コラム

 公開日: 2018-03-20  最終更新日: 2018-03-27

キレる人との関係性~対人関係を考える

人の感情というのはなかなか難しいもので、特に、瞬間的に湧き出てくるものもあります。
特に、怒り、として表出されるものは、周囲の人にとって扱いにくいもののひとつです。

「切れる」と表現されるような突発的な怒りの表現、身近な方にもいらっしゃるかもしれませんね。普段からイライラして怒りを出している人ではなく、普段はいい人なのに、温厚なのに、というケースも多いようです。

しかもその表出が瞬間的なので、それを受ける側としたら、不意打ちのようなもので、場合によってはいつもビクビク警戒しなくてはいけないことになります。このような状況はとても居心地が悪いものです。このような関係は身近な関係の場合に起きることが多いように感じます。夫婦、カップル、親子あるいは、それに類する関係になるでしょうか。

「切れる」その瞬間は、本人にとってもなかなか制御し難いようです。
一方で、その結末は、お互いが嫌な気持ちになって終わる、さらに何の結論も出なかった、ということになります。つまり、現状維持が多いのではないでしょうか。それは、怒りを表出する側の望む結果になることが多いようです。少ないケースでは、怒りを向けられた側の望む結果になることです。これは、怒りを出した側も、受け入れざるを得ないほどの状況ということです。

この「切れる」という行為、コントロールの視点から考えることもできます。

自分の思い通り、期待通り、あるいは問題を起こさないように選んだ行動であったはずなのに、予想外の出来事が起きる。それは、考えた結果の想定外、避けたはずの結果、であるために、不意打ちをくらったような衝撃となり、「切れる」という形で相手に対して不意打ちをすることになります。そうやって、なんとか結果をもとに戻そうとする狙いがあることが多いようです。意識しているわけではない場合が多いようですが、そうすることが非常時の対応として ”うまくいく” という学習の結果、とも言うこともできそうです。また、受ける側が「切れる」きっかけを無意識に作ることがあります。これも、怒られようがどうであろうが、得たい結果を得るための学習した結果であることが多いようです。

どちらの立場でも不意打ちに対して冷静にいることは難しいものです。
それでもお互いに不快になるような結果を引き起こしてしまうのも嫌なものです。

そのためには、簡単ではありませんが、「切れる」側には、この人の前では安心なんだという気持ちを持つ関係になることができるか、受ける側には、この人が切れたものにある不安やそれを回避する努力はどこにあったのか、を理解して認めること、そのあたりがキーポイントになりそうです。あるいは、「切れる」側は、怒らせことで何を本当は得たいのか、受ける側は、そうまでして手に入れたい結果が得られなければ何が起きるのかという不安、そのあたりも大切なところになります。

素直に求めるもの、あるいは手に入れられないかもしれない不安、そんな気持ちが話すことができるような、いい関係になるために何ができるか、考える機会も大切だと思います。


この記事を書いたプロ

ヒトらぼ [ホームページ]

心理カウンセラー 澤根慎児

埼玉県朝霞市 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
企業・団体向けコラム

上司と部下、その関係正を見ても、組織の中にはいくつかの関係があります。 課長と一般職、課長と部長、部長と役員など、組織の中では、それぞれの立場で、部下でも上...

 
このプロの紹介記事
ヒトらぼ、澤根慎児さんプロフィール画像

経営を支える従業員のメンタルヘルスから、個人の課題対応までトータル&柔軟に支援(1/3)

 「企業における従業員のメンタルヘルス対策は、正論だけでは現実的な解答が得られません。心理的なアプローチの他に組織の構造的な問題まで、深く関わる必要があると思っています」 と話すのは、「ヒトらぼ」代表の澤根慎児さんです。澤根さんは大手メ...

澤根慎児プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

人を大切に、個人・企業とも現実的なゴールを提供します

屋号 : ヒトらぼ
住所 : 埼玉県朝霞市 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

澤根慎児(さわねしんじ)

ヒトらぼ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
タイミングってなんだろう
イメージ

その人にとって必要なタイミング、それは確かにあるように感じています。今まで全然わからなかったことが、あ...

[ 自分を理解するために ]

専門家が傷つける被害者、専門知識に足りていないもの
イメージ

私自身専門家として意識していることでもあり、ちゃんと出来ているのだろうか、と自問するテーマでもあり、面接の...

[ 犯罪被害、支援、専門知識 ]

不安でしょうがない~勇気と不安とはじめの一歩
イメージ

何をやろうとしても不安が襲ってくる、そういう方は比較的多いと思います。そういう気持ちがあることを隠して、気...

[ 自分を理解するために ]

自分を変えたい
イメージ

自分を変えたい、今度こそ変えたい、そんな気持ち、起きることありますよね。もっと人とうまく関わりたい、自分が...

[ 自分を理解するために ]

頼れない、頼らない心
イメージ

振り返ってみると、自分はこんな生き方をしてきたんだな、と改めて感じること、面接の場ではよく起こることです。...

[ 自分を理解するために ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ