コラム

 公開日: 2017-07-10  最終更新日: 2018-03-27

生きるためのガイドライン

長い年月をかけて頑張ってきたときに、どうしても今までの考え方ではうまくいなかくなる時期に出会うことがあります。そんなとき、心の中で、自分のやり方でなんとかやってきた自負がありながらも、本当はもっといいやり方があったのでは、他の人とはどこか違う、そんな気持ちを持つこともあるでしょう。

これまでのやり方は、もしかすると自分を犠牲にして人のために、を大切にすることかもしれません。あるいは、どんな状況であっても結果ではなく、最善の努力を積み重ねることかもしれません。その他にも、その人なりの、大切な振る舞いの基盤とも言える信念があります。

これは、明確に自覚している方も、当たり前すぎて考えたこともない方もいらっしゃいます。何の場合出会っても、その方にとって、とても大切な生きるためのガイドラインのようなものであったと言えるでしょう。

そんなガイドラインも、何かの壁にぶつかり、今までのやり方では立ち行かなくなることがあります。その壁は、その人にとって、何かしら大切な時期に現れるように感じます。

そんなとき、面接の場面では、これまでのガイドラインが必要だった意味、そのガイドラインをもとに、精一杯生きてきたことを確認しながら、それを帰るのではなく、新たな選択肢を持つことをお勧めする、そのための変化を促すことが多くあります。それが、人生の積み重ねのように思います。

あなたの生きるガイドラインは、どんなもので、いつ手にしましたか?

この記事を書いたプロ

ヒトらぼ [ホームページ]

心理カウンセラー 澤根慎児

埼玉県朝霞市 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
企業・団体向けコラム

今の時代、書籍やインターネットなどで簡単に情報を拾うことができます。従来はなかなかわからなかったうつ病や発達の特徴など、誰でもある程度の情報を知ることができ...

サービスメニュー

栃木県寄りのお客様栃木県足利市にあります、とちぎ県南こころの相談室を利用した相談を始めます。車での移動が中心の方、複数の面接を受けたい方、以下のいずれ...

 
このプロの紹介記事
ヒトらぼ、澤根慎児さんプロフィール画像

経営を支える従業員のメンタルヘルスから、個人の課題対応までトータル&柔軟に支援(1/3)

 「企業における従業員のメンタルヘルス対策は、正論だけでは現実的な解答が得られません。心理的なアプローチの他に組織の構造的な問題まで、深く関わる必要があると思っています」 と話すのは、「ヒトらぼ」代表の澤根慎児さんです。澤根さんは大手メ...

澤根慎児プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

人を大切に、個人・企業とも現実的なゴールを提供します

屋号 : ヒトらぼ
住所 : 埼玉県朝霞市 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

澤根慎児(さわねしんじ)

ヒトらぼ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
寄り添う、そこにいる、共有する
イメージ

人を支援するという立場のカウンセラーであっても、教育を受けている以上、いい意味でも悪い意味でも、指導者のバ...

[ カウンセリングの実際 ]

キレる人との関係性~対人関係を考える
イメージ

人の感情というのはなかなか難しいもので、特に、瞬間的に湧き出てくるものもあります。特に、怒り、として表出...

[ 難しい人と思ってしまうとき ]

タイミングってなんだろう
イメージ

その人にとって必要なタイミング、それは確かにあるように感じています。今まで全然わからなかったことが、あ...

[ 自分を理解するために ]

衰えを感じる、手放す、取り戻す
イメージ

人は否が応でも年を重ねることになりますが、その経過とともに様々な心身の変化に気づきます。その気づきは時に受...

[ 自分を理解するために ]

自分を捨てて誰かを取り込む、その影響
イメージ

自分の大切にしていること、大切だと思っていたこと、思いもよらず通用しなくなることがあります。それがきっかけ...

[ 対人関係から見えること ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ