コラム

 公開日: 2016-03-16 

墓石への彫刻

皆様、こんにちは。
今回は墓石に彫る彫刻について、書いていきたいと思います。

何を彫刻するか


墓石というものは、亡くなった方への祈りを捧げる礼拝の対象物であると同時に、記憶や記録を止めておくためのものでもあります。墓石を建てる際には、文字や絵を彫刻していくことになります。

まずは墓石の正面に彫る文字。基本的には、そのお墓を使っている家名を彫ります。最近では、娘さんの嫁ぎ先の家と一緒に使う「両家墓」が増えてきた事もあり、あえて正面には家名を彫らず、好きな言葉や絵を彫る方も増えてきました。

側面にはこの墓石を建てたお施主様のお名前、そして建てた年月日を彫刻します。右側面に彫るか、左側面に彫るかはおっ施主様が任意で決めていただいても問題ありませんが、基本的には、お墓参りの際にお墓まで歩いてくる通路の方向に彫刻することが多いです。

墓石の裏面には、このお墓に埋葬されている方の御戒名(宗教、宗派によって異なります)、御俗名、亡くなられた年月日、亡くなられた年齢を彫ります。これらの情報は、墓誌を設置する際にはそちらに彫刻します。また、墓地の小型化により、裏面に彫ると見えなくなってしまう場合は、外柵の蓋石などに彫刻することもあります。

花立にはそのお墓を使っている家の象徴である、家紋を彫るのが一般的です。近年では、家紋の代わりにお花の絵を彫刻されるお施主様もいらっしゃいます。家紋については、お墓参りをされる親戚の方も気にされますので、家紋を彫るかどうかは、よくご家族でご相談下さい。

次回は彫刻の書体について書いていきます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お墓についてのご相談、お問い合わせは、株式会社二上家まで
http://ww.futakamiya.co.jp
info@futakamiya.co.jp
フリーコール 0120(333)888

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この記事を書いたプロ

株式会社二上家 [ホームページ]

葬儀 二上昌弘

埼玉県所沢市北原町936-5 [地図]
TEL:0120-333-888

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
株式会社二上家の二上昌弘さん

「供養のお手伝い」をモットーに創業80年。お墓づくりの専門家(1/3)

 「子ども世代に迷惑をかけないように、生前にお墓をつくられる方が増えています。当社のお客様の半数以上が、ご自身の将来のためにお墓をつくる方です。ご自分で墓地を購入し、気に入ったデザインで墓石を建てておけば、ご安心いただけると思います」と、語...

二上昌弘プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

品質が高く、想いを形にするデザインに優れたお墓づくり

会社名 : 株式会社二上家
住所 : 埼玉県所沢市北原町936-5 [地図]
TEL : 0120-333-888

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-333-888

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

二上昌弘(ふたかみあつひろ)

株式会社二上家

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
ジャンル毎コラムまとめ

今まで書いてきたコラムを、ジャンル毎にまとめたページを一覧にいたしました。下記のリンクからご参照下さい。...

[ お知らせ ]

四十九日とお盆

皆様、こんにちは。久しぶりの更新となってしまいました。今回は、お客様から非常に難しい、そして興味深い質問...

[ 宗教のこと ]

「生前」という言葉の持つ意味

皆様、こんにちは。今回は、私が終活セミナーなどでお話しさせていただいている、ちょっとした知識について書い...

[ 日本人の死生観 ]

人は死んだら「ゼロ」なのか

皆様、こんにちは。少し間が空いてしまいましたが、前回のコラムに引き続き、「ゼロ葬」というものについて、私...

[ お墓に関する社会のこと ]

「ゼロ葬」は本当に増えているのか?

久しぶりのコラム更新になります。昨年ですが、NHKのクローズアップ現代という番組で「あなたの遺骨はどこへ ...

[ お墓に関する社会のこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ