コラム

 公開日: 2013-09-02  最終更新日: 2016-06-09

角地のお墓は何故人気?

霊園に見学にいらっしゃる方の中に、「角地は空いていませんか?」と質問されるお客様がいらっしゃいます。実際の所、新規霊園の販売や今まで売り止めされていた区画を売り始めた時、真っ先に売れるのは角地の区画です。

なぜ、角地がそこまで好まれるのでしょうか?一つは場所が分かりやすいので、お墓参りの際に迷わずに済むということ。もう一つの理由は角地は隣に区画が無いので、お墓を広く使えるということです。場所の分かりやすさについてはその通りなのですが、広く使えるという話は、実はあまり気になさらなくても良いポイントなのです。

お墓参りをされる方の多くは、年に3~4回、お参りされます。逆に言うと、年に3~4回「しか」お参りされません。つまり、お参りのお客様同士が墓地で接する機会はごく限られているのです。私はこの仕事に20年近く携わっていますが、隣同士のお墓を使用されている方が全く同時にお参りに来ているという光景を見たことはありません。それほど珍しいケースのことを心配して、角地を選ばなくても大丈夫なのです。
また、角地は通路に面しているが故に、多くの方が区画の脇を通ります。中にはそれが落ち着かない、という方もいます。

霊園内で角地になるのは1列につきたった2区画。その角地にこだわりすぎるが故に、良い条件の霊園を買いそびれてしまったというケースも見受けられます。霊園はそう簡単に作られませんから、同条件の霊園が新たに作られる可能性はかなり低いです。こだわりを持つことは悪いことではありませんが、こだわりすぎてタイミングを逃してしまうことのないよう、注意したいですね。

☆今まで綴ったコラムをまとめてあります。併せてお読み下さい。

ジャンルごとコラムまとめ

お墓についてのご相談、お問い合わせは、

公式サイト http://futakamiya.co.jp
メール info@futakamiya.co.jp
フリーダイヤル 0120(333)

まで

この記事を書いたプロ

株式会社二上家 [ホームページ]

葬儀 二上昌弘

埼玉県所沢市北原町936-5 [地図]
TEL:0120-333-888

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
株式会社二上家の二上昌弘さん

「供養のお手伝い」をモットーに創業80年。お墓づくりの専門家(1/3)

 「子ども世代に迷惑をかけないように、生前にお墓をつくられる方が増えています。当社のお客様の半数以上が、ご自身の将来のためにお墓をつくる方です。ご自分で墓地を購入し、気に入ったデザインで墓石を建てておけば、ご安心いただけると思います」と、語...

二上昌弘プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

品質が高く、想いを形にするデザインに優れたお墓づくり

会社名 : 株式会社二上家
住所 : 埼玉県所沢市北原町936-5 [地図]
TEL : 0120-333-888

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-333-888

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

二上昌弘(ふたかみあつひろ)

株式会社二上家

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
ジャンル毎コラムまとめ

今まで書いてきたコラムを、ジャンル毎にまとめたページを一覧にいたしました。下記のリンクからご参照下さい。...

[ お知らせ ]

お墓が傾いてしまったらどうする?

皆様、こんにちは。お墓の保証について、前回の続きとなります。 石材店による保証 もし、建ててから1...

[ 墓石のこと ]

お墓の保証ってどうなってるの?

皆様、こんにちは。先日、お客様から「実家の方でお墓を建てた時、建てて2ヶ月で墓石が傾いてしまった。」とい...

[ 墓石のこと ]

公式サイトリニューアル

皆様、こんにちは。かねてから準備しておりました、弊社二上家公式サイトを完全リニューアルいたしました。...

[ 二上家のこと ]

終活に関するアンケート結果

皆様、こんにちは。本日の日本経済新聞に、60歳以上の方を対象とした終活に関する読者アンケートの結果が掲載...

[ 終活のこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ