コラム

 公開日: 2018-06-22 

比較をしない子供の存在の肯定を

皆さんは、誰かと比較されたことはありますか?
もしあるとすれば、それはどんなことでしたか。

子供は生まれてからたくさんのことを学び、少しずつ成長していきます。その過程の中で、自覚、認知ができるようになり、自分なりに見て、触って、感じて、生き方を見つけていきます。その際に、周囲の関わり方で、大きな影響を与えてしまうところがあります。それは、誰か、との比較になります。多くの場合、兄弟、姉妹間で比較されてしまうことが多いのですが、中にはいとこなどが比較の対象になってしまうこともあります。

周囲の大人たちは、決して悪気があるわけではないのですが、その何気なさの繰り返しが、当人の心の中に大きな影響を与えていくことになるケースが多いようです。そして、その影響は、実は、比較される双方にある、という事実も忘れてはいけません。

運動能力や成績など、比較されてしまう部分は様々です。これらで比較される場合には、どちらかがいつも否定されてしまう構造になります。その中で、それぞれの子供たちが、自分なりの生き方を模索していきます。

比較され、指摘されている側は、自分なりにできることを探して認めてもらおうとしますが、残念ながらその思いは届かず、比較したいポイントだけで常に評価されてしまいます。その結果は、自分に対するプラスの感情が持ちにくくなります。一方で、良い側に立つ存在も常に脅迫的な思いが付きまといます。今の状況を維持できなければ、自分が指摘される側、自分はダメな立場になるお手本が存在してしまうからです。

実は、比較、という行為は、双方に対して自分に対するプラスの思いを削り取る行為になる傾向があります。それは、条件付きの肯定のメッセージになっていることの影響も大きくなります。

子供のときは、存在に対する肯定があることが、安心や自尊心につながっていきます。それは、不幸にしてご両親が渡せなくとも、他の大人たちが渡してくれればそれなりの補完にはなります。しかし、残念ながら、親戚一同が同じような比較をして、子供を追い込んでいくようなことが多くあります。

人は、ひとりひとり、生き方も環境もことなります。だからこそ、存在に対しての肯定が大切で、機能的な面はまた別なのです。例えば、スポーツなど、向上心に繋がる比較、頑張る指向性のための比較は、あるでしょう。ただし、あくまでも客観的理解のために必要なのであって、自尊心を傷つけるためのものではありません。(実際には、それがやる気になる方もいますが。。。。。)

そうやって、比較された子供たちが、今は社会に出てきて、その後遺症に苦しんでいるケースが多くあります。比較した人に悪意がないからこそ、その問題は大きく残ってしまいます。


ひとりひとりの存在を大切にする、ひとくくりにしない、そんな感覚をもう一度取り戻すことも大切なのだと思います。

この記事を書いたプロ

ヒトらぼ [ホームページ]

心理カウンセラー 澤根慎児

埼玉県朝霞市 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
企業・団体向けコラム

今の時代、書籍やインターネットなどで簡単に情報を拾うことができます。従来はなかなかわからなかったうつ病や発達の特徴など、誰でもある程度の情報を知ることができ...

サービスメニュー

栃木県寄りのお客様栃木県足利市にあります、とちぎ県南こころの相談室を利用した相談を始めます。車での移動が中心の方、複数の面接を受けたい方、以下のいずれ...

 
このプロの紹介記事
ヒトらぼ、澤根慎児さんプロフィール画像

経営を支える従業員のメンタルヘルスから、個人の課題対応までトータル&柔軟に支援(1/3)

 「企業における従業員のメンタルヘルス対策は、正論だけでは現実的な解答が得られません。心理的なアプローチの他に組織の構造的な問題まで、深く関わる必要があると思っています」 と話すのは、「ヒトらぼ」代表の澤根慎児さんです。澤根さんは大手メ...

澤根慎児プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

人を大切に、個人・企業とも現実的なゴールを提供します

屋号 : ヒトらぼ
住所 : 埼玉県朝霞市 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

澤根慎児(さわねしんじ)

ヒトらぼ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
寄り添う、そこにいる、共有する
イメージ

人を支援するという立場のカウンセラーであっても、教育を受けている以上、いい意味でも悪い意味でも、指導者のバ...

[ カウンセリングの実際 ]

キレる人との関係性~対人関係を考える
イメージ

人の感情というのはなかなか難しいもので、特に、瞬間的に湧き出てくるものもあります。特に、怒り、として表出...

[ 難しい人と思ってしまうとき ]

タイミングってなんだろう
イメージ

その人にとって必要なタイミング、それは確かにあるように感じています。今まで全然わからなかったことが、あ...

[ 自分を理解するために ]

衰えを感じる、手放す、取り戻す
イメージ

人は否が応でも年を重ねることになりますが、その経過とともに様々な心身の変化に気づきます。その気づきは時に受...

[ 自分を理解するために ]

自分を捨てて誰かを取り込む、その影響
イメージ

自分の大切にしていること、大切だと思っていたこと、思いもよらず通用しなくなることがあります。それがきっかけ...

[ 対人関係から見えること ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ