コラム

 公開日: 2016-04-24  最終更新日: 2017-09-21

エンディングノートに記すこと(資産編)

皆様、こんにちは。
今日から、エンディングノートに書き留めていく具体的な内容についてご紹介していきます。

一番気になるお金のこと


私たちが生きていく上で、どうしても重大な関心事になるお金のこと。もし、自分がこの世を旅立つことになれば、ご遺族の方に資産が残されることになります。
資産、お金と言うと、どうしても現金を想定してしまいますが、書き留めておかないといけないことは、現金のみに留まりません。
預金口座とおおよその金額、加入している保険会社と保険内容、株などの有価証券(どこの証券会社と取引しているかも)、個人又は法人への貸し付け金(及び返済期限)などなど。非常に多岐に渡りますので、漏らさず全て書き留めておくことが大事です。
また、前回も書きましたが、預金額などは時間と共に変動していきますので、定期的に更新をしていって下さい。

忘れがちな不動産


お持ちになっている土地や建物も大事な資産です。不動産というと、現在お住まいの住居が真っ先に浮かびますが、それ以外にも忘れている土地や建物がないか、しっかりと確認して書き留めておきましょう。特に、親御さんから相続した、使われていない土地などは忘れがちなので注意が必要です。

忘れちゃいkない借金


あまり嬉しい話ではありませんが、借金も又、資産です。もし、借金があるのであれば、貸し主と返済金額、返済期間を書き留めておきましょう。また、住宅や自家用車のローンも同様です。残っていくものは書き留めておきましょう。

次回は人間関係のことについて書いていきます。

☆今まで綴ったコラムをまとめてあります。併せてお読み下さい。

ジャンルごとコラムまとめ

お墓についてのご相談、お問い合わせは、

公式サイト http://futakamiya.co.jp
メール info@futakamiya.co.jp
フリーダイヤル 0120(333)

まで

この記事を書いたプロ

株式会社二上家 [ホームページ]

葬儀 二上昌弘

埼玉県所沢市北原町936-5 [地図]
TEL:0120-333-888

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
株式会社二上家の二上昌弘さん

「供養のお手伝い」をモットーに創業80年。お墓づくりの専門家(1/3)

 「子ども世代に迷惑をかけないように、生前にお墓をつくられる方が増えています。当社のお客様の半数以上が、ご自身の将来のためにお墓をつくる方です。ご自分で墓地を購入し、気に入ったデザインで墓石を建てておけば、ご安心いただけると思います」と、語...

二上昌弘プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

品質が高く、想いを形にするデザインに優れたお墓づくり

会社名 : 株式会社二上家
住所 : 埼玉県所沢市北原町936-5 [地図]
TEL : 0120-333-888

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-333-888

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

二上昌弘(ふたかみあつひろ)

株式会社二上家

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
ジャンル毎コラムまとめ

今まで書いてきたコラムを、ジャンル毎にまとめたページを一覧にいたしました。下記のリンクからご参照下さい。...

[ お知らせ ]

お墓が傾いてしまったらどうする?

皆様、こんにちは。お墓の保証について、前回の続きとなります。 石材店による保証 もし、建ててから1...

[ 墓石のこと ]

お墓の保証ってどうなってるの?

皆様、こんにちは。先日、お客様から「実家の方でお墓を建てた時、建てて2ヶ月で墓石が傾いてしまった。」とい...

[ 墓石のこと ]

公式サイトリニューアル

皆様、こんにちは。かねてから準備しておりました、弊社二上家公式サイトを完全リニューアルいたしました。...

[ 二上家のこと ]

終活に関するアンケート結果

皆様、こんにちは。本日の日本経済新聞に、60歳以上の方を対象とした終活に関する読者アンケートの結果が掲載...

[ 終活のこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ