>   >   >   >   >  企業・団体向けコラム

企業・団体向けコラム

<管理職>物足りない上司、経営者の目、部下の目に晒される管理職

上司と部下、その関係正を見ても、組織の中にはいくつかの関係があります。
課長と一般職、課長と部長、部長と役員など、組織の中では、それぞれの立場で、部下でも上司でもあることになります。

役職を持つ人は、多くの場合、それ相当の経験とスキルを持ち合わせていることが多いわけですが、上司や部下へ、必ずしも満足を与える振る舞いができていないことが多いようです。もちろん、個人の責任として帰属するたけの話でもないわけですが、個人の特徴には大きく影響しているように思います。

経営者からの視線で見ると、多くの場合、管理職に物足りなさを感じています。決して、能力がなかったり仕事をしていなかったりするわけではなく、むしろ懸命に仕事に向き合ってはいても、結果的に物足りなさを与えてしまっています。だからと言って、決して不適合、と考えているわけでもないわけです。求めている結果あるいは振る舞いに対して、応えているのか、そこがポイントになるわけですが、最初の立ち位置として、その求めている振る舞いは伝わっているのか、そのために適正なのか、ということはなかなか話題に上がりません。経営者の方とお話をしていても、期待値の高さをよく感じます。だからこその、厳しい見方、叱咤激励、そういう要素が含まれていることも間違いありません。それを受け取る側が受け取って、遂行できるような方ならいいのですが、残念ながら多くはないですし、出来るように見えていても、かなり無理をしていることが多いようです。

また、部下の視点で見ると、やはり物足りなさを感じているところはあるものの、一方で、大変そう、大丈夫だろうか?、イッパイイッパイではないか、など心配の声も多くあるのが実態です。また、職場で実際に起こりえるのが、例えば課長さんより優れた人材が部下にいるような場合です。一般社員から見れば、逆じゃないのと思われるようなことにも成りかねません。課長などの昇進は、基準はあるものの、その候補の人選はブラックボックス、あるいは属人的になっていることが多いようです。その結果は、昇格した人が、期待されながらも、なぜ?というような状況も起こりえます。正論で言えば、「その多様な部下を取り纏めて力を発揮されるのがお前の仕事だ」と言われてしまいますが、そう簡単ではありません。

管理職は、「役割」というものを持っているために、経営者からも見ても、部下から見ても、その部分に対する物足りなさを指摘されがちです。ここでしっかりと考えていきたいのは、管理職も人だということ。個性があり、特徴があり、得手不得手があるという当たり前のことなわけです。実際には、この当たり前のことが「役割」という言葉で見過ごされているのが現実で、「役割」を充実させていくために、その人をどれだけ理解するのか、そこが組織の人材育成の大切なところにもなってきます。役割を持つ人は、多くの場合は部下の特徴を理解しようとしながら、仕事の翻弄されてしまいます。ここを紐解いていくことは、経営者と私たちが協力してできることのように考えています。

物足りない、自身の視野の広さや深さに対しても、その言葉を使ってみることも、一歩踏み出す力になるかもしれません。

この記事のURL

<経営者>組織の現状を受け入れる勇気

企業でカウンセリングを上手に導入していくと、組織の課題が浮き彫りになってきます。それは、メンタルへルスだけではなく、事業全体の構造や人材育成、オペレーション、人事など様々な形で見えてきます。浮き彫りとなった事実を受け入れる、これは実は勇気のいることなのです。

カウンセリングの現場では、個々の面接を行うわけですが、その中で、企業・組織の色、特徴が浮き出てきます。それは、全てではありませんが、少なくとも面接を受けた人たちの現場からの一面には違いありません。そういった内容について、全て守秘義務という形で飲み込みのではなく、全体性で考えたときに、伝えるべきであれば、相談者の了解を得て、経営層にフィードバックしていくことも大切です。カウンセリングが福利厚生として使うのか、組織を良くするために使うのか、判断が必要なところです。

多くの経営者の方は、組織を良くするために使いたい、との反応が多いと思います。ところが、実際に、こういった声を伝えていくと、なかなかに受け入れがたいものもでてきます。小さな努力と忍耐を積み重ね、事業を継続させてきた経営者の方からすれば、寝耳に水のような問題が起こっているときも少なくありません。

そういった時に、それ以降の企業、組織の方向に大きな違いが出てきます。
冷静に受け入れ、では、何をすればいいのか、あるいは、もっとしっかり把握するために何をするか、ショックを受けながらも正確に受け取ろうとする方、辛い思いをさせていたことに衝撃を受け、涙を流される方、言葉に詰まる方、そいった感性をお持ちの経営者の方は、やはり従業員を大切にしていることが感じられます。ただ、していることが出来ているかは別問題となるため、そこが改善していくポイントになります。一方で、その時点では深く心に留めてくださっても、翌日からの激務の中で忙殺されてしまうこともあるようです。致し方ないことではありますが、出来ることなら、速い判断と連動した行動をとるために勇気を持って欲しいとも思います。

私たちの活動は、決して目立つものではありませんし、目立つ必要もありません。企業や団体のお客様と関わる際には、期間限定のパートナーとしてでやっていくのが良いのではないだろうか、と感じています。難しい状況を把握し、対策をとり、変化が起こり、軌道に乗った時点で、自立的な運営に任せるべきと考えています。それが自立的な組織ではないでしょうか。

この記事のURL
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
企業・団体向けコラム

上司と部下、その関係正を見ても、組織の中にはいくつかの関係があります。 課長と一般職、課長と部長、部長と役員など、組織の中では、それぞれの立場で、部下でも上...

 
このプロの紹介記事
ヒトらぼ、澤根慎児さんプロフィール画像

経営を支える従業員のメンタルヘルスから、個人の課題対応までトータル&柔軟に支援(1/3)

 「企業における従業員のメンタルヘルス対策は、正論だけでは現実的な解答が得られません。心理的なアプローチの他に組織の構造的な問題まで、深く関わる必要があると思っています」 と話すのは、「ヒトらぼ」代表の澤根慎児さんです。澤根さんは大手メ...

澤根慎児プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

人を大切に、個人・企業とも現実的なゴールを提供します

屋号 : ヒトらぼ
住所 : 埼玉県朝霞市 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

澤根慎児(さわねしんじ)

ヒトらぼ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
キレる人との関係性~対人関係を考える
イメージ

人の感情というのはなかなか難しいもので、特に、瞬間的に湧き出てくるものもあります。特に、怒り、として表出...

[ 難しい人と思ってしまうとき ]

タイミングってなんだろう
イメージ

その人にとって必要なタイミング、それは確かにあるように感じています。今まで全然わからなかったことが、あ...

[ 自分を理解するために ]

専門家が傷つける被害者、専門知識に足りていないもの
イメージ

私自身専門家として意識していることでもあり、ちゃんと出来ているのだろうか、と自問するテーマでもあり、面接の...

[ 犯罪被害、支援、専門知識 ]

不安でしょうがない~勇気と不安とはじめの一歩
イメージ

何をやろうとしても不安が襲ってくる、そういう方は比較的多いと思います。そういう気持ちがあることを隠して、気...

[ 自分を理解するために ]

自分を変えたい
イメージ

自分を変えたい、今度こそ変えたい、そんな気持ち、起きることありますよね。もっと人とうまく関わりたい、自分が...

[ 自分を理解するために ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ