プロフィール

澤根慎児プロの一番の強み

人を大切に、個人・企業とも現実的なゴールを提供します

寛容の精神を基本に、企業メンタルヘルスからご家族・個人の課題をシームレスに支援します。多くの臨床経験と企業での経験をもとに、より現実的なゴールを一緒に創っていきます。

1968年生まれ。山形県米沢市出身。

1989年 通信機器メーカーに入社、デジタル伝送装置向けの開発(電話やインターネットのインフラ)に従事。その後、米国への海外赴任、多様な文化、国のエンジニアと関わる。帰国後、無線装置の開発を経て幹部社員登用、新規ビジネス開発に携わる。

並行して、2003年より心理学の世界に関わり、企業や団体のメンタルヘルス対応、危機対応、現場のカウンセラーのフォローアップ・育成、その仕組みづくりを推進。

2010年には有志と任意団体「とちぎ県南こころの相談室」を設立し自治体などへの、より地域に密着した支援を開始する。

2016年に「ヒトらぼ」を設立し中小企業向け支援を開始。現在 ヒトらぼ代表、とちぎ県南こころの相談室副理事長。

  • 〈資格〉
  • 産業カウンセラー
  • キャリアコンサルタント
  • 認定電話相談員
  • メンタルヘルスマネジメントⅠ種
  • 交流分析士インストラクター
  •  
  • 〈加盟団体〉
  • 日本産業カウンセラー協会 会員
  • 日本産業衛生保健学会 会員
  • 日本交流分析協会 指導会員
  • International TA Association Member
  • クレメンティア とちぎ県南こころの相談室 副理事長
  • NPO法人 女性支援ネットワーク ゆあら
氏名 澤根慎児(さわねしんじ)
屋号 ヒトらぼ
事業内容 1.経営者向けカウンセリング、コーチング
2.ストレスチェックと分析支援
3.働く人々の支援(メンタルヘルス・キャリア)
4.個人・家族向けカウンセリング
取扱分野 カウンセリング
人材育成
家族支援
特徴 (企業向け)
経営者・従業員を対象に、20年以上の企業経験と多くの臨床経験を最大限に活用し、心理的サポートを行います。また新しい取り組み、人材育成など幅広く対応可能です。

(個人向け)
個人、ご家族ともカウンセリングの対応を行います。また、友人、グループなどを対象にした、リクエストベースのセッションにも対応します。
職種 カウンセラー
住所
埼玉県戸田市美女木
受付時間 9:00~18:00
定休日 不定休
ホームページ http://hitolab.biz/
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
ヒトらぼ、澤根慎児さんプロフィール画像

経営を支える従業員のメンタルヘルスから、個人の課題対応までトータル&柔軟に支援(1/3)

 「企業における従業員のメンタルヘルス対策は、正論だけでは現実的な解答が得られません。心理的なアプローチの他に組織の構造的な問題まで、深く関わる必要があると思っています」 と話すのは、「ヒトらぼ」代表の澤根慎児さんです。澤根さんは大手メ...

澤根慎児プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

人を大切に、個人・企業とも現実的なゴールを提供します

屋号 : ヒトらぼ
住所 : 埼玉県戸田市美女木 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

澤根慎児(さわねしんじ)

ヒトらぼ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
経験とアドバイス〜対人関係を考える
イメージ

経験というものは人が成長していく過程の中で大切な役割を果たします。自身に起きた様々な出来事と向き合い、時に...

[ 対人関係 トラブル 問題 考え方 ]

心の記憶、身体の記録
イメージ

心理の世界では、その人の思いや経験、がテーマになることが多くなります。それは、これまでの経験が今を作り上げ...

[ カウンセリング 心と身体 ]

時期〜私を考える
イメージ

その人にとって必要なタイミング、それは確かにあるように感じています。今まで全然わからなかったことが、あ...

[ 対人関係 自己理解 自分を知る ]

批判の立ち位置〜対人関係を考える
イメージ

インターネットが普及して、様々な立場の方が意見を表現し、様々な形の反応を受けています。TVよりもインターネッ...

[ 対人関係 トラブル 問題 考え方 ]

生きるガイドライン〜私を考える
イメージ

長い年月をかけて頑張ってきたときに、どうしても今までの考え方ではうまくいなかくなる時期に出会うことがありま...

[ 対人関係 自己理解 自分を知る ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ