コラム

 公開日: 2016-01-18 

お布施は何故「お気持ち」なのか?

皆様、こんにちは。今回はお布施のことを書いて行きたいと思います。

法要などをしていただいた僧侶の方にお布施(お金)を渡す。今では当たり前のように行われる行為ですが、お布施という物が本来の意味から離れてしまっている部分も有り、僧侶の方と一般消費者の方に認識の差が生まれてしまっているような気がします。

では、お布施とは何なのか。元々、出家した僧侶という人たちは、自身でお金を稼ぐようなことはせず、お寺を支える仏教徒の方々からの寄付で生活を成り立たせていました。寄付をする方々は僧侶に対して、一所懸命修行をして、立派な僧侶になって欲しい、そして自分たちを導き、救って欲しいという願いをもっていたのです。そして、この寄付行為こそが、本来の「お布施」なわけです。お経を読んでもらうための対価ではなかったんですね。ですから、お布施の額を尋ねられても、僧侶の方は寄付ををいただく身ですから「〇〇円で」などとは言わずに、「お気持ちで」と答えるしかないわけです。

時代が移り変わり、供養や法要に対する価値観も変わりました。そんな中でお布施本来の意味がきちんと伝わっていないため、「気持ちなどという曖昧なことを言われても困る」「サービスの対価なんだから金額はハッキリして欲しい」という消費者の側の要望が出てくるというのも、ある意味仕方の無いことではあります。概念の違いという物は、どちらが良い、悪いと簡単に片付けられる事ではありません。

では、これからの時代、どうしていけば良いのか、何を伝えるべきなのか。私がそのようなことを言うのもおこがましいですが、次回はその辺りを考えたいと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お墓についてのご相談、お問い合わせは、株式会社二上家まで
http://ww.futakamiya.co.jp
info@futakamiya.co.jp
フリーコール 0120(333)888

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この記事を書いたプロ

株式会社二上家 [ホームページ]

葬儀 二上昌弘

埼玉県所沢市北原町936-5 [地図]
TEL:0120-333-888

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
株式会社二上家の二上昌弘さん

「供養のお手伝い」をモットーに創業80年。お墓づくりの専門家(1/3)

 「子ども世代に迷惑をかけないように、生前にお墓をつくられる方が増えています。当社のお客様の半数以上が、ご自身の将来のためにお墓をつくる方です。ご自分で墓地を購入し、気に入ったデザインで墓石を建てておけば、ご安心いただけると思います」と、語...

二上昌弘プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

品質が高く、想いを形にするデザインに優れたお墓づくり

会社名 : 株式会社二上家
住所 : 埼玉県所沢市北原町936-5 [地図]
TEL : 0120-333-888

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-333-888

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

二上昌弘(ふたかみあつひろ)

株式会社二上家

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
コラムまとめ(「墓地のこと」編)

皆様、こんにちは。投稿してきたコラムが、200本近くになりました。皆様が情報を探しやすくなるように、テー...

[ 墓地のこと ]

コラムまとめ(「墓石のこと」編)

「墓地のこと」編に続いて、「墓石のこと」編のまとめです。墓石はなぜ石で作られるのか、その理由みかげ石...

[ 墓石のこと ]

コラムまとめ(「終活のこと」編)

皆様、こんにちは。「墓地のこと」「墓石のこと」に続き、「終活のこと」について書いたコラムをまとめます。...

[ 終活のこと ]

コラムまとめ(「宗教のこと」編)

皆様、こんにちは。今回は「宗教のこと」について書いたコラムをまとめていきます。コラムを読まれる方に関...

[ 宗教のこと ]

新しい試み

皆様、こんにちは。本日は、新しい試みとして「終活セミナー&霊園見学会」を行いました。今までの終活セミ...

[ 二上家のこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ