コラム

2015-10-15

キャリア形成の考え方と仕組み

キャリアビジョンの必要性
組織で働く上で、キャリアの道筋をどのように描いていくかは非常に大きな課題です。

常に明確なキャリアイメージのもと自己研鑽に励むことができれば良いですが、キャリア構築への意識が希薄になってしまう時期や、迷いや葛藤に苛まれることも多いでしょう。

会社によっては、自社の組織形態に沿ったキャリアマップが整備されており、さまざまな選択肢が用意されているケースもあるでしょう。
また、現在勤めている会社内においてだけではなく、独立なども含めた長期的なキャリアを描くケースもあります。

キャリアについてのビジョンの有無は、普段の仕事におけるモチベーション、自身の成長速度などにも大きく影響を与えるものです。自分の納得できるキャリアビジョンをきちんと描けているか、常に確認しておくようにしたいところです。


3つの円が重なる領域をどのように伸ばすか
自身のキャリアを考えるにあたってのガイドラインとして、最初に「自分がやりたいこと」「自分にできること」「自分に期待されていること」という3つの円を描いてみましょう。

そして、この3つの円が重なる領域、つまり自分がやりたいことで、なおかつ自分にできることであり、さらに周囲から期待されていることとは何かという事を考えます。

組織におけるキャリアとは、「自分がやりたい」と言うだけでは実現しません。自身のスキル、周囲の期待があわさって初めて現実のものとなります。
ということは、この3つの円が重なる領域をいかに広げていくかが、自身のキャリアの可能性を広げるポイントとなるのです。


8つの「キャリア・アンカー」を基準とする
「キャリア・アンカー」とは、キャリアにおける職種や職位などを選ぶ際の「判断基準」となるもので、組織心理学者のエドガー H. シャイン博士により考案されました。

キャリア・アンカーには「(1)専門コンピタンス、(2)経営管理コンピタンス、(3)安全性、(4)起業家的創造性、(5)自律(立)、(6)社会への貢献、(7)全体性と調和、(8)チャレンジ」という8つの領域が設定されています。

自分はどのような人間か、どうありたいかというセルフイメージをもとに、どの領域が当てはまるかを確認することができます。

例えば、「(1)専門コンピタンス」とは、特定の仕事への意欲と才能を持っておりその能力を発揮していたいと思うタイプです。
このタイプは、管理職は向かず実務に携わる専門職社員としてキャリアを重ねるべきタイプと言えます。対して「(2)経営管理コンピタンス」は管理職に向いているタイプと言えます。

自身のキャリアに悩む方は、一度「キャリア・アンカー」の8つの基準を参照してみるとよいでしょう。

この記事を書いたプロ

株式会社NGC [ホームページ]

経営コンサルタント 中村芳樹

埼玉県さいたま市中央区 [地図]
TEL:048-834-1288

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
ものづくりコンサルタント 中村芳樹さん

日本の〝ものづくり〟よ、世界に羽ばたけ!実践的な人材育成と経営戦略で、地元の企業を応援します(1/3)

 「ものづくりの現場で「仕事が楽しい方、手を挙げてください」と問うと、手を挙げるのは1、2割の方。これは残念なこと。日本を長く支えてきたものづくりは、喜びを感じられる仕事です。自分で考え発見し、生み出すことには喜びがあるはずです。また、現在...

中村芳樹プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ものづくりコンサルタント歴30年!生産性UP・人材育成に強い

会社名 : 株式会社NGC
住所 : 埼玉県さいたま市中央区 [地図]
TEL : 048-834-1288

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-834-1288

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中村芳樹(なかむらよしき)

株式会社NGC

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
問題解決方法 プロセス5~対策を立てる~

ブレストで対策案を洗い出す問題解決の8つのプロセスのなかでも、事前準備にあたる1~5のプロセスの重要性は非常...

[ 問題解決研修 ]

問題解決方法 プロセス4~真因を特定する~

問題の要因は、思いつきにとらわれないことが重要問題解決の8つのプロセスのなかでも、事前準備にあたる1〜5のプ...

[ 問題解決研修 ]

問題解決方法 プロセス3~達成目標を決める~

目標がなければPDCAが回せない問題解決の8つのプロセスのなかでも、事前準備にあたる1〜5のプロセスの重要性は非...

[ 問題解決研修 ]

問題解決方法 プロセス2~問題をブレイクダウンする~

表面化している問題を掘り下げる問題解決の8つのプロセスのなかでも、事前準備にあたる1〜5のプロセスの重要性は...

[ 問題解決研修 ]

問題解決方法 プロセス1~問題を明確にする~

すべての仕事は本当の目的へと繋がる前回の当コラム欄で、問題解決の具体的な流れとして8つのプロセスを紹介し、...

[ 問題解決研修 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ