コラム

 公開日: 2016-07-28  最終更新日: 2016-12-15

任意売却で、少しでも高く売却する方法 ー 入札形式による売却

『少しでの高く売却して、残債務(住宅ローン)を軽減したい』
そのような方に、お勧めしている売却方法が、入札形式による売却です。

入札形式の売却とは、不動産購入希望者を事前に絞り、最低価格・入札期日・引渡日などを設定し、購入希望者を募集します。*専任・専属媒介での場合では、不動産流通機構のルールを遵守した上での方法をとります。

入札形式のメリット

1.取引の日程が把握できる
2.競争の心理が働き、高値での売却が可能
3.ご近所などに、情報が漏れにくい
4.購入者の資金が確実。ドタキャンがない
5.債権者から売却の同意が得やすい

デメリット

1.物件の特性により、入札形式に適さない物件がある
2.エリアを把握している不動産会社が実施しないと、購入希望者者を集客できない

入札形式による売却は、任意売却専門の不動産会社だから、兼ね備えた経験と実績・解決のノウハウがあるからこそ、できる方法です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
お問い合わせはこちら

埼玉県内の地域限定 任意売却専門の不動産会社
ハウスパートナー株式会社
相談専用ダイヤル 0120-720-535
(土・日・祝日も営業中)

詳細は、ホームページをご参照下さい!
http://www.house-partner.jp

埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却の専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。
お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。
ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝
会社ロゴマーク

この記事を書いたプロ

ハウスパートナー株式会社 [ホームページ]

宅地建物取引士 中島孝

埼玉県鴻巣市笠原1531番地 [地図]
TEL:0120-720-535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
ハウスパートナー株式会社の中島孝さん

住宅ローン滞納・競売で困っている人へ。任意売却で解決を(1/3)

夢のマイホームを手にしても、給料・ボーナスカット、勤め先の倒産、リストラなどで、突然現金収入が目減りして、住宅ローンの返済が滞ってしまう。普段の生活の中でそれほど耳にしないニュースかもしれませんが、実は住宅ローンの返済に困っているケースは思...

中島孝プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

住宅ローン滞納・競売の解決に特化、任意売却専門の不動産会社

会社名 : ハウスパートナー株式会社
住所 : 埼玉県鴻巣市笠原1531番地 [地図]
TEL : 0120-720-535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-720-535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中島孝(なかじまたかし)

ハウスパートナー株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
間違った認識で、任意売却を諦めていませんか? 任意売却は可能です!
イメージ

 このような理由で、任意売却を諦めているのなら間違いです! 任意売却が可能にもかかわらず、間違った認識で...

[ 任意売却についての疑問 ]

任意売却|売れない理由は、囲い込み営業だった
イメージ

 任意売却 売れない理由は、囲い込み営業だった 「任意売却を依頼したけど、2ヶ月以上経過しても売れない」...

[ 任意売却についての疑問 ]

任意売却|売買契約においての注意点(契約条項)
イメージ

任意売却では、通常の売買契約条項に加え、売主である依頼者のリスクを回避する契約内容でなければなりません。...

[ 任意売却専門のノウハウを公開 ]

埼玉|任意売却に関するすべての対応は、当社が責任をもって行います!
イメージ

 ご相談~債権者交渉~販売活動~契約~アフターフォローまで、当社が行います ハウスパートナー株式会社では...

[ 会社設立の理由と誓い ]

埼玉|不動産競売の注意点
イメージ

不動産競売は、ご自宅を競売処分されたからといって、すべてが解決したことにはなりません。住宅ローンの返済...

[ 不動産競売について ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ