コラム

2016-07-12

任意売却をしないで競売処分した約8割以上の方が後悔

任意売却をしないで競売処分した約8割以上の方が後悔


住宅ローンの滞納や競売問題は、誰にも相談することができないでいることは、本当につらいものです。突然の病気・リストラ・離婚など様々な事情で、お悩みの方は、あとを絶ちません。
残念ながら競売にてご自宅を競売処分となってしまった多くの方が、後日、「任意売却を検討すればよかった」「任意売却でご自宅を売却すればよかった」と後悔されているようです。 

後悔の理由は、任意売却・競売についての知識不足

 任意売却は、一般的にはあまり知られておらず、正しい知識をお持ちではない方も多いようですが、何も対応せずにご自宅を競売処分するよりも、たくさんのメリットのある不動産の売却方法で、債権者(金融機関)からも認められています。今後の生活を有利にする為にも、正しい任意売却の知識をお持ち下さい。
任意売却・不動産競売について、正しい知識をお持ちください

よくある間違った認識 

債権者(金融機関)が認めている任意売却を選択せず、競売処分してしまう方は、「任意売却・不動産競売」について、間違った認識をお持ちの方が多いようです。依頼者にとってもメリット多い任意売却について正しい知識をもって、新しい生活をスタートされるためにも、有効にご活用下さい。

競売処分すると、住宅ローンの支払いは免除(0円)される?
⇒ NOです。支払いは継続します。
 自己破産しない限り、支払いは免除(0円)にはなりません。

自己破産すると任意売却ができず、競売処分するしか方法がない?
⇒ NOです。任意売却は可能です。
 任意売却のメリットを受けることができるので、任意売却の方が断然に有利です。

固定資産税の滞納(差押登記設定)滞納があると、任意売却はできず、競売処分するしか方法がない?
⇒ NOです。 任意売却は可能です。 
 固定資産税の滞納がある方は、売却代金から配分されますので、返済に充当することが可能となり。さらに、固定資産税の滞納は、自己破産しても支払いは免除されませんので、任意売却で返済した方が断然に有利です。
*配分される金額は、債権者との交渉により違いがあります。配分される金額が、滞納金額に満たない場合でも解決方法がありますので、ご相談ください。

マンション管理費の滞納があると、任意売却はできず、競売処分するしか方法がない?
⇒ NOです。 任意売却は可能です。 
 マンション管理費の滞納がある方は、売却代金から配分されますので、返済に充当することが可能となります。
 *配分される金額は、債権者との交渉により違いがあります。配分される金額が、滞納金額に満たない場合でも解決方法がありますので、ご相談ください。

競売処分すると、残った住宅ローンの残額は、0円になる?
⇒ NOです。 住宅ローンの支払いは、無担保債権として継続します。
 今後、給与や預金なども差押えられる可能性もありますので注意して下さい。返済が免除されるには、自己破産するし かありません。(固定資産税の滞納は、競売処分や自己破産しても免除されず、支払いが継続します)

任意売却すると、残った住宅ローンの返済は、0円になる?
⇒ NOです。 住宅ローンの支払いは、無担保債権として継続します。
 しかし、任意売却の場合は、今後の支払い金額について、債権者と無理のない範囲(毎月5,000円~)で取決めをすることができます。さらに、交渉しだいでは、大幅に債務を減額し、免除となることもあります。   

固定資産税の滞納や差押登記が設定されていると、任意売却はできない?
⇒ NOです。任意売却は可能です。
 差押登記が設定されている場合には、売却した売買代金の中から、固定資産税滞納分とし配分され、返済に充当されます。返済金が差押登記抹消に不足する場合には、買主から協力金を受領したり、当社が各関係者と減額交渉に て調整します。

任意売却を依頼するには、仲介手数料として現金を用意する必要がある?
⇒ NOです。依頼者が現金を用意する必要は、ありません。
 売却に必要な費用(仲介手数料や抵当権抹消費用など)は、売却した売買代金の中から、管理費返済金として配分 され、返済に充当されます。万一、任意売却の失敗した場合には、費用請求は一切行いませんので、ご安心下さい。

(当社の場合)
マンション管理費を滞納していると、任意売却はできない?
⇒ NOです。任意売却は可能です。
 管理費の滞納は、売却した売買代金の中から、管理費返済金として配分され、支払いに充当されます。返済金が差押登記抹消に不足する場合には、買主から協力金を受領したり、当社が各関係者と減額交渉にて調整します。

転居(引越し)してしまうと、任意売却はできない?
⇒ NOです。任意売却は可能です。
 転居(引越し)を先にしていても、任意売却は可能です。空室の方が、高値で、売却できる可能性もあります。(室内の片づけや清掃、案内の立ち合いは、当社が代行しますので、鍵をお預け頂くだけで、OKです)

Q.自己破産すると、任意売却できない?
⇒ NOです。任意売却は可能です。
 引越し費用などの確保ができますので、是非活用して下さい。

Q.任意売却すると、自己破産になる?
⇒ NOです。自己破産にはなりません。
 引越し費用などの確保ができますので、是非活用して下さい。

Q.一般社団法人・NPO法人は、公的機関ですか?
⇒ NOです。
 任意売却を専門に取り扱う公的機関はありません。公的機関を装う団体も多数ありますので注意して下さい。

Q.任意売却に失敗したら、費用請求される?
⇒ 当社では、NOです。
 任意売却に失敗しても一切の費用請求はしません。但し、調査費用やコンサルティング料などを請求するところもありますので、必ずご確認してください。


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。
お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。
ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝
会社ロゴマーク

この記事を書いたプロ

ハウスパートナー株式会社 [ホームページ]

宅地建物取引士 中島孝

埼玉県鴻巣市笠原1531番地 [地図]
TEL:0120-720-535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

11

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
ハウスパートナー株式会社の中島孝さん

住宅ローン滞納・競売で困っている人へ。任意売却で解決を(1/3)

夢のマイホームを手にしても、給料・ボーナスカット、勤め先の倒産、リストラなどで、突然現金収入が目減りして、住宅ローンの返済が滞ってしまう。普段の生活の中でそれほど耳にしないニュースかもしれませんが、実は住宅ローンの返済に困っているケースは思...

中島孝プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

住宅ローン滞納・競売の解決に特化、任意売却専門の不動産会社

会社名 : ハウスパートナー株式会社
住所 : 埼玉県鴻巣市笠原1531番地 [地図]
TEL : 0120-720-535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-720-535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中島孝(なかじまたかし)

ハウスパートナー株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
埼玉県の任意売却 『ハウスパートナー株式会社』
イメージ

埼玉県で、任意売却のご相談をご希望のお客様、住宅ローンの返済・滞納・競売・差押等でお困りのお客様、まずはハ...

[ 任意売却について ]

債権者が同意する任意売却の条件が変更されている
イメージ

 債権者が同意する売却価格が上昇しています 競売落札価格の高騰により、債権者が同意する売却価格が上昇して...

[ 任意売却専門のノウハウを公開 ]

代位弁済の通知書が届いたら、すぐに任意売却の手続きをして下さい
イメージ

 不動産競売の申請まで、約1ヶ月 住宅ローンの滞納が4~5回以上続くと、「代位弁済」の通知書が届きます。この...

[ 任意売却専門のノウハウを公開 ]

自己破産する前に、任意売却を優先するメリット
イメージ

 任意売却後の自己破産は、費用が安く簡単 自己破産には、「同時廃止」と「管財事件」の2種類があり、破産する...

[ 任意売却専門のノウハウを公開 ]

任意売却で、税金(住民税・固定資産税等)の滞納問題を有利に解決
イメージ

【固定資産税・住民税等の滞納―減額交渉の成功例(埼玉県O市の実例)】 約80万円の減額に成功 固定資産税や...

[ 任意売却専門のノウハウを公開 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ