コラム

2016-09-06

任意売却、失敗の原因・・・実は不動産会社の無知による重大なミス

任意売却の失敗の原因は、不動産会社にありました

『他社で、任意売却を依頼しているが、売却できずに競売処分となってしまう。何か、解決方法がありませんか?』

競売期日が近づくにつれて、よくこのような相談が増えてきます。
実際のところ、競売の期日が近づくと、どうすることもできないのが現状ですが・・・。

任意売却は必ず成功するとは限りません。しかし、債権者も、依頼者の今後の生活を考慮し、任意売却を推奨しています。

任意売却の失敗 約2/3以上が不動会社のミス・責任

【なぜ、任意売却に失敗してしまったのか・・・】
相談者の方に、いろいろとお話をお聞きすると、驚くことに、約2/3以上の方が、依頼者した不動産会社に、重大なミス・責任であることがわかりました。そのミスは、任意売却を専門としている当社からすると、信じられない内容です。

失敗の原因・・・正式な手続きをしていない

任意売却を開始する前には、債権者の許可を得なければなりません。
許可を得るためには、申出書・査定報告書・販売計画書など、指定された書類の提出が義務化されています。


これらの指定されている書類を提出していないのです。また、査定報告書などは、周辺取引事例や過去の競売履歴など詳細な内容が求められます。内容に不備や不足があれば、任意売却は却下されてしまいます。これらの書類作成にも、任意売却専門のノウハウが必要とされるのです。  *債権者による提出が必要とされる書類等は異なります

失敗の原因・・・勝手に販売価格を設定している

任意売却では、販売価格を債権者が決定します。もちろん、値下げなどをする場合でも、債権者の許可が必要となります。
しかし、不動産会社が勝手に販売価格を設定したり、値下げをしたりと債権者の意向を無視すれば、決して購入希望者がいたとしても、任意売却は認められません。

失敗の原因・・・債権者に必要書類を提出していない

裁判所の執行官による現地調査が終了すると、その調査報告書(評価書・現況調査報告書)を裁判所から取得して債権者への提出が求められます。
この調査報告書は、本人又は弁護士しか取得することができない大変重要なものです。


評価書には、不動産の評価価格と入札基準価格が記載されています。この価格がいち早く知ることができれば、債権者は、競売の落札価格が予想できるので、債権者との交渉が有利にすすめることが可能となるのです。

もし、「評価書・現況調査報告書を裁判所にて取得していない・・・」
という方は、その不動産会社は、任意売却について熟知していなようです。そして、決して任意売却が認められることはありません。
残念ながら、今までの販売活動は、すべて無駄となります。


これらの不動産会社は、恐ろしいことに、任意売却に失敗した原因が、無知による重大なミスであることに気付いていない要です。仮に手続きミスと気が付いても、依頼者に自社に原因があったことは説明しないでしょう。

もちろん、依頼者はそのミスを知る由もありません。これがあまりにも酷い現実です。


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却の専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。
お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。
ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

会社ロゴマーク

この記事を書いたプロ

ハウスパートナー株式会社 [ホームページ]

宅地建物取引士 中島孝

埼玉県鴻巣市笠原1531番地 [地図]
TEL:0120-720-535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
ハウスパートナー株式会社の中島孝さん

住宅ローン滞納・競売で困っている人へ。任意売却で解決を(1/3)

夢のマイホームを手にしても、給料・ボーナスカット、勤め先の倒産、リストラなどで、突然現金収入が目減りして、住宅ローンの返済が滞ってしまう。普段の生活の中でそれほど耳にしないニュースかもしれませんが、実は住宅ローンの返済に困っているケースは思...

中島孝プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

住宅ローン滞納・競売の解決に特化、任意売却専門の不動産会社

会社名 : ハウスパートナー株式会社
住所 : 埼玉県鴻巣市笠原1531番地 [地図]
TEL : 0120-720-535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-720-535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中島孝(なかじまたかし)

ハウスパートナー株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
債権者が同意する任意売却の条件が変更されている
イメージ

 債権者が同意する売却価格が上昇しています 競売落札価格の高騰により、債権者が同意する売却価格が上昇して...

[ 任意売却専門のノウハウを公開 ]

代位弁済の通知書が届いたら、すぐに任意売却の手続きをして下さい
イメージ

 不動産競売の申請まで、約1ヶ月 住宅ローンの滞納が4~5回以上続くと、「代位弁済」の通知書が届きます。この...

[ 任意売却専門のノウハウを公開 ]

自己破産する前に、任意売却を優先するメリット
イメージ

 任意売却後の自己破産は、費用が安く簡単 自己破産には、「同時廃止」と「管財事件」の2種類があり、破産する...

[ 任意売却専門のノウハウを公開 ]

任意売却で、税金(住民税・固定資産税等)の滞納問題を有利に解決
イメージ

【固定資産税・住民税等の滞納―減額交渉の成功例(埼玉県O市の実例)】 約80万円の減額に成功 固定資産税や...

[ 任意売却専門のノウハウを公開 ]

万一、競売処分となっても、現金を確保する方法があります!
イメージ

 万一、競売となっても、現金を確保する方法があります 【その方法とは】競売の落札者から、 『明渡し・立...

[ 任意売却専門のノウハウを公開 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ