものとしないものが混在しており、男性には理解し難い内容であることを理解してください。そして、嫌われたくないという強い思いが、理解できないストレスを倍増させ、爆発して暴力に繋がっていきます。もちろん、暴力を肯定するものではありません。

パートナーを知る思いやりが大切

ストーカー行為をすべて解決・防止できる方法ではありませんが、パートナーを知り、言葉を共有するなど理解を深めることは重要なことです。理解できない内容は質問し、聞かれたら応える。時間は掛かりますが、互いを良く知るためには、最良の方法です。「くだらない!」と意地を張る前に「教えて!」、「何、怒っているの?」と対峙する前に「どうしたの?」とパートナーを思いやるやさしさが、暴力行為を未然に防ぎます。また、互いを知ろうとする行為は、積み重ねることで信頼感が増していき、女性の心配事である「浮気」も減ると考えられます。が、保証するものではありませんので、ご注意ください。

悩みはひとりで解決しようとしたり、友人や両親などに相談しても解決はできません。他人のアドバイスは参考に止めることをお勧めします。悩みはパートナーに打ち明け、問題を共有し、伴に考え、伴に悩み、解決しなければならないものです。婚姻の有無に関わらず、大切なパートナーなら、まずは知ることです。そして、解らない事を自分の思い込みや経験で決めつけずに、聞くことです。もし、聞くことで嫌われるようなことがあれば、自分の思いが伝わっていない証拠です。パートナーは、最も身近な「鏡」ですので、自分が美しく映るように、心を込めて、丹念に磨いてみてください。怠けてしまうと、信頼できるパートナーも危険なストーカーに変貌してしまうかも知れません。

この記事を書いたプロ

リスクマネージメントサービス神田屋

神田正範

埼玉県上尾市上1110-4 [地図]
TEL:048-711-5380

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア掲載・出演

2014.2.8放送 日本テレビ「真相報道バンキシャ!」にコメント出演しました。和歌山県小5殺害事件に伴い、現地取材及び子どもたちを守る防犯対策についてコメント出...

取材後記

2015年2月5日、和歌山県紀の川市で小5男児殺害事件が発生しました。事件の取材協力要請に伴い、現地調査を行いましたので、気づいたことをまとめます。■小...

 
このプロの紹介記事
危機管理のプロ 神田正範さま

少しの気遣いや考え方で、今日から防犯意識が変わる!防犯意識が変われば、より明るく心地よい毎日に!(1/3)

 安全で安心な暮らし、犯罪被害を減らすことを目指す、リスクマネージメントサービス神田屋。代表の神田正範さんは、セキュリティーアドバイザーとして防犯対策の設計・施工・管理を請け負うとともに、セミナー・講座講師として活躍。穏やかな人柄でありなが...

神田正範プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

安全業界30年超!即実行できる防犯セミナーで明るい毎日を

屋号 : リスクマネージメントサービス神田屋
住所 : 埼玉県上尾市上1110-4 [地図]
TEL : 048-711-5380

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-711-5380

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神田正範(かんだまさのり)

リスクマネージメントサービス神田屋

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
被害者は証拠のひとつ!?犯罪被害者に対する考え方
イメージ

 人それぞれの意識や感情と事件の真実 近年、犯罪被害者やその家族の「知る権利」が注目されるようになりま...

[ 生活の防犯 ]

子どもを守る家族の信頼と絆
イメージ

 子どもへの心配は被害だけではない 近年、子どもたちを取り巻く環境の変化を、実感する人も少なくないと思...

[ 子どもの防犯 ]

通学路の防犯カメラがもたらす安全と危険
イメージ

 防犯カメラの役割と効果 近年、防犯カメラの普及には目覚しいものがあります。また、容疑者逮捕の有力な手...

[ 子どもの防犯 ]

侵入者の目的は金品だけではない!?
イメージ

 侵入者の目的と侵入手口 住まいの防犯を考えるときに、真っ先に思い浮かぶのが「空き巣」ではないでしょう...

[ 住まいの防犯 ]

諦める技術 ≪提唱/その2≫
イメージ

 「諦める」ことは大きな第一歩 「諦める」という言葉から何が連想できますか。「仕方ない…」「やめよう…」...

[ 自己紹介 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ