コラム

 公開日: 2018-02-07  最終更新日: 2018-03-27

悩むことと考えること

考えること、悩むこと、同じようで違うこと。

ネットで検索してみてもその答えはすぐに出てきます。ただ、実際に自分の中で落とし込むような答えにたどり着こうとすると意外に難しいものです。

考えるということが苦手な方もいらっしゃいます。学びの世界では考える訓練などもあると思いますが、その考えるという行為ができなくなってしまうプロセスが大切なこともあると感じます。

乱暴な分類をしてしまうと、私の中の現時点での表現では

考える「求める結果にたどり着くために選択肢を並べようとしている状態」
悩む「求める結果を掴めないでいる状態、選択ができない状態」

のように捉えています。

悩む、という状態は経験されている方もいらっしゃるでしょうし、今現在、進行形の方もいらっしゃるかもしれません。この状態のときは、自分自身では考えているような気持になっているではないかと思います。

この悩んでいる状態、「まっ、いいか」とスイッチを切り替えることができればいいのですが、切り替えられないと苦しくなり、答えの出ない世界の中に浸ってしまうことになります。もしも、焦らされる環境、追い込まれる環境であれば、その苦しさから気が滅入ってしまうことにもなりかねません。

しかし、この悩むという行為自体が、その人の内面を広げてくれることもありますし、考えるという行為が、論理性を強化することもあります。

カウンセリングの現場では、悩む、を考える、へバランスを意識しながら近づけていくことが必要な場面もあります。そんなときは、考える、ことにブレーキをかけている要因に気づくことが大切な場合も少なくありません。

悩むこと、考えること、みなさんはどちらが多いと思いますか?

この記事を書いたプロ

ヒトらぼ [ホームページ]

心理カウンセラー 澤根慎児

埼玉県朝霞市 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
企業・団体向けコラム

上司と部下、その関係正を見ても、組織の中にはいくつかの関係があります。 課長と一般職、課長と部長、部長と役員など、組織の中では、それぞれの立場で、部下でも上...

 
このプロの紹介記事
ヒトらぼ、澤根慎児さんプロフィール画像

経営を支える従業員のメンタルヘルスから、個人の課題対応までトータル&柔軟に支援(1/3)

 「企業における従業員のメンタルヘルス対策は、正論だけでは現実的な解答が得られません。心理的なアプローチの他に組織の構造的な問題まで、深く関わる必要があると思っています」 と話すのは、「ヒトらぼ」代表の澤根慎児さんです。澤根さんは大手メ...

澤根慎児プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

人を大切に、個人・企業とも現実的なゴールを提供します

屋号 : ヒトらぼ
住所 : 埼玉県朝霞市 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

澤根慎児(さわねしんじ)

ヒトらぼ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
キレる人との関係性~対人関係を考える
イメージ

人の感情というのはなかなか難しいもので、特に、瞬間的に湧き出てくるものもあります。特に、怒り、として表出...

[ 難しい人と思ってしまうとき ]

タイミングってなんだろう
イメージ

その人にとって必要なタイミング、それは確かにあるように感じています。今まで全然わからなかったことが、あ...

[ 自分を理解するために ]

専門家が傷つける被害者、専門知識に足りていないもの
イメージ

私自身専門家として意識していることでもあり、ちゃんと出来ているのだろうか、と自問するテーマでもあり、面接の...

[ 犯罪被害、支援、専門知識 ]

不安でしょうがない~勇気と不安とはじめの一歩
イメージ

何をやろうとしても不安が襲ってくる、そういう方は比較的多いと思います。そういう気持ちがあることを隠して、気...

[ 自分を理解するために ]

自分を変えたい
イメージ

自分を変えたい、今度こそ変えたい、そんな気持ち、起きることありますよね。もっと人とうまく関わりたい、自分が...

[ 自分を理解するために ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ