コラム

 公開日: 2017-04-19 

ひきこもり~家族を考える

ひきこもり、この言葉が適切かは判断できませんが、そう呼ばれる人たちが確かにいます。多くの場合、あるタイミングで全ての行動が止まってしまうかのように、自分の空間だけで過ごさざるを得なくなります。

最近、様々な相談の場で感じることは、お子様がひきこもりなんだ、とポロッと話される方が以前より増えたことです。違う主題があってご相談されているわけですが、何気なくそんな言葉が出てくることがあります。時代なのか社会なのか、そういった影響が大きいのかもしれませんが、少なくとも社会の中にうまく入り込めないでいる人がいる、苦しんでいる人がいる、なんとか支えようともがいている人がいる、という現実が横たわっています。

ひきこもりに対して行動を起こすのは多くの場合は支援者です。支援者には、なんとかしたい気持ちや、思い通りにことが進まない怒り、何もできない無力感など、が蔓延してしまう思いもあるといえるでしょう。

そんなとき、私がよく意識するのは、ひきこもりと言われる人たちの、本当の言いたいこと、彼らにとっての正論はなんなんだろう、ということです。そしてそれを口にしなくなった理由はなんなんだろう、ということに注目します。もちろん、表現できること、できない漠然としたこと、様々です。それでもそこに着目します。

引きこもりから抜け出した後、彼らは自分の力で歩かなくてはならないからです。何かしてあげるのではなく、意志を持てるような環境を提供する、そう考えると、彼らがどこに進むにしても現在地がわからなくては、踏み出しようがありません。だからこそ、彼らの本当の思いを知ること、その片鱗でもつかむこと、それが我々の最初の一歩だと考えています。そしてどんな問題であっても必要なことだと考えています。

まずは現在地を知ること、できていますか?

この記事を書いたプロ

ヒトらぼ [ホームページ]

心理カウンセラー 澤根慎児

埼玉県戸田市美女木 [地図]
TEL:048-437-9141

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
ヒトらぼ、澤根慎児さんプロフィール画像

経営を支える従業員のメンタルヘルスから、個人の課題対応までトータル&柔軟に支援(1/3)

 「企業における従業員のメンタルヘルス対策は、正論だけでは現実的な解答が得られません。心理的なアプローチの他に組織の構造的な問題まで、深く関わる必要があると思っています」 と話すのは、「ヒトらぼ」代表の澤根慎児さんです。澤根さんは大手メ...

澤根慎児プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

人を大切に、個人・企業とも現実的なゴールを提供します

屋号 : ヒトらぼ
住所 : 埼玉県戸田市美女木 [地図]
TEL : 048-437-9141

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-437-9141

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

澤根慎児(さわねしんじ)

ヒトらぼ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
アクシデント〜家族を考える

人生の中で、或る日突然・・・ということがあります。自分でもなんとなく気になっていた、なかなか検査できな...

[ 対人関係 家族 ]

「春〜役割の変化」対人関係を考える

春になり、四月も中旬になります。この季節になると、入学、進学、進級、入社、昇格、異動など様々な形で役割...

[ 対人関係 上下関係 ]

「何で・・・・?」対人関係を考える

何で指示したことができないんだろうか?何で毎回毎回同じをこと・・・・経営者や管理職、指示・管理する側...

[ 対人関係 ]

「誰の問題?」対人関係を考える

人との関係の中で気持ちが滅入ってしまったり、嫌な気持ちになることがあります。場合によってはその気持ちが...

[ 対人関係 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ