コラム

 公開日: 2015-10-21 

問題解決方法 プロセス1~問題を明確にする~

すべての仕事は本当の目的へと繋がる
前回の当コラム欄で、問題解決の具体的な流れとして8つのプロセスを紹介し、なかでも事前準備にあたる1~5のプロセスの重要性を解説しました。

その中のプロセス1にあたる「問題を明確にする」について、さらに詳しくその具体的方法を紹介します。

仕事における問題を明確にするためには、まずは仕事の「本当の目的」を考えることから始めます。仕事をする目的は、ただお金儲けや「上司に言われたから」というものではないはずです。自分が、今やっている仕事を思い浮かべ、その目的は何かと考えます。

生産計画立案の仕事であれば、その目的は「効率的な生産を実現するため」であり、さらに遡ると「価値のある製品をつくるため」であり、さらにその上には、会社としての目的や使命である「◯◯の社会課題を解決する」「◯◯で幸せな暮らしを実現する」といった最終目的にたどり着きます。

このように、目的の連鎖によって、最終的に自社の目的につながっていく「目的」。それが仕事の「本当の目的」です。


ギャップを認識する高い意識を持つ
どんな小さな仕事でも「その仕事をなぜやるのか?」という目的は、最終的には会社の目的・使命へと繋がるはずです。会社にとって、その仕事が「どんな価値があるのか」をしっかり認識しなくてはなりません。

そうして仕事の「本当の目的」にたどり着いたら、次にその仕事の「あるべき姿」を考えます。
目的のために、「誰に」「いつ」「何を」「どの程度」「どうなっているのか」といった仕事の理想的な状態を思い浮かべます。そして「現状」は「本当の目的」に貢献できているかを確認し、「あるべき姿」とのギャップを把握します。

あるべき姿は「スムーズに製造へ進めるためにミスのない図面をつくる」であるのに、現状は「小さなミスが度々起こる」であれば、そのギャップは明確です。

漫然と仕事をしていると、そのギャップに問題意識を抱かないかもしれませんが、ギャップがあるということは、すなわち「問題」であるという意識で仕事を見つめなければなりません。


問題となる事実がパッと見て解るように
「現状」と「あるべき姿」のギャップを把握できたら、それを「視える化」することも重要です。なんとなくうまくいっていないという状態にせず、「現地現物」で客観的な事実を捉えて問題を認識します。

「図面のミス」であれば、具体的なミス事例をリスト化して、ミスの種類別に発生確率を算出するなど、現状がひとめ見てわかる状態にします。

「納期に遅れる」であれば、納期オーバーする日数データ、遅延率などを算出します。このように客観的な事実が見えることで初めて、次のプロセス「問題をブレイクダウンする」に繋げることができます。

この記事を書いたプロ

株式会社NGC [ホームページ]

経営コンサルタント 中村芳樹

埼玉県さいたま市中央区 [地図]
TEL:048-834-1288

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
ものづくりコンサルタント 中村芳樹さん

日本の〝ものづくり〟よ、世界に羽ばたけ!実践的な人材育成と経営戦略で、地元の企業を応援します(1/3)

 「ものづくりの現場で「仕事が楽しい方、手を挙げてください」と問うと、手を挙げるのは1、2割の方。これは残念なこと。日本を長く支えてきたものづくりは、喜びを感じられる仕事です。自分で考え発見し、生み出すことには喜びがあるはずです。また、現在...

中村芳樹プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ものづくりコンサルタント歴30年!生産性UP・人材育成に強い

会社名 : 株式会社NGC
住所 : 埼玉県さいたま市中央区 [地図]
TEL : 048-834-1288

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-834-1288

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中村芳樹(なかむらよしき)

株式会社NGC

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
問題解決方法 プロセス5~対策を立てる~

ブレストで対策案を洗い出す問題解決の8つのプロセスのなかでも、事前準備にあたる1~5のプロセスの重要性は非常...

[ 問題解決研修 ]

問題解決方法 プロセス4~真因を特定する~

問題の要因は、思いつきにとらわれないことが重要問題解決の8つのプロセスのなかでも、事前準備にあたる1〜5のプ...

[ 問題解決研修 ]

問題解決方法 プロセス3~達成目標を決める~

目標がなければPDCAが回せない問題解決の8つのプロセスのなかでも、事前準備にあたる1〜5のプロセスの重要性は非...

[ 問題解決研修 ]

問題解決方法 プロセス2~問題をブレイクダウンする~

表面化している問題を掘り下げる問題解決の8つのプロセスのなかでも、事前準備にあたる1〜5のプロセスの重要性は...

[ 問題解決研修 ]

問題解決具体的行動と手順

まずは問題意識を常に高く持つこと変化を続ける市場環境のなかにおいて、顧客に選ばれ続ける企業になるためには...

[ 問題解決研修 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ