コラム

 公開日: 2015-10-03 

バリューチェーンと管理技術の関係性とは?

バリューチェーンと管理技術の関係
バリューチェーンとは、企業が顧客へ製品・サービスを届けるまでの各段階において生まれる付加価値(バリュー)の繋がりのことを指します。

例えば、製造業であれば「企画→開発→試作→製造→保守」のような段階を踏んで製品がつくられますが、各段階で生み出した価値が積み重なって、その総体が製品の価値として結実します。

こうした考え方を用いて、分割したバリューチェーンの段階ごとの強み・弱みなどを分析し、競争力向上や弱みの改善などへと繋げます。

そして、バリューチェーンにおける各段階では、それぞれの業務に求められる価値・成果を生み出すための管理(マネジメント)技術が存在するのです。


バリューチェーン単位でみる様々な管理技術
ここでは、製造業のバリューチェーンにおける管理技術を順に紹介したいと思います。

まず、「企画」から「開発」までの段階においては、「QFD(Quality Function Deployment)」と呼ばれる管理技術があります。これは顧客満足を得られる品質の設定と、その品質の保証を目的とした設計アプローチの方法のことです。

さらに、開発・試作の段階では、効率的な実験方法をデザインする手法である「実験計画法」、目的とする機能を得るためのパラメーター設計等を行う「TM(Taguchi Method)」といった管理技術があります。

開発〜製造にいたるプロセスを通じては、求められる要素を最小コストで達成する方法を見出す手法である「VE(Value Engineering)」、品質の向上維持を図るための「SQC(Statistical Quality Control)/QC(Quality Control)」などの管理技術があります。

製造段階には他にも、製造の手順や方法を最適化するための「IE (Industrial Engineering) 」という管理技術が用いられます。

また、不具合・故障などの予防を図るために用いられる「FMEA(Failure Mode and Effect Analysis)/FTA(Fault Tree Analysis)」という管理技術もあります。


バリューチェーンを知って管理技術を学ぶ
以上のように、バリューチェーンによって業務の流れを分割することで、各段階に必要とされる管理技術も明確となり体系化ができるようになります。

監督者などとして組織のなかの一部門を率いるにあたっては、自身の部門がバリューチェーンのなかでどの位置にあり、どのような価値を創造できているか、また創造することを求められているかを、きちんと知っておかなければなりません。

そのうえで、上記のような管理技術を用いて、バリューチェーンのなかにおける自身の部門の仕事の最適化、価値の最大化を図っていくことが求められるのです。

この記事を書いたプロ

株式会社NGC [ホームページ]

経営コンサルタント 中村芳樹

埼玉県さいたま市中央区 [地図]
TEL:048-834-1288

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
ものづくりコンサルタント 中村芳樹さん

日本の〝ものづくり〟よ、世界に羽ばたけ!実践的な人材育成と経営戦略で、地元の企業を応援します(1/3)

 「ものづくりの現場で「仕事が楽しい方、手を挙げてください」と問うと、手を挙げるのは1、2割の方。これは残念なこと。日本を長く支えてきたものづくりは、喜びを感じられる仕事です。自分で考え発見し、生み出すことには喜びがあるはずです。また、現在...

中村芳樹プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ものづくりコンサルタント歴30年!生産性UP・人材育成に強い

会社名 : 株式会社NGC
住所 : 埼玉県さいたま市中央区 [地図]
TEL : 048-834-1288

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-834-1288

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中村芳樹(なかむらよしき)

株式会社NGC

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
問題解決方法 プロセス5~対策を立てる~

ブレストで対策案を洗い出す問題解決の8つのプロセスのなかでも、事前準備にあたる1~5のプロセスの重要性は非常...

[ 問題解決研修 ]

問題解決方法 プロセス4~真因を特定する~

問題の要因は、思いつきにとらわれないことが重要問題解決の8つのプロセスのなかでも、事前準備にあたる1〜5のプ...

[ 問題解決研修 ]

問題解決方法 プロセス3~達成目標を決める~

目標がなければPDCAが回せない問題解決の8つのプロセスのなかでも、事前準備にあたる1〜5のプロセスの重要性は非...

[ 問題解決研修 ]

問題解決方法 プロセス2~問題をブレイクダウンする~

表面化している問題を掘り下げる問題解決の8つのプロセスのなかでも、事前準備にあたる1〜5のプロセスの重要性は...

[ 問題解決研修 ]

問題解決方法 プロセス1~問題を明確にする~

すべての仕事は本当の目的へと繋がる前回の当コラム欄で、問題解決の具体的な流れとして8つのプロセスを紹介し、...

[ 問題解決研修 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ